タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています。「DEAR Magazine」、「ぐるたび」にも寄稿。

カテゴリ: 2013シーズンを振り返る

8ジュニーニョ(36) C
成績:リーグ戦30試合出場3得点。ナビスコ杯5試合出場1得点。天皇杯3試合出場。スル銀杯1試合出場。PSM水戸戦1試合出場。

今季はシーズンを通して2列目で起用された。自慢のスピードやドリブル、独特のタイミングからのクロスで攻撃にアクセントを加え、結果2列目の左サイドで一番使われた選手となった。守備も軽さが目立つものの、川崎時代を考えれば信じられないほど改善された。ただ、相変わらずシュート精度が低く、今季もリーグ戦はわずか3得点に終わった。また、調子の波が激しく、悪いときには自慢の仕掛けがチームのブレーキになってしまっていた。2013シーズン限りで退団となったが、まだまだ戦える。新天地での活躍を期待したい。

9大迫勇也(23) A
成績:リーグ戦33試合出場19得点。ナビスコ杯7試合出場2得点。天皇杯1試合出場。スル銀杯1試合出場3得点。PSM水戸戦1試合出場1得点。ベトナム遠征1試合出場1得点。

文句なしでチーム唯一のA評価。チームの期待の星はチームに欠かせない大黒柱へと成長した。開幕から好調をキープし、チームをエースとしてけん引。結果を見れば、リーグ戦自己最多の19得点、さらに日本代表にも選出され、東アジアカップのオーストラリア戦と親善試合のオランダ戦ではゴールも挙げるなど世界の舞台でも結果を残した。昨季から花開き始めたシュートとキープ力に加え、今季は守備が成長。プレスからボールを奪い取り、攻撃につなげる姿が何度も見られた。ドイツへ移籍したが、海外でも結果を残し、W杯のピッチで躍動してほしい。

11ダヴィ(29) C
成績:リーグ戦26試合出場10得点。ナビスコ杯8試合出場5得点。天皇杯2試合出場1得点。PSM水戸戦1試合出場1得点。

J2得点王の看板を引っさげ、約2億円の移籍金で鹿島に加入。序盤はその期待に応え、自慢のフィジカルを活かしてゴールを積み上げていった。ただ、チームの守備戦術になじむことが出来ず、大迫に守備の負担がのしかかったため、大迫との共存が問題になっていった。7月にはケガで離脱。9月に復帰するが、1トップを採用したチームではベンチが定位置となってしまった。その後スタメンに復帰したが、10月の浦和戦で軽率なプレーから退場処分を受けると、それによって失くした信頼を取り戻すプレーは最後まで出来なかった。とはいえ、これはダヴィ1人の責任だけではなく、ダヴィの個性を活かしきれなかったチーム全体にも責任がある。2014シーズンは大迫が抜け、FWの軸として期待がかかる勝負のシーズンである。

18中川義貴(20) E
成績:天皇杯1試合出場。

ユース上がりの期待のFWはリーグ戦でベンチ入りするなど飛躍を期待させたが、その直後に足を骨折し離脱。その後、夏に復帰するといきなり天皇杯2回戦にプロ初スタメンで初出場。強引な突破など見せ場は作ったが、スタミナ切れを露呈し、前半で交代。そして、その試合後に再び骨折し、離脱。そのままシーズンを終えてしまい、またチームに無断でのSNS使用が発覚するなど、結果として不本意なシーズンになってしまった。今季はプロとしての人生を懸けたシーズンになるだろう。失った信頼はピッチの上で取り戻すしかない。

19豊川雄太(19) E
成績:公式戦出場なし

プロ1年目は公式戦出場は無かったが、ベンチ入りを何度も経験。積極的に仕掛けていく姿勢が監督の信頼を得た。夏には世代別代表にも招集され、世界の舞台を経験した。来季は公式戦出場を果たし、結果を残して、常にベンチ入りの18人の枠に入りたい。

36赤﨑秀平(22) E

成績:[鹿島]リーグ戦1試合出場。
     [筑波大]天皇杯2試合出場3得点。

4月に鹿島への加入内定が発表されると、同時に初の特別指定選手となった。鹿島ではリーグ第19節大宮戦に出場。試合展開もあって、あまり見せ場は作れなかった。一方、筑波大ではエースとしてチームをけん引。抜群の得点感覚とシュートセンスを活かし、チームを数多くの場面で救った。またユニバーシアードでは得点王も獲得。昨季の大学サッカーの中ではNO.1FWと言っていい存在だった。シーズン終盤は肩の手術のため、試合は欠場したが、鹿島では大迫の抜けた穴を埋める活躍が期待される。

30宮内龍汰(19) E
成績:公式戦出場なし

今季も公式戦出場はなし。練習では本来の2列目以外にボランチなどでも起用されているが、ポジション争いの激しい中盤でチャンスを掴むことは出来なかった。今後の補強次第ではレンタルで試合経験を積ませるのも一つの手だと思うのだが…

