タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ:マッチレポート > その他(鹿島)


練習試合

鹿島アントラーズ 00 順天堂大学
※45分×2本

鹿島 1本目のメンバー
myboard

 鹿島と順天堂大、お互いに4-4-2のシステムのため、マッチアップ的にはミラーゲームとなったこの試合、立ち上がりからペースを握ったのは順天堂大の方だった。ユニバーシアードで主力の数人を欠くものの、持ち味のポゼッションとプレッシングからのショートカウンターを出していった順天堂大に対し、鹿島は公式戦と同じくプレッシングがハマらない現状がこの試合でも露呈された。

 鹿島は守備の際、4-4-2のブロックを作るのだが、まず1列目の金森と鈴木が相手CBのパスコースを制限できないところから全てが始まっている。相手はこちらに対して基本的に数的同数、時々GKをビルドアップに参加させるぐらいだったのだが、この日は頻繁に中央への縦パスを入れられるシーンが目立った。SHも中に絞りきれておらず、ボランチが引っ張り出されて、そこで空いたスペースを使われるケースが、何度もピッチの上では起こっていた。

 だが、鹿島にとって幸いだったのはボランチにレオ・シルバがいたことだ。元々リーグでもトップクラスの彼は、大学生相手に無双状態。ことごとく中盤でボールを奪っていき、前線にボールを繋げていた。後程も書くが、彼のいない後半になるとボール奪取の場所が前半より明らかに低くなったことがその存在を物語っていた。

 一方、攻撃に目を移すとここでも光っていたのはレオ・シルバ。順天堂大があまり前から行くチームではない分、DFラインでは比較的余裕を持ってボールを持つことが出来ていたが、そこから縦パスを入れるとコンパクトな布陣を敷く順天堂大が人数をかけて奪いにきて、そこで引っかかりチャンスに繋げられないことが多かった。2列目の遠藤や安部が降りてリズムを作ることも多かったが、それでもDFラインから一番ボールを引き出して繋ぎ、また自ら奪ったボールをカウンターに繋げていたのは紛れもなく彼だった。

 ここで問題なのはレオ・シルバが担うタスク、プレーエリアがあまりにも多すぎる、広すぎることだ。実際、この現象は彼が出場した公式戦でも起こっており、レオ・シルバがケアしきれないところからピンチになっており、また彼のスタミナの消費を余計に早め、さらに彼がいない時に彼の代わりとなる人材がいないという弊害を引き起こしている。もっとも、彼自身の意識の問題もあるし、リーグ戦では三竿健の成長によって解消しつつはあるが、それでもこの試合レオ・シルバの相方だった久保田が局面に顔を出さず、プレーに関わる時間が短かったのは残念だった。

 試合は、ポゼッションの順天堂大、カウンターの鹿島の構図で進んでいく。鹿島はシンプルに裏のスペースに蹴り込み、前線の2人を走らせる単調な攻撃が目立っていたが、時間の経過と共に中央で繋いで崩そうとする攻撃も徐々に増えていった。ただ、順天堂大のコンパクトな守備に苦しんだのもあり、起点は基本的にサイドなことが多く、決定機もあまり作れないまま1本目を終えた。

2本目に入る前に鹿島は3人交代
myboard

 後半に入ると前線でタメを作れる鈴木と中盤で絶大な存在感を放っていたレオ・シルバの不在がモロに響くようになる。ボールを奪う位置が下がり、それに合わせて全体のラインも下がり、なかなか押し上げられない状況が続く。それでも、2本目からビルドアップに手を入れ、数的有利を作りながらボールを前進させられるようになったのと、交代で入った選手の積極的な仕掛けにより、チャンスを作り出せるようになっていった。

