タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ: マッチレポート


明治安田生命J1リーグ 第25節

鹿島アントラーズ 1大宮アルディージャ
(得点)
33分 [鹿島]金崎夢生(←金森健志)

両チームのスタメンは以下の通り。鹿島は右SBに伊東、ボランチにレオ・シルバ、2列目に土居、そしてトップには金森が起用された。一方の大宮は、CBに山越が入った以外は前節と同じスタメンだ。
myboard

大宮の狙いと鹿島の対応

 監督交代後の大宮はポゼッションに特徴を持つチームだ。ビルドアップ時はCBに加えて左SBの和田かアンカーのカウエ、時にGKの加藤順の3枚で鹿島の2トップに対して数的有利を作ってボールを前進させてくる。さらに、そこにインサイドハーフの2枚や1トップの江坂が降りてボールを受けて、サイドに展開。そこからのクロスでゴールが大宮の狙いだった。立ち上がりに訪れた奥井のクロスに江坂がヘディングで合わせたシーンは、まさにその狙っていた形が表現されていた。

 立ち上がり、この大宮の攻撃を中々捕まえられなかった鹿島は、ロングボールを相手SBの裏に蹴り込んでそこに2トップを走らせるやり方で陣地の回復を図っていった。大宮の両CBがアジリティに難を抱えているのもあったし、何よりこの日起用された金森を活かす意味でもこの方策は大きかった。決定的なシーンやフィニッシュまでには至らないものの、この繰り返しによってピッチには確実に変化が生まれていった。

15分過ぎからの変化

 鹿島がロングボールを蹴り込んでいくことによって、大宮のラインはそれを警戒してか自然と下がっていった。これによって、鹿島はプレッシャーの少なくなった最終ラインから中盤でボールを握ることに成功。試合を落ち着かせながらも徐々に主導権も握っていった。また、守備も降りていったインサイドハーフに対してボランチがマンマーク気味に付いていくことで対応。これによって、相手のプレーを制限させ、また万が一そこで外されてもCBともう片方のボランチの3枚の高い個々の守備力で守り切れるという判断だったのだろう。

 鹿島の先制点はこの流れの中で生まれた。もっとも、前半の鹿島は2列目の組み合わせや大宮の守備ブロックもあって、どうしても外外からのクロスに頼る攻撃が多かったのだが、先制点のシーンは金崎が中央付近でボールを持ったところから始まった。ドリブルする金崎に合わせて、金森が裏へと走り込んで相手のDFラインを押し下げる。そして、サイドに流れた金森へ金崎がパス。最後はサイドで持ち込んだ金森のクロスに走り込んだ金崎が合わせて鹿島が先制する。この押し込んだ時間帯での先制点は、結果的には非常に大きかった。



次の手

後半になると両チームが動く。鹿島は左足の違和感を訴えた遠藤に代わって安部。一方、大宮は前半の終わり頃から布陣を4-2-2-2に変えていた。
myboard

だが、ここで大宮にアクシデント。マルセロ・トスカーノが負傷交代となり、大前がピッチに入る。ここで大宮は大前を活かすために布陣を4-2-3-1に再度変更した。
myboard

 ただ、布陣が変わったとはいえ、大宮の後半からの狙いは変わらない。前半、ある程度ボールが握れて、しかも前線のアタッカーが鹿島守備陣に対して戦えていることに手ごたえを感じた大宮は、前線の枚数を明確な形で増やし、クロスに飛び込める人数を増やしたのだった。

 一方、鹿島はアクシデントとはいえ入った安部が変化をもたらした。前述したようにどうしても前半は外外の攻撃が多くなっていた鹿島だが、中央でも受けて前を向いて仕掛けられる安部が入ったことで、中央からの攻撃も増え、前半よりチャンスの数は増えていったのである。

