前節はアウェイで川崎Fに1-4と大敗を喫した鹿島。首位の広島との勝点差は14と厳しい戦いが続くが、なんとか巻き返していきたいところ。今節は前節から中3日でホームに神戸を迎える。

 今節対戦する神戸は現在7位。昨季途中から就任した吉田孝行監督が指揮を執り、今季はチョン・ウヨン、三田、ウェリントンと各ポジションに実力者を補強。主将には元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキを据えている。リーグ戦では、前々節は横浜FMに逆転勝ちを飾ると、前節は名古屋を相手に3-0と快勝で連勝中。特に前節はポドルスキが2ゴールと結果を残し、チームの状態はかなり上向きだ。

 神戸は「バルサ化」を打ち出しているように、今季はポゼッションスタイルを取り入れている。そのため、CBにはビルドアップに長けたチョン・ウヨンを本職のボランチからコンバートして起用、ここに中盤の藤田、三田、ポドルスキという繋ぎに長けた3人が絡むことによってボールを前進させ、サイドから攻撃を仕掛けるのが一つの形となっている。また、ボール保持の時間を長くするためにハイプレスも導入。攻撃時は4-2-1-3だが、守備時は4-4-2に陣形を変化させ、相手をハメてくる。そのため、ここ最近は献身的な守備も厭わない大槻が前線で起用されている。

 鹿島としてはまず、中央からの突破を許さないことが第一だろう。サイドに追い込むことが出来れば、ある程度相手の攻撃に対する脅威を抑えることが出来るからだ。神戸はビルドアップ時に特に中盤のポジショニングをかなり動かしてくるため、そこで後手に回り中盤にスペースを作らないようにしたい。逆に、神戸のハイプレスこそ注意しなければならないが、相手が攻撃時にかなりポジションを動かす分、守備に移った時はかなり中央にスペースがあることが多い。もし、その状態でボールを奪えればCBがむき出しにされた状態で攻撃を仕掛けることが出来る。狙いどころにしたいところだ。

 今節は昌子が出場停止と、連戦中のチームにとっては難しいやりくりが求められる試合となるが、一方でケガ人が徐々に復帰してきたのは朗報だろう。とにかくこれ以上ズルズルと負けを重ねる訳にはいかない。勝負所で粘り、チャンスを窺いたい。

明治安田生命J1リーグ 第10節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズヴィッセル神戸ヴィッセル神戸
4月25日(水) 19:00キックオフ

県立カシマサッカースタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(12位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF

24伊東幸敏
5植田直通
39犬飼智也
15三竿雄斗

MF

6永木亮太
20三竿健斗
22西大伍
8土居聖真
FW

10金崎夢生

9鈴木優磨
SUB
GK29川俣慎一郎
DF32安西幸輝
MF4レオ・シルバ
MF25遠藤康
MF40小笠原満男
FW7ペドロ・ジュニオール
FW14金森健志
監督
大岩剛

欠場予想選手
GK曽ヶ端準(右脚の違和感で出場微妙)
DF昌子源(出場停止)
DF山本脩斗(左膝後十字靭帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(膝を痛めて欠場濃厚)
MFレアンドロ(別メニュー調整中で欠場濃厚)
FW安部裕葵(第二腰椎横突起骨折で欠場濃厚)


前節から5人変更と予想。DFラインは右SBに伊東、CBに犬飼、左SBに三竿雄を起用、ボランチは永木が三竿健とコンビを組み、西が2列目で起用されると見た。ケガ明けの遠藤、安西、レオ・シルバ、ペドロ・ジュニオールのメンバー入りの可能性も。

<神戸>
(7位)は累積警告
GK
18キム・スンギュ
DF
6高橋峻希
5チョン・ウヨン
3渡部博文
30ティーラトン
MF
14藤田直之
8三田啓貴
10ルーカス・ポドルスキ

FW

33大槻周平
17ウェリントン
38佐々木大樹
SUB
GK1前川黛也
DF15宮大樹
MF24三原雅俊
MF27郷家友太
MF35安井拓也
FW19渡邉千真
FW21田中順也
監督

吉田孝行


欠場予想選手
なし

前節から1人変更。前線にウェリントンが入ると予想した。ただ、連戦ということもあり他のポジションでもメンバーを入れ替えてくる可能性がある。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">