 ただ、ここでアクシデント。2本目から入った小田が脚を痛めて交代を余儀なくされる。また、遠藤らも下がり、最終的には以下のような布陣になった。
myboard

 2本目の中盤から終盤にかけては完全に順天堂大のペースで、鹿島は単調な攻撃しか繰り出せなくなっていった。ユース選手が3人入ったというエクスキューズもあるが、それよりも大きかったのがボランチから後ろの選手のほとんどが前半から回されていたのもあって、ガス欠になってしまったこと。ピッチから声が減り、動き出し・動き直しの回数も減っていった。だが、順天堂大の精度の低さにも助けられ、失点することなく試合終了。スコアレスドローに終わった。

 引き分けは妥当な結果とも言えるし、お互いに決められるチャンスはあった試合でもあった。それでも、鹿島にとってはトップチームが公式戦で露呈しているのと同じような課題がこの試合でも起こり、相手が今の鹿島にとって相性的に組みづらい相手であったこと、個人戦術などの面で劣ることが否めないサブ組の選手が中心だったこともあって、余計に目立つ内容となってしまったのは今後のチームビルディングにおいて見過ごせない問題だろう。

 ただ、試合に絡んでいる面々はもちろん、久々の実戦となったクォン・スンテがまずまずのプレーを見せていたこと、なかなか出番が訪れない三竿雄がフィットの兆しを見せ戦力として計算できそうなのは、今後の連戦や代表組不在、出場停止者やケガ人が出たときを考えれば明るい材料と考えていいのではないだろうか。

おまけに写真を少し載せておきます

試合前の円陣
IMG_20170821_195745_438

調整を終え、試合を観戦する清水戦スタメン組の選手たち
IMG_20170821_195846_094
IMG_20170821_195911_689

久々の実戦となったクォン・スンテ
IMG_20170821_200006_297

積極的に動いてボールを引き出した遠藤康
IMG_20170821_195805_871

苦戦の続く金森健志
IMG_20170821_195946_761

前線で鈴木優磨のタメは欠かせない
IMG_20170821_195825_167

すっかりジョーカーとしての地位を確立した安部裕葵
IMG_20170821_195930_247

別格の存在感を見せたレオ・シルバ
IMG_20170821_200028_970

ここにきて復調の兆しを見せる三竿雄斗。巻き返しなるか
IMG_20170821_200046_831


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">



 開幕前の最後の実戦ということもあり、ベストメンバーで臨むかと思われたこの試合にトニーニョ・セレーゾ監督はルーキーの久保田を含め若手を多く起用。テスト色の濃い陣容となったが、それでも沖縄キャンプから中1日とコンディション的に厳しい状態にあった水戸を序盤から押し込んだ。三島の高さには手を焼いたが、ラインを高く保って、PA内には入れさせずにチャンスを作らせない。攻撃ではサイドを起点としてボールを支配していた。ただ、やや攻撃が単調なこともあり中々シュートまで持っていくことが出来ない。NYCで課題だったビルドアップも右サイドでは西と遠藤というおなじみのコンビということもありスムーズに回るのだが、左サイドは鈴木隆の位置が始めから高いこともあり、昌子が出しどころに窮する場面が見られた。それでも、38分にCKから最後は岩尾のクリアミスがオウンゴールとなって、鹿島が1点を先制して前半を終えることになる。

 後半から鹿島は高崎を前線に投入。この長身FWを起点にすることで、鹿島の攻撃はよりスムーズになっていく。すると、56分に柴崎のダイレクトパスに抜け出した中村が難しい形ながらもゴールに沈めて2点目をゲット。その後も、高崎や柴崎と中村のコンビネーションからチャンスを作り出していくが、中々追加点が奪えない。すると、ややトーンダウンしたのか水戸の攻撃機会が増えていき、87分に左サイドの田中のクロスからフリーの三島がヘッドで決めて、鹿島は1点差に迫られてしまう。しかし、その直後に柴崎のCKから高崎がヘディングで決めて3点目を奪い、結局鹿島が3-1で勝利。いばらきサッカーフェスティバルの通算成績を9勝1分とした。

