明治安田生命J1リーグ 第2節
鹿島アントラーズ 1-0 ガンバ大阪
(得点)
78分 [鹿島]金崎夢生

myboard

 終始、試合の流れを握っていたのは鹿島の方だった。たしかに、ボール支配率ではG大阪に劣り、特に前半はどっちつかずの展開だったかもしれない。それでも、鹿島は余裕を持って、自分たちの手中で試合を進められていた。

 その大きな要因となったのはG大阪のビルドアップを制限できたことにあるだろう。そこで絶大な存在感を発揮していたのは、今節スタメンに入った小笠原の存在だ。小笠原はこの試合、普段のボランチよりも高い位置を取り、CBの前のスペースの穴埋めを三竿健に任せて、自分はフリーマン的な存在となっていた。その小笠原はG大阪が最終ラインでボールを持つと、ボランチの片方をケア。CB、あるいはCB+ボランチ1枚からの中央への縦パスを封じることで、相手をサイドへと追い出していた。また、この日の鹿島は個々の守備の役割がしっかりと整理されており、各々がその役割を確実にこなすことで、組織としての守備を機能させていた。各々の頑張りはもちろんだが、ここにも小笠原起用の意味があったのかもしれない。こうしたことで、G大阪の攻撃は倉田とファン・ウィジョを使ったサイドからのカウンターに限られ、シュートを打たれても誰かが必ず寄せており、フリーでシュートを打たれる場面はほとんどなかった。

 後半になると、鹿島が完全に押し込んでいく。G大阪のSBが高い位置取りなため、その空いたスペースにFWが走り込んでCBをサイドに誘い出し、そこからチャンスを作り出していった。しかし、東口の再三の好守もあって中々ゴールに結びつかない。すると、G大阪の中村にポスト直撃のシュートを打たれ、そこからG大阪に流れが傾きかけてしまう。シュートを打った中村のプレーは鹿島のSH、ボランチ、SB、CBの四角形のちょうど中間点でボールを引き出すことで、鹿島のDFに誰が奪いに行くのか、という迷いを生じさせることで、フリーでボールを受けそこからCBを引きずり出すことで、自らのシュートチャンスを作り出した素晴らしいプレーだった。

 それでもカウンターから再び流れを取り戻した鹿島に、ついにその瞬間が訪れる。78分、右サイドからのスローインを受けた鈴木が見事なターンでファビオを置き去りにすると、そのクロスにニアに飛び込んだ金崎がゴールネットを揺らし、鹿島が先制に成功する。この試合、もう一つ大きかったのは三浦とファビオというG大阪のCB陣に対して、鹿島の金崎、鈴木、そしてペドロ・ジュニオールが多くの場面で質的優位を作れていたことにあった。ここで押し込めることによって、ボールを奪われる位置が鹿島のゴールから遠ざかり、それが継続した攻撃にも繋げられていたのだ。

 その後は、ある程度ブロックラインを下げながらもしっかりと守り切ってタイムアップ。鹿島が今季リーグ戦初勝利を挙げた。ケガ人が増えてしまったこと、決定機に見合わない得点数など気がかりな部分はあるが、90分通して自分たちのペースで試合を進められたことは大きな収穫と呼べる試合だった。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">