33川島大地(27) E
成績:公式戦出場なし

3年ぶりに鹿島に復帰したが、なかなかチャンスは来ず、シーズン中盤には膝を負傷。そのままシーズンを終え、ついに鹿島のユニフォームを着てピッチに立つことなく、鹿島からの退団が決まってしまった。その後、北九州に移籍が決定。福岡に移籍した森村の後釜として期待されているだけに、結果を残したい。

35野沢拓也(32) C
成績:リーグ戦23試合出場4得点。ナビスコ杯8試合出場。天皇杯2試合出場1得点。スル銀杯1試合出場。PSM水戸戦1試合出場。

2年ぶりに鹿島に復帰。2列目の軸として期待された。シーズン当初は空回りすることもあったが、持ち前の技術の高さと献身的な動きで攻撃陣を引っ張った。ところが夏場から急激にトーンダウン。武器のトラップでもミスが増え、試合から消えることが多くなった。特にリーグ第32節鳥栖戦後は監督から名指しで批判されるなど、当初の期待に応えたとは言い難いシーズンになってしまった。来季は周りとの連係を深め、以前の輝きを取り戻してほしい。

40小笠原満男(34) B
成績:リーグ戦33試合出場2得点。ナビスコ杯5試合出場。天皇杯3試合出場。スル銀杯1試合出場。PSM水戸戦1試合出場。

チームを引っ張る闘将はシーズン前半こそ、スタミナ切れやパスミスが目立ったが、夏場から徐々にコンディションを上げ、調子の上がらない柴崎に代わり、中盤をけん引した。特にゲームの流れを読み、潰す所と行かない所の判断は素晴らしく、退場者の出たリーグ第29節浦和戦やリーグ最終節広島戦ではそのバランスの良さが目立った。また2年連続で複数得点もマーク。いずれのゴールも見事だった。来季はミドルシュートの精度を上げ、パスミスを減らして、今季以上の働きを期待したい。

20柴崎岳(21) C
成績:リーグ戦34試合出場2得点。ナビスコ杯8試合出場。天皇杯2試合出場。スル銀杯1試合出場。PSM水戸戦1試合出場。ベトナム遠征1試合出場。

今季もシーズンを通してフル稼働。チームに欠かせない存在である。シーズン前半はコンディションの良さが窺え、パス・ドリブル・シュート全ての質が高く、またフィジカルの競り合いでもほとんど負けなかった。実際、東アジアカップでは日本代表に選出され、このまま代表に定着するかと思うほどの活躍だった。しかし、その東アジア杯を体調不良で辞退した後は、コンディションが急低下。プレーがワンパターンになり、フィジカルで競り負ける場面が目立ち、消える試合が多かった。課題はあまりにも縦を狙いすぎることか。とはいえ、持っているポテンシャルは世界レベル。現状に満足せずチームを引っ張るような気概を見せてほしい。

20遠藤康(25) B
成績:リーグ戦28試合出場7得点。ナビスコ杯7試合出場。天皇杯3試合出場2得点。スル銀杯1試合出場。PSM水戸戦1試合出場。ベトナム遠征1試合出場。

毎年確かな成長を見せるレフティー。シーズン前半こそ野沢やジュニーニョといったベテランにポジションを譲ったが、シーズン後半は2列目の軸と呼べるまでの選手になった。なんといっても武器はその左足。右サイドPA外は「ヤスゾーン」と呼ばれるほどその強烈なシュートに正確さがつき、怖さが増した。またキープ力が高いため、相手をけん制することが出来るのも大きい。課題はプレスの精度を上げることと波を少なくすることか。そしてそろそろ直接FKからのゴールが見たい。

27梅鉢貴秀(21) C
成績:リーグ戦10試合出場2得点。ナビスコ杯2試合出場。天皇杯2試合出場。スル銀杯1試合出場。ベトナム遠征1試合出場。

今季はプロ初ゴールを記録するなど着実に成長し、戦力として計算できる選手になった。昨季はセレーゾに見込まれ本職のボランチ以外にもSBやクローザーとして2列目で使われることもあった。魅力は尽きることのない運動量と1対1の強さ、そして意外性のある攻撃力である。逆に課題はビルドアップの精度が低いのと、無駄なファウルが多いことか。特にファウルはカードに直結してるだけに減らさないといけない。来季はベンチ入りに満足せず、自分の武器をアピールしてボランチのレギュラーを掴み取ってほしい。

28土居聖真(21) C
成績:リーグ戦15試合出場2得点。ナビスコ杯1試合出場。天皇杯2試合出場。スル銀杯1試合出場。ベトナム遠征1試合出場。

今季ブレイクした選手の一人。ジョルジーニョの下ではSBなどで使われることもあったが、昨季は4-2-3-1のトップ下という本来のポジションで起用され、このシステムが採用された時はレギュラーに固定されるまでになった。元々技術の高さやスピードは光っていたが、昨季目を引いたのはその運動量。大迫や他の2列目の選手を助けるように動き回り、「水を運ぶ人」として活躍した。課題は2トップの時の2列目でも同じようなプレーが見せられるかということと、さらに今のプレーから「違い」を見せられるかということ。ただの「巧い」だけの選手では終わってほしくない。

↑このページのトップヘ