約1か月間の中断期間を経て、鹿島にとっては久々の公式戦となる。今節対戦するのは初対戦となる町田だ。

 町田は現在J2で4位。ここ3試合は勝ち星から見放されているものの、昇格候補のチームとも堂々と渡り合い、今季3連勝も2度経験するなど、その実力は確かである。今大会は鹿島と同じく2回戦から参戦し、2回戦は岡山を延長戦の末に破ってコマを進めてきた。また、鹿島関係の選手・スタッフも多く所属しており、相馬監督、鹿島ユース出身のDF藤井、FWの中島、そして鹿島から期限付き移籍中の平戸にとっては古巣対戦となる。

 町田が採用するのは非常に強度の高いサッカーだ。中央を圧縮して、相手をサイドに追い出し、サイドにボールが移ると一斉にボールサイドに寄せて、ボールを奪いにかかる。そして、ボールを奪えばその密集した状態のまま、相手の裏のスペースを素早く突いてショートカウンターを仕掛けてくる。サイドチェンジのリスクこそ背負いながらも、ボールを奪った際の切り替えで数的優位に立ち、その数的優位を試合の流れに反映させてくるのが町田のサッカーだ。

 鹿島は相手の土俵に乗って高い強度の中でプレーを続けるか、プレッシャーを承知で長いボールを使いながら相手を動かしていくか、2つの選択肢がある。単純に個々の質で上回れるため狭い中でもある程度ボールを運ぶことは出来そうだが、ここはSBへのロングボールで活路を見出したいところだ。今の鹿島には内田と安西という、高い位置でボールを持ってチャンスを作り出せ、かつロングキックの精度にも定評がある選手たちがSBにいる。大外のポジションに位置する彼らを有効に使い、町田を押し込んでいきたいところだ。逆に、SBの裏のスペースを突かれて、そこで町田に起点を作られると後手後手に回るのは避けられない。攻守の切り替えの速さもカギになってきそうだ。

 町田の弱点は本来は「消しているはず」の大外のスペースと強度の持続だ。特に後者は試合が終盤になってくると、中3日で迎える分だけ休養十分の鹿島にとってはプラスに響いてきそうだ。簡単な相手ではないだけに、我慢強く試合を進めることも必要になってくるだろう。

天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会 3回戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズFC町田ゼルビアFC町田ゼルビア
7月11日(水) 18:30キックオフ

町田市立陸上競技場

試合情報(町田公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(スカサカ!) 放送予定(18:25~)

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF

2内田篤人
22西大伍
39犬飼智也
32安西幸輝

MF

6永木亮太
20三竿健斗
25遠藤康
30安部裕葵
FW

8土居聖真
9鈴木優磨

SUB
GK1クォン・スンテ
DF16山本脩斗
DF28町田浩樹
MF13中村充孝
MF40小笠原満男
FW10金崎夢生
FW19山口一真
監督
大岩剛

欠場予想選手

GK沖悠哉(登録外で欠場)
DF昌子源(チームに未合流のため欠場濃厚)
DF三竿雄斗(別メニュー調整中で欠場濃厚)
MFレオ・シルバ(別メニュー調整中で欠場濃厚)
MFレアンドロ(両側膝蓋靱帯損傷で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(別メニュー調整中で欠場濃厚)


W杯組の昌子と植田はこの試合は欠場となりそう。CBは西と犬飼がコンビを組む。コンディションが万全でない金崎もベンチスタートの模様。離脱中だった山本が復帰してきたのは朗報だ。

<町田>
は累積警告
GK
21髙原寿康
DF
10土岐田洸平
3藤井航大
5深津康太
17下坂晃城
MF
6李漢宰
24ロメロ・フランク
8平戸太貴
32戸高弘貴

FW

20ドリアン・バブンスキー
19土居柊太
SUB
GK31渡辺健太
DF4チョン・ハンチョル
MF2奥山政幸
MF7杉森考起
MF15井上裕大
MF29森村昂太
FW11中村祐也
監督

相馬直樹


欠場予想選手
MF吉濱遼平(ケガで出場微妙)

連戦ということもありリーグ戦からは大きくメンバーを入れ替えてきそうだ。鹿島ユース出身の藤井と期限付き移籍中の平戸は先発予想。ドリアン・バブンスキーは横浜FMのダビド・バブンスキーの弟だ。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">