タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ:マッチレポート > リーグ戦


明治安田生命J1リーグ 第25節

鹿島アントラーズ 1大宮アルディージャ
(得点)
33分 [鹿島]金崎夢生(←金森健志)

両チームのスタメンは以下の通り。鹿島は右SBに伊東、ボランチにレオ・シルバ、2列目に土居、そしてトップには金森が起用された。一方の大宮は、CBに山越が入った以外は前節と同じスタメンだ。
myboard

大宮の狙いと鹿島の対応

 監督交代後の大宮はポゼッションに特徴を持つチームだ。ビルドアップ時はCBに加えて左SBの和田かアンカーのカウエ、時にGKの加藤順の3枚で鹿島の2トップに対して数的有利を作ってボールを前進させてくる。さらに、そこにインサイドハーフの2枚や1トップの江坂が降りてボールを受けて、サイドに展開。そこからのクロスでゴールが大宮の狙いだった。立ち上がりに訪れた奥井のクロスに江坂がヘディングで合わせたシーンは、まさにその狙っていた形が表現されていた。

 立ち上がり、この大宮の攻撃を中々捕まえられなかった鹿島は、ロングボールを相手SBの裏に蹴り込んでそこに2トップを走らせるやり方で陣地の回復を図っていった。大宮の両CBがアジリティに難を抱えているのもあったし、何よりこの日起用された金森を活かす意味でもこの方策は大きかった。決定的なシーンやフィニッシュまでには至らないものの、この繰り返しによってピッチには確実に変化が生まれていった。

15分過ぎからの変化

 鹿島がロングボールを蹴り込んでいくことによって、大宮のラインはそれを警戒してか自然と下がっていった。これによって、鹿島はプレッシャーの少なくなった最終ラインから中盤でボールを握ることに成功。試合を落ち着かせながらも徐々に主導権も握っていった。また、守備も降りていったインサイドハーフに対してボランチがマンマーク気味に付いていくことで対応。これによって、相手のプレーを制限させ、また万が一そこで外されてもCBともう片方のボランチの3枚の高い個々の守備力で守り切れるという判断だったのだろう。

 鹿島の先制点はこの流れの中で生まれた。もっとも、前半の鹿島は2列目の組み合わせや大宮の守備ブロックもあって、どうしても外外からのクロスに頼る攻撃が多かったのだが、先制点のシーンは金崎が中央付近でボールを持ったところから始まった。ドリブルする金崎に合わせて、金森が裏へと走り込んで相手のDFラインを押し下げる。そして、サイドに流れた金森へ金崎がパス。最後はサイドで持ち込んだ金森のクロスに走り込んだ金崎が合わせて鹿島が先制する。この押し込んだ時間帯での先制点は、結果的には非常に大きかった。



次の手

後半になると両チームが動く。鹿島は左足の違和感を訴えた遠藤に代わって安部。一方、大宮は前半の終わり頃から布陣を4-2-2-2に変えていた。
myboard

だが、ここで大宮にアクシデント。マルセロ・トスカーノが負傷交代となり、大前がピッチに入る。ここで大宮は大前を活かすために布陣を4-2-3-1に再度変更した。
myboard

 ただ、布陣が変わったとはいえ、大宮の後半からの狙いは変わらない。前半、ある程度ボールが握れて、しかも前線のアタッカーが鹿島守備陣に対して戦えていることに手ごたえを感じた大宮は、前線の枚数を明確な形で増やし、クロスに飛び込める人数を増やしたのだった。

 一方、鹿島はアクシデントとはいえ入った安部が変化をもたらした。前述したようにどうしても前半は外外の攻撃が多くなっていた鹿島だが、中央でも受けて前を向いて仕掛けられる安部が入ったことで、中央からの攻撃も増え、前半よりチャンスの数は増えていったのである。

