タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています。「DEAR Magazine」、「ぐるたび」にも寄稿。

カテゴリ:マッチレポート > 天皇杯



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">



[試合経過]
序盤からお互いに激しくボールを奪いに行き、ショートカウンターでチャンスを作り出す時間が続くが、決定機をモノに出来ない。それでも、鹿島は32分に遠藤の左CKにファブリシオが飛び込んで合わせて先制に成功する。その後もチャンスを作りながら活かしきれない時間が続くが、55分にまたもファブリシオがこぼれ球を拾って、ボレーでネットを揺らして大きな追加点を手にする。しかし、神戸も選手交代などで流れを変えると、CKの流れから渡邉が決めて1点差に追い上げる。終盤、防戦一方となった鹿島だが最後まで集中を切らさずに守り切り、4年ぶりの準々決勝進出を決めた。

[試合記録]
第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16
2016年11月12日(土) 14:04キックオフ
ノエビアスタジアム神戸 入場者数:7282人

鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ2-1ヴィッセル神戸ィッセル神戸

[得点経過]
32分 <鹿島>ファブリシオ(今大会1点目 アシスト:遠藤康[今大会1アシスト目])
55分 <鹿島>ファブリシオ(今大会2点目)
64分 <神戸>渡邉千真(アシスト:増山朝陽)

[ハイライト動画]


[データ]
鹿島項目神戸
13シュート6
3CK1
17FK16
5オフサイド3
0PK0

[警告・退場]
10分 <神戸>伊野波雅彦(警告)
45+3分 <鹿島>金崎夢生(警告 累積1枚目)
69分 <鹿島>三竿健斗(警告 累積1枚目)

[フォーメーション]
myboard

[出場記録]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
14ファン・ソッコ
3昌子源
16山本脩斗
MF
20三竿健斗
→DF24伊東幸敏(90分)
40小笠原満男
25遠藤康
11ファブリシオ MOM
→MF32杉本太郎(81分)
FW
34鈴木優磨
→MF8土居聖真(16分)
33金崎夢生

監督
石井正忠

<神戸>
GK
30徳重健太
DF
6高橋峻希
5岩波拓也
39伊野波雅彦
44橋本和
MF
14藤田直之
24三原雅俊
→MF20増山朝陽(19分)
→MF9石津大介(76分)
31中坂勇哉
→MF32前田凌佑(61分)
23松下佳貴
7ペドロ・ジュニオール
FW
19渡邉千真
監督
ネルシーニョ

<主審>
山本雄大

img_tournament









style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">



[試合経過]
 序盤こそ攻守が目まぐるしく入れ替わり落ち着かない展開となったが、時間の経過と共に鹿島が主導権を掌握。DFラインの裏のスペースに素早くボールを送ってチャンスを生み出し、35分にはファブリシオがカットインしてPA内に入れたボールに赤﨑が反応して先制。39分にはこぼれ球を柴崎がボレーでネットに沈めて追加点。後半に入っても流れは変わらず、59分には柴崎のクロスに鈴木が合わせてダメ押し。終盤にバタつく場面や、攻守の精度の改善など課題もあったが、石井監督が目指すサッカーを体現した鹿島が3回戦進出を決めた。

[試合記録]
第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
2016年9月3日(土) 18:34キックオフ
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:4241人

鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ3-0カターレ富山カターレ富山

[得点経過]
35分 <鹿島>赤﨑秀平(今大会1点目 アシスト:ファブリシオ[今大会1アシスト目])
39分 <鹿島>柴崎岳(今大会1点目)
59分 <鹿島>鈴木優磨(今大会1点目 アシスト:柴崎岳[今大会1アシスト目])

[ハイライト動画]
https://youtu.be/eoyzqmnggrI

[データ]
鹿島項目富山
15シュート6
6CK2
17FK12
1オフサイド0
0PK0

[警告・退場]
45分 <鹿島>西大伍(警告 累積1枚目)

[フォーメーション]
myboard

[出場記録]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
→DF24伊東幸敏(63分)
14ファン・ソッコ
→DF20三竿健斗(74分)
17ブエノ
16山本脩斗
MF
6永木亮太 MOM
40小笠原満男
10柴崎岳
11ファブリシオ
→MF32杉本太郎(74分)
FW
34鈴木優磨
18赤﨑秀平

