前節はホームで神戸を相手に後半追いついたものの、引き分けに終わった鹿島。14位と順位を下げ、厳しい戦いが続く中、今節は中2日でアウェイに乗り込み横浜FMと対戦する。

 横浜FMは現在15位とこちらも同じく厳しい戦いとなっている。今季から元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー監督が就任。彼の標榜するハイラインハイプレスのサッカーを取り入れ、チームは確実に変化を見せているが、なかなか結果に結びついていないのが現状。ここ5試合勝ちがなく、前々節は湘南と打ち合いを演じたが4-4のドロー、前節は札幌相手に逆転負けを喫している。特にここ5試合で敗れている3試合はすべて逆転負け、とチームにとっては嫌な雰囲気が流れてしまっている。

 ハイラインハイプレスの目的は、たとえボールを失っても、素早く取り返して自分たちがボールを握る時間を長くすることにある。そのため、今季の横浜FMはポゼッション志向の強いチームとなっている。今節も鹿島の2トップに対して、横浜FMはCBにGKかアンカーの1枚を加えた3枚で数的優位を作ってボールを前進させ、サイドから個々の突破で崩して、そこからのクロスでゴールを狙ってくるだろう。ここで鹿島にとって一番大事なのは、サイドからの突破を許さないことだ。今の鹿島は相手に余程のクオリティーがない限り、そう簡単に中央から崩されることはないだけに、ボールを運ばれてもサイドでしっかり止めることが出来れば、相手の脅威を確実に減少させることが出来るだろう。

 そして、攻撃ではハイラインの裏、特にサイドのスペースを有効に使いたい。単調な裏へのボールの放り込みは相手も予測できるだけに対処がしやすいが、今の鹿島は2列目に起点になれる選手を配置しているだけに、彼らに裏を狙わせて起点を作らせ、そこからの質的優位で押し込んでいければ、チャンスも作りやすくなってくるだろう。

 前節で内容の改善が見られただけにチームにそこまでの悲壮感はないが、今季は未だ3勝で、降格圏とは勝点差が4しかないのも事実。これ以上の足踏みは、この先残留争いに巻き込まれる危険性も孕んでいるだけに、今節は結果にこだわり勝点3を手に入れたい。

明治安田生命J1リーグ 第11節
横浜F・マリノス横浜F・マリノス
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
4月28日(土) 19:00キックオフ
日産スタジアム

試合情報(横浜FM公式サイト)
スタジアムの天気
NHK-BS1 放送予定(19:00~)
DAZN 放送予定

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(14位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF

2内田篤人
5植田直通
39犬飼智也
32安西幸輝

MF

4レオ・シルバ
20三竿健斗
25遠藤康
9鈴木優磨
FW

7ペドロ・ジュニオール
10金崎夢生

SUB
GK21曽ヶ端準
DF3昌子源
DF22西大伍
DF24伊東幸敏
MF6永木亮太
MF40小笠原満男
FW19山口一真
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF山本脩斗(左膝後十字靭帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(膝を痛めて欠場濃厚)
MF土居聖真(右太もも裏の張りで欠場濃厚)
MFレアンドロ(別メニュー調整中で欠場濃厚)
FW安部裕葵(第二腰椎横突起骨折で欠場濃厚)


前節から2人変更。左SBに安西、前線にペドロ・ジュニオールが入る。CBは犬飼が継続して起用、またベンチにはルーキーの山口が入る。

<横浜FM>
(15位)は累積警告
GK
21飯倉大樹
DF
27松原健
22中澤佑二
2ミロシュ・デゲネク
23下平匠
MF
6扇原貴宏
8中町公祐
14天野純

FW

19仲川輝人
7ウーゴ・ヴィエイラ
25ユン・イルロク
SUB
GK31杉本大地
DF13金井貢史
DF24山中亮輔
MF11遠藤渓太
MF35吉尾海夏
FW9大津祐樹
FW16伊藤翔
監督

アンジェ・ポステコグルー


欠場予想選手
MFオリヴィエ・ブマル(左膝を痛めて出場微妙)

前節から3人変更の予想。CBにミロシュ・デゲネク、左SBに下平、インサイドに中町が起用されると読んだ。布陣も4-1-2-3の予想だが、扇原と中町をボランチにした4-2-1-3の可能性も。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">