マンマークの功罪

大宮は58分に動く。カウエに代えて清水を投入。清水が左SHに入り、茨田がボランチに下がった。
myboard

 これは先程のターゲット役を増やす意図に沿って行われた交代であるが、後半の半ばからはボールポゼッションを完全に大宮が掌握していった。これは鹿島の運動量が落ち、まず前線で相手のパスコースが制限できずに、また下がることでゴールまでの距離も遠くなって、カウンターが成立しにくくなってしまったこと。また、マンツーマンで守っていた鹿島だったが、前に出ていくことが出来ずに大宮のボランチにチェックに行けなくなってしまったこと。この二つが大きく響き、終盤鹿島は守勢の時間が続き、苦しい戦いを強いられるようになってしまったのだった。

 だが、ここで鹿島は崩れなかった。疲労もあった中だったがブロックは崩さず、相手のクロスもCBを中心にことごとく跳ね返していった。

この後、両チーム動いて、最終的には以下のような布陣になった。
myboard
※[訂正]鹿島の左SHは安部→永木

 終盤、大宮は岩上を投入してロングボールが増えていくが鹿島も落ち着いて対応。逆にカウンターからいくつかチャンスを作り出すも、決め切ることが出来ず1-0のまま試合は進んでいく。ただ、最後はロングスローで放り込んできた大宮の攻撃を最後まで跳ね返し続けてゲームセット。鹿島がウノゼロでリーグ戦3連勝を飾った。

おわりに

 カウンターから2点目を入れて仕留めることが出来ず、また運動量が落ちた中で次の手がやや後手に回ってしまったのは反省材料だろう。ただ、結果として無失点で終わらせたこと、何よりチームとしてゲームプランを統一した意思を持って完遂できたことは大きく評価できるポイントだろう。また、抜擢された金森が結果を残し、ここに来てポジション争いを加速させてくれたのも、チームにとってはプラス材料なのは間違いない。

 次節はアウェイで新潟戦。しっかり勝って、下からの追い上げを許さないようにしたいところだ。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">




明治安田生命J1リーグ 第23節

鹿島アントラーズ 2清水エスパルス
(得点)
17分 [鹿島]レアンドロ(←金崎夢生)
87分 [鹿島]金崎夢生(←三竿健斗)

スタート時の布陣は以下の通りだ。鹿島はボランチに小笠原、FWに土居が入った。一方、清水は古巣対戦となる増田が加入後初スタメン、またFWには金子に代わって北川が入っている。
myboard

鹿島の清水対策

 試合は序盤から引いて守る清水に対してボールを持ちながら攻める鹿島という構図になる。清水は4-4-2のブロックを作って、ボールを奪ったら前線の長谷川かミッチェル・デュークに当てて、そこからの速攻やサイド攻撃が狙いだった。それに対して鹿島は、試合が始まってしばらく経つとボランチの三竿健がDFラインを降りて3バックを形成してビルドアップをスタート。清水の1枚目の守備のラインの2枚に対して数的優位を作ろうと試みた。

myboard

 この試みがピタリとハマる。清水の1列目の守備は連動性に欠け、鹿島は簡単にボールを前進させることに成功する。さらに、鹿島の2列目が中央寄りに位置取っているのを、清水のボランチは警戒しマンツーマン気味についてくるのだが、それに対して周りの選手がボールと味方の位置に合わせてのスライドをしないため、鹿島は空いたスペースに選手を走り込ませ、そこからチャンスを作り出していく。



 先制点はまさにその形だ。レアンドロが下りてきて増田を引き出し、小笠原に預ける。小笠原は増田がいたスペースに走りこんだ金崎に預ける。この時、金崎には二見がついてきているが、そこで空いた中央のスペースをカヌはケアできていない。そこにトップスピードで走りこむレアンドロに対し、ワンタッチで落とす金崎。この時点で勝負は決まっていた。ボールを受けたレアンドロは完全に抜け出し、フィニッシュ。鹿島が理想的な崩しから先制に成功する。

