タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ:プレビュー > ACL


 上海申花戦では攻め立てたものの、あと一押しが足りず結果的にホームでの初戦で勝点2を失う結果となってしまった鹿島。失った勝点分を巻き返すためにも、今節はアウェイながら勝利が求められる一戦だ。

 水原三星は昨季リーグ戦で3位。プレーオフを勝ち抜いてこのACLに出場してきている。鹿島とACLのグループステージで同組になるのは2011年以来3度目のことで、これまでの2回のアウェイ戦で鹿島は水原三星から勝ったことがない。

 水原三星は前節のシドニーFC戦に2-0で勝利している。その時に光っていたのは左サイドからの攻撃だ。左WBには高い左足のキック精度を持つ元清水のイ・キジェ、左のシャドーには主将で韓国代表のヨム・ギフンが控えている。彼の高さと正確な左足からのクロスは日本代表をも多いに苦しめているだけに注意が必要だろう。そして、前線にはKリーグの外国人最多得点記録、3年連続で得点王を獲得したこともあるデヤン・ダムヤノビッチがFCソウルから加入。シドニーFC戦は彼の強烈なミドルとPKで奪ったゴールで勝利している。ダムヤノビッチのフィジカル、そして正確なシュートを封じなければ鹿島に勝利はないだろう。

 鹿島としてはアウェイということもあり、やはり展開的には後手に回る時間は決して少なくないだろう。それでも耐えきれるだけの守備力は有しているだけに、訪れたチャンスをいかに仕留めるかが勝利へのカギとなってきそうだ。上海申花戦では25本ものシュートを放ったが、枠内に飛んだのはわずか5本だっただけに、相手のプレッシャーをかいくぐって、よりゴールが入りやすい形でシュートが打てるような状況作りも必要になってくるだろう。好調な鈴木とエースの金崎が2トップを組むことが予想されるだけに、彼らをターゲットにしたクロスの精度も重要だ。

 グループステージ突破のためには勝ちが必要な一戦になる。我慢強く戦い、チャンスをモノにしたい。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ グループH 第2節
水原三星ブルーウィングス水原三星ブルーウィングス
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
2月21日(水) 19:00キックオフ
※日本時間
水原ワールドカップスタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(日テレNEWS24) 放送予定(18:45~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(2位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
32安西幸輝

5植田直通
3昌子源
16山本脩斗

MF

4レオ・シルバ
20三竿健斗
25遠藤康
30安部裕葵
FW

10金崎夢生
9鈴木優磨

SUB
GK21曽ヶ端準
DF39犬飼智也
MF6永木亮太
MF8土居聖真
MF40小笠原満男
FW7ペドロ・ジュニオール
FW14金森健志
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF西大伍(右膝内側側副靭帯断裂で欠場濃厚)
MFレアンドロ(左膝蓋靱帯損傷で欠場濃厚)

上海申花戦から3人変更予想。GKにクォン・スンテが入り、左SBは山本、FWには上海申花戦で出番のなかった金崎が入る。2列目は金森起用の可能性も。内田はこの遠征に帯同していない。

<水原三星>
(1位)は累積警告
GK
21ノ・ドンゴン
DF
16イ・ジョンソン
5チョ・ソンジン
20クァク・クァンソン
MF
77チョ・ジフン
25チョ・サンクェン
12クリストヴァム
23イ・キジェ
7ワグイニーニョ
26ヨム・ギフン

FW

10デヤン・ダムヤノビッチ
SUB
GK31キム・ソンウ
DF15ク・ジャリョン
MF8チョ・ウォニ
MF11イム・サンヒョブ
MF13パク・ヒョンジン
MF17キム・チョンウ
FW99チョン・セジン
監督
ソ・ジョンウォン


欠場予想選手
なし

2-0で勝利した前節のシドニーFC戦と同じスタメン予想。布陣は3-4-2-1で、左WBは元清水のイ・キジェ、左のシャドーに韓国代表のヨム・ギフン、前線にはFCソウルから加入したデヤン・ダムヤノビッチが入る。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ




LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 再びアジアの大海原へと船を漕ぎ出す時が来た。昨季はラウンド16で敗れ、またしても悲願であるアジア制覇は叶わなかった鹿島。今季こそはその目標を達成すべく戦っていくその初戦は、ホームに上海申花を迎え撃つ。

  今節対戦する上海申花は、昨季はリーグ戦こそ監督交代などもあって11位に低迷したが、カップ戦で上海上港とのダービーマッチを制して優勝。今大会への出場権を掴み取った。今オフは元アルゼンチン代表のカルロス・テベスこそチームを去ったものの、それ以外の主力選手たちはほとんどが残留。鹿島と同じく、この試合が今季の公式戦初戦となる。

 上海申花の武器はシンプルに前線のタレントを活かしたカウンターとサイド攻撃にある。前線はベテランの域に達したものの、ワールドクラスのスピードを持つ元ナイジェリア代表のマルティンスが君臨し、中盤にはテクニックと高さを併せ持つコロンビア代表のモレノ、さらにボランチにはインテルでもプレーしたグアリンを擁しており、彼のシュートレンジの広いミドルシュートにも注意が必要だ。

 その一方で守備はルーズな部分がある。優勝した上海上港とのカップ戦でもボールホルダーへの寄せが甘く、そこから何度もピンチを招かれていただけに、鹿島としては狙い目にしたいところだ。あまり前線から積極的にプレスをかけてくるチームでもなさそうなことも、ビルドアップが依然として発展途上の鹿島にとってはプラスに働きそうな要因の一つだ。

 鹿島が気をつけたいのは中途半端なボールの失い方を避けることだ。Jリーグでは個々の力でカバーできる局面も、アジアの舞台ではそれを見逃してはくれない。特に相手の特徴を把握できるまでは、リスクを避けたプレーも必要になってくるだろう。ただ、相手のCBで出場が予想される選手はどの選手も180cmを超えた長身揃いなだけに、単純なクロスでは簡単に跳ね返されてしまうだろう。相手の寄せの甘さを突き、いかに中央から縦パスを入れていけるか。その辺りもカギになってくるだろう。

 昨季のACLではホーム全勝だったことがGS突破に大きく繋がった。この先に待っている連戦を考えれば、シーズン序盤とはいえここで勝点を積み重ねていきたいところ。勝点3はマストだ。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ グループH 第1節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ上海申花上海申花
2月14日(水) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(日テレNEWS24) 放送予定(18:45~)


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>
GK
1クォン・スンテ

DF
2内田篤人
5植田直通
3昌子源
32安西幸輝

MF

40小笠原満男
20三竿健斗
25遠藤康
8土居聖真
FW

7ペドロ・ジュニオール
10金崎夢生

SUB
GK21曽ヶ端準
DF16山本脩斗
DF39犬飼智也
MF4レオ・シルバ
MF13中村充孝
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF西大伍(右膝内側側副靭帯断裂で欠場濃厚)
MFレアンドロ(左膝蓋靱帯損傷で欠場濃厚)

読めないのはGKと左SB、レアンドロの欠場が決定的な2列目の人選だ。左SBは高さのある山本かプレシーズンで猛アピールした安西、2列目は土居、安部、中村のいずれかから選ばれるだろう。

<上海申花>
GK
27李帥
DF
16李運秋
6栗鵬
34畢津浩
23柏佳駿
MF
26秦昇
13グアリン
8張璐
10モレノ
28曹贇定
FW

17マルティンス
SUB
GK22邱盛炯
DF30陶金
DF32艾迪
MF36刘若钒
MF37孫世林
FW7毛剣卿
FW15朱建栄
監督
呉金貴


欠場予想選手
DFキム・キヒ(登録外で欠場)
MFオスカル・ロメロ(登録外で欠場)

布陣は4-2-3-1と4-4-2を併用している。軸となるのはボランチのグアリン、主将でアタッカーのモレノ、そして高い身体能力を持つマルティンスの助っ人トリオだろう。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ




LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 第1戦のアウェイでの試合では、ケガ人続出で苦しいメンバー構成を強いられながらも粘り強く戦った。終盤、セットプレーから失点し、0-1で敗れたものの第2戦に準々決勝進出への可能性は十分残ったと言えるだろう。ホームでの第2戦は2点差以上での勝利が突破への条件となる。

 まず、勝つためには最低でも2得点奪う必要がある。第1戦では守備から入ったこともあり、なかなかチャンスが増えなかったが、ホームで戦える今節はボールを握る時間が長くなるだろうし、その中でチャンスも増えてくるだろう。その中で大事なことは、必ずフィニッシュでプレーを終わらせること、プレーをやり切ることだ。中途半端な位置でミスからボールを奪われてしまうとそこからカウンターを招きかねない。負傷を抱える金崎はベンチスタートの可能性が高いが、それでも前線にはペドロ・ジュニオールや鈴木、レアンドロ、土居といったアタッカーが揃っている。彼らの打開力に期待したいところだ。

 また、2点以上奪って勝つというのは昨季のCSも同じ条件だったが、その時と違うのが今節はアウェイゴールを与えてはいけないということである。もし、鹿島が失点してしまうと勝つためには3得点以上が必要になるし、2失点してしまうと4得点以上が必要になってくる。得点が欲しい展開でどうしても前がかりになってくる時間帯もあることが予想されるだけに、守備陣には細心のリスク管理が求められることになるだろう。そうした意味では、植田と西がケガから復帰してきたことは大きなプラス材料になる。特に対人に滅法強い植田と昌子のコンビが戻ってきたことで、カウンターの対応への安心感は確実に増してくる。

 ここまでことごとくラウンド16の壁に跳ね返されてきた鹿島のACL。ただ、昨季の成功体験からも、チームにはその壁が乗り越えられない壁ではない、という自信ができてきている。アジアの頂点を、世界を目指すためには乗り越えなければならない壁だ。鹿島は全員でこの壁を乗り越えて、チームの歴史を塗り変える。

AFCチャンピオンズリーグ ラウンド16  第2戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズimage広州恒大

5月30日(火) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム



試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
日テレNEWS24 放送予定(18:45~)


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
6永木亮太
11レアンドロ
8土居聖真
FW
7ペドロ・ジュニオール
9鈴木優磨
SUB
GK21曽ヶ端準
DF15三竿雄斗
DF24伊東幸敏
MF13中村充孝
MF20三竿健斗
MF33金崎夢生
FW14金森健志
監督
石井正忠

欠場予想選手
DFブエノ(登録メンバー外で欠場)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MFレオ・シルバ(左膝半月板損傷で欠場濃厚)
MF遠藤康(左大腿二頭筋筋損傷で欠場濃厚)
MF金崎夢生(両足首痛で出場微妙)
FW安部裕葵(U-19日本代表で欠場)

右SBに西、CBに植田が復帰。2トップはペドロと鈴木のコンビになりそうで、金崎はベンチスタートの可能性が高い。また、ボランチに三竿健が入る可能性がある。

<広州恒大>は累積警告
GK
19曾誠
DF
12王上源
17劉健
6馮瀟霆
35李学鵬
MF
10鄭智
8パウリーニョ
16黄博文
11リカルド・グラル
20于漢超
FW

7アラン
SUB
GK32
劉殿座
DF21張成林
DF25鄒正
MF2廖力生
MF4徐新
MF27鄭龍
FW29郜林

監督
ルイス・フェリペ・スコラーリ

欠場予想選手
DF梅方(ケガで欠場濃厚)
DF張琳芃(累積警告で出場停止)

金曜日にリーグ戦を戦い、中3日で臨むがそこでは多くの主力を温存している。右SBの主力だった張琳芃は今節出場停止。第1戦から変わって、アランが1トップに入り、于漢超が左SHに入ると予想。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