G大阪戦でリーグ戦今季初勝利を挙げた鹿島。この勢いを継続したい今節は、そのG大阪戦から中3日でオーストラリアに乗り込み、シドニーFCと対戦する。

 シドニーFCは16-17シーズンのオーストラリア王者として今大会に参加、現在行われてる17-18シーズンでも2位に勝点差8をつけて首位を独走している。ただ、ACLではここまで1分1敗でグループ最下位、土曜日に行われたリーグ戦でも70分以上の時間を10人で戦った相手に1-2で敗れるなど、ここ公式戦5試合は2勝1分2敗と決して絶好調な訳ではないのが現状だ。

 シドニーFCの最大の武器はやはり高さだ。ハイライト動画を見る限り、チームの得点の7割はサイドからのクロスとセットプレーから生まれている。恵まれたフィジカルを武器に押し込んでくる攻撃は単調ではあるものの、相手にとって十二分に脅威となっている。また、個々の力ではテクニックを持つ2人に警戒したい。1人はドリブルと強烈な左足を武器とする11番のボボー、もう1人はかつて清水でもプレーした14番のアレックス・ブロスケ、彼らは個の力で打開できる力を持っているだけに、ここを抑えなければ鹿島に勝機はやって来ないだろう。

 守備にもフィジカルの強い選手が並ぶシドニーFCだが、その反面弱点もある。それは、寄せの甘さだ。シドニーFCの失点を見る限り、ボールホルダーに寄せきれないままズルズルと下がって、そこを相手にいいように使われて失点しているケースが多い。これはフィジカルでは劣るであろう鹿島にとっても、狙いどころにしたいポイントだ。寄せの甘さを逆手に取ったミドルシュートも積極的に活用していきたい。

 ここに来てケガ人が増えてきたうえに、連戦でメンバーのやりくりも含めて厳しい戦いが続くが、それに耐えうるだけの選手層は抱えているはずだ。全員の力で結果を手にして帰りたい。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ グループH 第3節
シドニーFCシドニーFC
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
3月7日(水) 17:30キックオフ
※日本時間
シドニー・フットボール・スタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(日テレNEWS24) 放送予定(17:15~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
24伊東幸敏

39犬飼智也
5植田直通
16山本脩斗

MF

6永木亮太
20三竿健斗
32安西幸輝
13中村充孝
FW

8土居聖真
9鈴木優磨

SUB
GK21曽ヶ端準
DF23小田逸稀
DF28町田浩樹
MF4レオ・シルバ
MF26久保田和音
FW14金森健志
FW19山口一真
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF西大伍(右膝内側側副靭帯断裂で欠場濃厚)
MFレアンドロ(左膝蓋靱帯損傷で欠場濃厚)
MF遠藤康(左大腿二頭筋損傷で欠場濃厚)

ケガ人以外にも昌子、金崎、小笠原、ペドロ・ジュニオールといった面々がこの遠征に帯同しておらず、大幅にメンバーを入れ替えて臨む。金森の先発起用もありそうだ。

<シドニーFC>
(4位)は累積警告
GK
1レッドメイン
DF
26ウィルクシャー
2カルバー
4ウィルキンソン
17カーニー
MF
6ブリランテ
13オニール
11ミェジェイェフスキ
14アレックス・ブロスケ
10ニンコヴィッチ

FW

9ボボー
SUB
GK20アレックス・チサク
DF3ウォーランド
MF8レトレ
MF16カリク
MF19ズベラ
FW18サイモン
FW21ロコリンゴイ
監督
グラハム・アーノルド


欠場予想選手
DFバイス(登録外で欠場)
DFファビオ・フェレイラ(登録外で欠場)

土曜日にリーグ戦を戦い、中3日で臨む。そのリーグ戦からACLは外国籍枠の関係で出場できないオランダ人のバイスに代わって、カルバーがCBに入る。14番のアレックス・ブロスケは元清水、監督のグラハム・アーノルドは前仙台の監督だ。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ




LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">