 この試合では、引き続き最終ラインからのビルドアップと両SBがオーバーラップした時のリスクマネジメントが課題として残ったが、それ以上に高崎を活用した攻撃と選手層の厚さという手応えが大きいように思えた。特に選手層の厚さという点は、久保田が及第点以上のプレーを見せたように、この日プレーした全員がある程度戦えることを証明したというのが、今季が始動してからこれまでの練習が充実していたことの何よりの証拠であるだろう。今季の厳しい日程を考えれば、これは何よりも心強い材料である。今季の鹿島はこれまで以上に全員が戦力となって、一丸となってタイトル獲得を目指していく。

[試合記録]
Jリーグ・スカパー! ニューイヤーマッチ いばらきサッカーフェスティバル2015
2015年2月14日(土) 14:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:7600人

鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ3-1水戸ホーリーホック水戸ホーリーホック

[得点経過]
38分 <鹿島>オウンゴール
56分 <鹿島>中村充孝(アシスト:柴崎岳)
87分 <水戸>三島康平(アシスト:田中雄大)
88分 <鹿島>高崎寛之(アシスト:柴崎岳)

[警告・退場]
なし

[フォーメーション]
myboard

[出場記録・寸評]
<鹿島>
GK
1佐藤昭大 5.5 失点シーンに責任はないが、またも完封できず。キック精度に課題。
DF
22西大伍 6 右サイドからの組み立てで安定した力を発揮。公式戦ではもっとリスクマネジメントを意識したい。
→DF24伊東幸敏(60分) 6 運動量やアップダウンなど、自分の武器はアピールできていた。
14ファン・ソッコ 6 守備範囲の広さは見せたが、やや拙い対応も散見。
→DF4山村和也(70分) 5 失点シーンは簡単にマーカーから離れてしまった。
3昌子源 6 終始安定していた。DFラインのコミュニケーション構築はこれからか。
17鈴木隆雅 5.5 縦への突破やクロスは○だが、もっとビルドアップに関与していきたい。
→DF16山本脩斗(64分) 6 オーバーラップのタイミングは流石。貫録を見せた。
MF
20柴崎岳 6.5 守備の判断ミスはあったが、攻撃の起点になって2アシスト。
26久保田和音 6 物怖じせずプレー。線は細いが、十分戦力になりそうだ。
→MF27梅鉢貴秀(HT) 5.5 積極性は買えるが、ビルドアップでのミスが気になってしまう。。
25遠藤康 6 右サイドで抜群のキープ力を発揮。トップ下では持ち味が消えた。
13中村充孝 6.5 持ち前のテクニックだけでなく、オフザボールや守備面でも貢献度が高かった。 MOM
8土居聖真 5.5 サイドに流れて受けるなど献身的な姿勢は見せたが、フィニッシュには絡めず。
→MF32杉本太郎(66分) 6 ボールを持つと積極的に仕掛けた。プレー機会をもっと増やしたい。
FW
18赤﨑秀平 5.5 徐々に状態は上がってきたが、まだまだインパクトは薄い。
→FW15高崎寛之(HT) 6.5 前線でのポストプレーは圧巻。高さを活かして2試合連続ゴールも。
監督
トニーニョ・セレーゾ 6 若手を多く起用しても、十分に戦えることを証明した。

<水戸>
GK
1本間幸司 5.5
DF
24細川淳矢 5.5
→MF16パク・カンイル(64分) 5.5
17新里亮 5.5
20今瀬淳也 5
3田中雄大 5.5
MF
39馬場賢治 5.5
→MF18白井永地(64分) 5.5
8岩尾憲 5
10船谷圭祐 5.5
→MF9小谷野顕治(82分) -
7鈴木雄斗 5
→FW14宮市剛(56分) 5.5
FW
34吉田眞紀人 5.5
→FW19山村佑樹(70分) 5.5
11三島康平
 6

監督
柱谷哲二 5.5

<主審>
東城穣 6.5 特に気になることもなく、ノーミスで試合を裁いた。


<鹿島 今後の試合日程>(3月まで)