監督
石井正忠

<富山>
GK
31永井堅悟
DF
3代健司
5平出涼
MF
11三上陽輔
2脇本晃成
24西室隆規
→DF29進藤誠司(65分)
19西川優大
→MF8窪田良(80分)
34大島康樹
17木本敬介
→FW23萱沼優聖(71分)
10衛藤裕
FW
15中西倫也
監督
三浦泰年

<主審>
吉田寿光

[天皇杯 2回戦終了時 記録]
<対戦結果>

札幌

1-2

岡山

甲府

0-0(PK6-7)

大分

讃岐

0-2

愛媛

新潟

5-3(延長)

関西学院大

松本

1-2

Honda FC

名古屋

0-1

長野

5-2

奈良クラブ

徳島

2-0

北九州

山形

5-0

群馬

千葉

2-0

金沢

磐田

2-0

神奈川大

鹿島

3-0

富山

長崎

1-2(延長)

横浜FC

湘南

6-0

山梨学院大オリオンズ

仙台

2-5

盛岡

川崎F

3-1

秋田

鳥栖

3-1

琉球

清水

3-0

水戸

熊本

1-5

東京V

C大阪

2-1(延長)

京都

大宮

9/7開催

鳥取

神戸

9/7開催

鈴鹿アンリミテッドFC

横浜FM

9/7開催

福島

福岡

9/7開催

山口


<トーナメント表>
img_tournament
※浦和レッズ、FC東京、G大阪 、サンフレッチェ広島はACL出場シードとして、ラウンド16(4回戦)から登場

















style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

[試合経過]
3日前のナビスコ杯からスタメンを10人入れ替えた鹿島は、序盤こそ水戸の前線からのプレスに押されるも、徐々に落ち着きを取り戻し主導権を握っていく。しかし、思うようにパスが繋がらず単調な攻撃に終始してしまう。後半も流れは変わらず、得点が欲しい鹿島は遠藤と赤﨑を投入するが、逆に水戸にあわやという場面を作られるなどスコアは動かずに90分を終えた。延長戦でも決着はつかず、勝負はPK戦に突入。3人が決めた水戸に対して、鹿島は2人しか決められずに試合終了。鹿島は2年連続でジャイアントキリングを許し、3回戦で姿を消した。

[試合記録]
第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
2015年10月14日(水) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:4492人

鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ0-0(2 PK 3)水戸ホーリーホック水戸ホーリーホック

[得点経過]
なし

[PK戦経過]
12345
水戸(先攻)馬場 ×三島 ○鈴木雄 ○新里 ○船谷 ×
鹿島本山 ×遠藤 ○ダヴィ ○山村 ×梅鉢 ×

[ハイライト動画]



[データ]
鹿島項目水戸
20シュート16
5CK9
25FK18
2オフサイド2
0PK0

[警告・退場]
20分 <鹿島>鈴木隆雅(警告)
26分 <水戸>金聖基(警告)
36分 <水戸>小谷野顕治(警告)
53分 <水戸>池ヶ谷颯斗(警告)
90+4分 <水戸>船谷圭祐(警告)
96
分 <水戸>田向泰輝(警告)

[フォーメーション]
myboard

[出場記録]
<鹿島>
GK
1佐藤昭大
DF
24伊東幸敏
23植田直通
4山村和也
17鈴木隆雅
MF
27梅鉢貴秀
10本山雅志
32杉本太郎
→MF25遠藤康(65分)
19豊川雄太
→FW18赤﨑秀平(79分)
FW
11ダヴィ
34鈴木優磨

監督
石井正忠

<水戸>
GK
21笠原昂史
DF
2田向泰輝
5金聖基
17新里亮
20今瀬淳也
MF
18白井永地
25池ヶ谷颯斗
→FW39馬場賢治(97分)
16パク・カンイル
→MF10船谷圭祐(78分)
9小谷野顕治
→FW11三島康平(65分)
7鈴木雄斗
FW
34吉田眞紀人
監督
西ヶ谷隆之

<主審>
松尾一

[天皇杯 3回戦終了時 記録]
<対戦結果>
湘南      2-3松本
大分      0-1横浜FM
鹿島0-0(2 PK 3)水戸
甲府      1-0愛媛
鳥栖0-0(2 PK 1)札幌
新潟      1-2徳島
藤枝      1-2山形
広島      1-0熊本
町田      2-0福岡
仙台0-0(4 PK 3)大宮
川崎F      3-0京都
神戸      1-0千葉

<トーナメント表>
image
※ガンバ大阪、柏レイソル、浦和レッドダイヤモンズ、FC東京はJリーグ推薦シードチームとしてラウンド16から出場

↑このページのトップヘ