清水の修正

 先制した後も鹿島はボールポゼッションで完全に優位に立つ。それに対して清水は立て続けの失点は避けたいために、2列目の枝村が最終ラインの位置まで戻り5バック、時にはデュークも下がって6バックのような形を取る。スライドの遅れを人海戦術で補うこの形によって、鹿島は以降の時間、ポゼッションは支配しながらも、攻めあぐねる時間帯になってくる。

 後半に入ると、清水はさらに修正をかけた。攻撃のスイッチを入れる縦パスを供給する鹿島のボランチに対して、2トップの一角である北川がプレスバックしてケアするようになる。これによって、鹿島はボランチがプレッシャーを受けながらのプレーを強いられ、今までのように簡単に縦パスを入れることが出来なくなっていった。

 とはいえ、鹿島にとってこの状況は特に慌てる必要はなかった。相手の前線のパワーには警戒が必要だが、ボールはこちらが握っていることに変わりはないし、何よりリードしている。そう考えた鹿島は試合のテンポを落としながら、リスクを負わずに確実に試合を進めていった。

次の1点を取るために

64分、清水が動く。増田に代わり村田を投入。サイドから突破力のある村田を入れ、状況の打開を図る。これに対して鹿島は68分に鈴木を投入。中央から崩せないのなら、サイドから崩そうということで、ターゲットになれる鈴木を前線に配置した。
myboard

とはいえ、依然として鹿島ペースは変わらず、77分に清水は次の手を打つ。移籍後デビュー戦となる清水を左サイドに入れ、デュークと長谷川を前線に並べ、完全にサイドを崩してのクロス中心の攻撃にシフトする。
myboard

これによって清水が徐々にボールポゼッションを握り、鹿島陣内でプレーする時間が増えていく。残り10分を切り、鹿島はこのまま試合を終わらせることを意識して伊東を投入。サイド攻撃を意識させつつ、相手のサイド攻撃を封じにかかった。
myboard

最後の交代は、清水が枝村→金子で金子はそのままボランチに、鹿島は土居→安部というカードを切る。
myboard

 そして、終盤鹿島にダメ押しとなる追加点が生まれる。鈴木のプレスバックから相手のミスを誘い、三竿健が奪ったところからカウンターがスタート。持ち上がった三竿健からボールを受けた金崎が、最後はやや強引な形ながらゴールに流し込み、これで試合は決まった。



おわりに

 結局、2-0で鹿島が完封勝利。ガッチリ首位をキープし、他会場の結果により2位以下との勝点差は4に開いた。

 この試合では、今の鹿島が目指す攻撃の形の理想形を示すような試合だった。もちろん清水のスタイルが今の鹿島にとって与しやすいというのは前提としてあったが、相手を見ながら自分たちがどう動くか判断するという、当たり前ではあるが大事なことが出来たからこそ今回の結果になったのは間違いない。

 次節、鹿島はアウェイで2位C大阪との直接対決を迎える。優勝争いにおいて、さらに首位の座を盤石に出来るかどうか、重要な試合となる。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">



 石井監督が不在という緊急事態の中で戦うことを強いられた鹿島だったが、チームの状態がそこまで深刻ではないことは、この1戦を通じて見えてきた。特に、攻撃陣のコンディションが上がってきたのは今後に向けても大きいだろう。先制点もそんな攻撃陣がもたらしたものだった。立ち上がりからサイドに流れて起点を作っていた金崎がDFラインの裏へとスルーパス。これに右サイドから走りこんできた鈴木が上手く反応して、ゴールに流し込んだ。

 しかし、そんな攻撃陣のコンディション向上が思わぬ余波を呼んでしまう。攻撃陣は1stステージのような前線からのプレスをかけようと試みるのだが、ここ数戦スタートポジションに戻ることを意識して戦っていた守備陣はその違いに対応できず、なかなかラインを上げることが出来ない。こうして陣形が間延びしてしまった鹿島はボールの奪い所を絞れずに、完全に主導権を握ることが出来ない。すると、前半終了間際に齋藤のシュート性のクロスを伊藤に合わせられ、同点に追いつかれてしまう。