日付大会
相手時間会場
2/25(水)ACL
GS第1節
Wシドニー19:00カシマ
3/4(水)ACL
GS第2節
FCソウル19:30ソウル
3/8(日)J1
1st第1節
清水13:00アイスタ
3/14(土)J1
1st第2節
湘南14:00カシマ
3/18(水)ACL
GS第3節
広州恒大21:00
(日本時間)
広州
3/22(日)J1
1st第3節
名古屋17:00瑞穂陸

 大分戦からスタメンを9人入れ替えて臨んだこの試合、鹿島は序盤に主導権を握った。すると、7分に縦パスを西がインターセプトすると土居が巧みなターンで前を向いてスルーパス、これを流れてフリーで受けた高崎が豪快なシュートを決めて、鹿島が早々と先制に成功した。その後はリスクを冒すことなく、着実に試合を進めていった。大分戦で課題だった最終ラインからのビルドアップもこの日は両SBが昨季からの主力である西と山本だったこともあり、滞る点は見られず、またボールを失った時にも前線からしっかりプレスがかかっていて、相手に全く危ない場面は作られなかった。そうした中で、38分に鹿島は右サイドのスローインから西がクロスを上げると、中央で競りにいった豊川と福岡守備陣が触れずに流れたところを、走り込んだ山本がヘッドで押し込んで追加点を挙げる。その直後にも、CKのこぼれ球から梅鉢が強烈なミドルを見せるが、ここは神山のセーブでゴールに至らず、前半を折り返すことになる。

 大分戦に続き、後半に大きくメンバーを入れ替えた鹿島だったが、その後半はややトーンダウンする形となる。コンディションの問題もあるのか、前線からのプレスが上手くかからず、福岡がボールを支配する形になっていった。また、前半と変わって1トップが赤﨑だったこともあり、苦しい時にロングボールを入れて前線でタメを作る形が使えなくなっていた。それでも鹿島は集中した守備を披露。福岡にほとんどシュートチャンスまで持っていかれずに、逆にカウンターなどからチャンスを作り出し、特に遠藤の縦パスから鈴木隆が抜け出した形とCKのカウンターから本山がポスト直撃のシュートを放った形は、決まってもおかしくない形だったし、決めておきたい形だった。結局、ゴールを脅かされたのはATの中原貴のヘディングぐらいで、それも枠には飛ばず、鹿島が2-0で勝利し、ニューイヤーカップの初代王者に輝いた。

 もちろん、この試合でも後半にプレスが機能しなかった点や、赤﨑が1トップに入った時の攻撃の形など、課題は残る形となった。それでも、大分戦に比べればフィジカルコンディションは上がっていたし、ビルドアップも改善が見られた。また、高崎にゴールが生まれ、無失点で試合を終えられたことも大きいだろう。試合運びはまさに試合巧者のそれだったし、さらなる向上が期待できる内容だったことは間違いない。こうした充実のキャンプを打ち上げた鹿島は、鹿嶋に戻って戦術の熟成を図り、PSMの水戸戦を経て、2/25のACL初戦に向けて準備を進めていく。

[試合記録]
2015Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 宮崎ラウンド 第2戦
2015年2月4日(水) 14:00キックオフ
KIRISHIMA ハイビスカス陸上競技場 入場者数:1294人

アビスパ福岡アビスパ福岡0-2鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

[得点経過]
7分 <鹿島>高崎寛之(今大会1点目 アシスト:土居聖真)
38分 <鹿島>山本脩斗(今大会1点目 アシスト:西大伍)

[ハイライト動画]


[警告・退場]
56分 <福岡>城後寿(警告)
77分 <鹿島>小笠原満男(警告)