 それでも前から行くスタイルを崩さないという決断をした鹿島は永木を投入して、よりそれを鮮明にしていく。しかし、この日の横浜FMには齋藤学というあまりにスペシャリティーな選手がいた。カウンターでボールを運ばれることで、鹿島は優勢だった右サイドの攻防で一気に劣勢に持ち込まれる。ただ、鹿島もすかさず伊東を投入して、裏を突かせることで再び優位性を得ようと試みる。

 しかし、次の一点は横浜FMにもたらされた。西のパスミスを齋藤に奪われると、そのまま持ち込まれ逆転弾を許してしまう。これで攻めるしかなくなった鹿島はファブリシオを投入して、前がかりに攻めに出る。すると、横浜FMが守備固めで逆に守備のバランスを崩したのに付け込み、右サイドの伊東のクロスを鈴木が折り返し、最後はファブリシオが詰めて、すかさず同点に追いつく。その後も逆転を目指してさらに攻めに出た鹿島だったが、勝負を決める勝ち越し点が奪えずゲームセット。勝点1を分け合う結果に終わった。

 もったいないミスからの失点を考えれば、勝点2を失ったと考えてもいい試合だろう。しかし、これから秋に季節が変わっていくこの時期に攻撃陣のコンディションが上向きなのは好材料だろう。ファブリシオも欲しかった初ゴールが生まれ、何より石井監督も無事にチームに戻ってきた。これからのチームマネジメント次第では1stステージのような戦いを見せることも出来る、そう思わせてくれるような勝点1だった。

[試合記録]
2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第10節
2016年8月27日(土) 19:04キックオフ
日産スタジアム 入場者数:29123人

横浜F・マリノス横浜F・マリノス2-2鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

[得点経過]
28分 <鹿島>鈴木優磨(今季7点目 アシスト:金崎夢生[今季7アシスト目])
45分 <横浜FM>伊藤翔(アシスト:齋藤学)
80分 <横浜FM>齋藤学
85分 <鹿島>ファブリシオ(今季1点目 アシスト:鈴木優磨[今季1アシスト目])

[ハイライト動画]



[データ]

横浜FM項目鹿島
14シュート18
3CK8
22FK17
2オフサイド1
0PK0

トラッキングデータ


[警告・退場]
6分 <横浜FM>天野純(警告)
41分 <横浜FM>ファビオ(警告)
64分 <鹿島>西大伍(警告 累積2枚目)
66分 <横浜FM>喜田拓也(警告)
90分 <鹿島>昌子源(警告 累積1枚目)

[フォーメーション]
myboard

[出場記録、採点・寸評]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準 5.5 失点シーンはノーチャンス。可もなく不可もなく。
DF
22西大伍 5.5 2列目では攻撃力が活きたが、拙い守備で失点にも絡んだ。
3昌子源 6 1対1をことごとく制して、攻撃の芽を摘んだ。
14ファン・ソッコ 5.5 安定感ある守備を見せたが、2失点目は齋藤に振り切られた。
16山本脩斗 5 中途半端なマークで伊藤をフリーにして、1失点目の遠因に。
MF
10柴崎岳 6 テンポよくボールを引き出して捌いたが、2列目では存在感薄。
40小笠原満男 5.5 攻撃面では悪くなかったが、守備面では奪い所を絞れず。
→MF11ファブリシオ(83分) 6.5 投入から2分で同点弾。期待に一発回答で応えた。
34鈴木優磨 7 全得点に絡む活躍。動き出しは常に相手の脅威に。 MOM
8土居聖真 5.5 相手DFのギャップで受けようと試みるも、効果的ではなかったか。
→MF6永木亮太(52分) 5.5 前への推進力をもたらしたが、不用意なパスミスでカウンターも招いた。
FW
18赤﨑秀平 5.5 縦横無尽に動き回ったが、攻撃時の判断が悪かった。
→DF24伊東幸敏(73分) 6.5 徹底的に右サイドの裏を突いたことが、同点への流れを呼んだ。
33金崎夢生 6 アシスト以外にもスペースに流れる動きなど、少しずつ復調傾向か。
監督代行
大岩剛 6 チームとして戦い方を統一できずも、交代策が当たり勝点1を持ち帰る。