[フォーメーション]
myboard

[出場記録・寸評]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準 6 安定していたが、そもそも守備機会がほとんどなかった。
DF
22西大伍 6.5 いつもよりクロス精度はイマイチだったが、2得点に絡む活躍。
→DF24伊東幸敏(HT) 5.5 フリーランから何度もクロスを供給したが、精度が悪かった。
23植田直通 6 全体的に安定していたが、たまに集中を切らす場面も。
→DF14ファン・ソッコ(62分) 6.5 大分戦とは見違える出来。フィジカルの強さが前面に出ていた。
3昌子源 6 昨季の成長ぶりをこの試合でも感じられたが、終盤はやや息切れか。
16山本脩斗 6.5 攻守に安定した出来。逆サイドからのクロスにしっかり詰めて1ゴール。
→DF17鈴木隆雅(HT) 5.5 コンディションは良さそうだが、決定機は決めておきたかった。ポジショニングも不安が残る。
MF
27梅鉢貴秀 5.5 序盤は判断が遅かったが、徐々に持ち味の積極性を発揮。。
→MF40小笠原満男(62分) 6 攻守にミスがなく、質の高いプレーを披露した。
20柴崎岳 6.5 終盤はトーンダウンも、持ち味を出したプレーは別格だった。 MOM
32杉本太郎 5.5 序盤はボールロストが目立ったが、細かいタッチで攻撃に絡んでいった。
→MF25遠藤康(HT) 5.5 ロングパスなどで持ち味を出すも、大分戦に比べると地味なプレー内容。
8土居聖真 6.5 先制点のアシストはらしさが出た。積極的にビルドアップにも参加した。
→MF10本山雅志(HT) 5.5 流れの中ではあまり絡めずも、大分戦に続き決定機に絡んだ。
FW
19豊川雄太 5.5 ボールにはあまり絡めなかったが、守備面などを見ると調子は良さそうだ。
→MF13中村充孝(57分) 5.5 攻撃ではあまり持ち味を見せられず、守備で貢献した。
15高崎寛之 6.5
 待望のゴールを挙げただけでなく、前線で起点になるプレーが目立った。
→FW18赤﨑秀平(HT) 5.5 最低限のタスクはこなしたが、シュートチャンスは訪れず。
監督
トニーニョ・セレーゾ 6.5 大分戦よりも内容を改善させ、充実の内容でキャンプを締めくくった。

<福岡>
GK
1神山竜一 5.5
DF
4イ・グァンソン 5
→DF3阿部巧(HT) 5.5
2濱田水輝 5.5
19堤俊輔 5
18亀川諒史 5.5
22中村北斗 5.5
→DF16三島勇太(60分) 5.5
MF
15末吉隼也 5
33鈴木惇 6
→MF8中原秀人(66分) 5.5
FW
14平井将生 5
→MF20酒井宣福(64分) 6
10城後寿 5.5
→FW9中原貴之(72分) 6
11坂田大輔
 5.5

→FW7金森健志(HT) 5.5
監督
井原正巳 5.5

<主審>
西村雄一 6.5 安定したゲーム裁きを見せた。カードも極めて妥当。


[日程・結果]
<Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 宮崎ラウンド>
<順位表>

順位チーム試合勝点得点失点得失
1鹿島アントラーズ26725
2アビスパ福岡1002-2
3大分トリニータ1025-3

<日程>
日付時間対戦カード・結果会場
2/1(日)12:30鹿島 5-2 大分宮崎県陸
2/4(水)14:00福岡 0-2 鹿島宮崎県陸
2/7(土)12:30大分-福岡宮崎県陸

※鹿島の優勝が決定

<鹿島 今後の試合日程>(3月まで)
日付大会
相手時間会場
2/14(土)NYM水戸14:00カシマ
2/25(水)ACL
GS第1節
Wシドニー19:00カシマ
3/4(水)ACL
GS第2節
未定未定アウェイ
3/8(日)J1
1st第1節
清水13:00アイスタ
3/14(土)J1
1st第2節
湘南14:00カシマ
3/18(水)ACL
GS第3節
広州恒大21:00
(日本時間)
広州
3/22(日)J1
1st第3節
名古屋17:00瑞穂陸

↑このページのトップヘ