<横浜FM>
GK
1榎本哲也 6.5 彼の的確な判断がなければ、失点はもっと増えていた。
DF
13小林祐三 5.5 堅実な守備を見せたが、攻撃では脅威を与えられず。
22中澤佑二 5.5 相手FWに仕事はさせなかったが、最後は鹿島攻撃陣に振り回された。
5ファビオ 5.5 鈴木の斜めの動きに苦戦し、苛立つ場面も。
24金井貢史 5 サイドの攻防で終始劣勢を強いられ、失点シーンは上手く入られた。
→DF4栗原勇蔵(84分) - 出場時間短く、評価なし。
MF
28喜田拓也 6 ボール奪取やボール捌きに巧さを感じさせた。
7兵藤慎剛 5.5 常に守備のバランスに気を使い、攻撃に絡むシーンが少なかった。
29天野純 5.5 良いボールの受け方はするが、そこから局面を打開できず。
→MF18遠藤渓太(63分) 6 テンポのいいドリブルと動き出しでチャンスに絡む。左SBでの起用は酷。
11齋藤学 7 ドリブルのキレが抜群で、相手には止める術がなかった。
FW
16伊藤翔 6.5 前線で体を張り続け、こぼれ球も逃さず反応して1ゴール。
9カイケ 5.5 引いてボールを引き出しテンポを作ったが、決定的な仕事は出来ず。
→FW17富樫敬真(76分) 5.5 ほとんどボールが回ってこず、プレー機会自体が限られていた。
監督
エリク・モンバエルツ 5 5バックへの変更が、かえって守備バランスを崩す結果に。

<主審>
佐藤隆治

[明治安田生命J1 2nd第10節終了時 記録]
<対戦結果>

福岡2-3磐田
甲府2-2大宮
名古屋1-1FC東京
湘南1-2G大阪
仙台0-2広島
川崎F2-5
横浜FM2-2鹿島
神戸2-1浦和
鳥栖1-0新潟

<年間順位> 
順位チーム試合勝点得点失点得失
1川崎フロンターレ2760552728
2浦和レッズ2755452520
3鹿島アントラーズ2753462521
4サンフレッチェ広島2746503020
5ガンバ大阪274437289
6柏レイソル274341383
7大宮アルディージャ274028280
8横浜F・マリノス273938299
9ヴィッセル神戸273940355
10サガン鳥栖273825241
11FC東京27362732-5
12ベガルタ仙台27363140-9
13ジュビロ磐田27313139-8
14アルビレックス新潟27272836-8
15ヴァンフォーレ甲府27272847-19
16名古屋グランパス27202747-20
17湘南ベルマーレ27192447-23
18アビスパ福岡27162044-24

<2ndステージ順位>
順位チーム試合勝点得点失点得失
1川崎フロンターレ1022221210
2浦和レッズ102219910
3サガン鳥栖10211596
4ガンバ大阪10201587
5ヴィッセル神戸101917107
6柏レイソル101921174
7横浜F・マリノス101717107
8サンフレッチェ広島101718126
9鹿島アントラーズ101417152
10大宮アルディージャ101411101
11FC東京10131114-3
12ベガルタ仙台10131115-4
13ヴァンフォーレ甲府10121016-6
14アルビレックス新潟109911-2
15ジュビロ磐田1081016-6
16アビスパ福岡105919-10
17湘南ベルマーレ103620-14
18名古屋グランパス103318-15

<CS暫定トーナメント表>
championship_topYagura_p1

<ゴールランキング>
順位選手名チームゴール
1ピーター・ウタカ広島17
2大久保嘉人川崎F14
3クリスティアーノ13
小林悠川崎F
レアンドロ神戸
6豊田陽平鳥栖11
7興梠慎三浦和10
ディエゴ・オリヴェイラ
ジェイ磐田
渡邉千真神戸










style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