マンマークの功罪

大宮は58分に動く。カウエに代えて清水を投入。清水が左SHに入り、茨田がボランチに下がった。
myboard

 これは先程のターゲット役を増やす意図に沿って行われた交代であるが、後半の半ばからはボールポゼッションを完全に大宮が掌握していった。これは鹿島の運動量が落ち、まず前線で相手のパスコースが制限できずに、また下がることでゴールまでの距離も遠くなって、カウンターが成立しにくくなってしまったこと。また、マンツーマンで守っていた鹿島だったが、前に出ていくことが出来ずに大宮のボランチにチェックに行けなくなってしまったこと。この二つが大きく響き、終盤鹿島は守勢の時間が続き、苦しい戦いを強いられるようになってしまったのだった。

 だが、ここで鹿島は崩れなかった。疲労もあった中だったがブロックは崩さず、相手のクロスもCBを中心にことごとく跳ね返していった。

この後、両チーム動いて、最終的には以下のような布陣になった。
myboard
※[訂正]鹿島の左SHは安部→永木

 終盤、大宮は岩上を投入してロングボールが増えていくが鹿島も落ち着いて対応。逆にカウンターからいくつかチャンスを作り出すも、決め切ることが出来ず1-0のまま試合は進んでいく。ただ、最後はロングスローで放り込んできた大宮の攻撃を最後まで跳ね返し続けてゲームセット。鹿島がウノゼロでリーグ戦3連勝を飾った。

おわりに

 カウンターから2点目を入れて仕留めることが出来ず、また運動量が落ちた中で次の手がやや後手に回ってしまったのは反省材料だろう。ただ、結果として無失点で終わらせたこと、何よりチームとしてゲームプランを統一した意思を持って完遂できたことは大きく評価できるポイントだろう。また、抜擢された金森が結果を残し、ここに来てポジション争いを加速させてくれたのも、チームにとってはプラス材料なのは間違いない。

 次節はアウェイで新潟戦。しっかり勝って、下からの追い上げを許さないようにしたいところだ。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">




明治安田生命J1リーグ 第23節

鹿島アントラーズ 2清水エスパルス
(得点)
17分 [鹿島]レアンドロ(←金崎夢生)
87分 [鹿島]金崎夢生(←三竿健斗)

スタート時の布陣は以下の通りだ。鹿島はボランチに小笠原、FWに土居が入った。一方、清水は古巣対戦となる増田が加入後初スタメン、またFWには金子に代わって北川が入っている。
myboard

鹿島の清水対策

 試合は序盤から引いて守る清水に対してボールを持ちながら攻める鹿島という構図になる。清水は4-4-2のブロックを作って、ボールを奪ったら前線の長谷川かミッチェル・デュークに当てて、そこからの速攻やサイド攻撃が狙いだった。それに対して鹿島は、試合が始まってしばらく経つとボランチの三竿健がDFラインを降りて3バックを形成してビルドアップをスタート。清水の1枚目の守備のラインの2枚に対して数的優位を作ろうと試みた。

myboard

 この試みがピタリとハマる。清水の1列目の守備は連動性に欠け、鹿島は簡単にボールを前進させることに成功する。さらに、鹿島の2列目が中央寄りに位置取っているのを、清水のボランチは警戒しマンツーマン気味についてくるのだが、それに対して周りの選手がボールと味方の位置に合わせてのスライドをしないため、鹿島は空いたスペースに選手を走り込ませ、そこからチャンスを作り出していく。



 先制点はまさにその形だ。レアンドロが下りてきて増田を引き出し、小笠原に預ける。小笠原は増田がいたスペースに走りこんだ金崎に預ける。この時、金崎には二見がついてきているが、そこで空いた中央のスペースをカヌはケアできていない。そこにトップスピードで走りこむレアンドロに対し、ワンタッチで落とす金崎。この時点で勝負は決まっていた。ボールを受けたレアンドロは完全に抜け出し、フィニッシュ。鹿島が理想的な崩しから先制に成功する。

清水の修正

 先制した後も鹿島はボールポゼッションで完全に優位に立つ。それに対して清水は立て続けの失点は避けたいために、2列目の枝村が最終ラインの位置まで戻り5バック、時にはデュークも下がって6バックのような形を取る。スライドの遅れを人海戦術で補うこの形によって、鹿島は以降の時間、ポゼッションは支配しながらも、攻めあぐねる時間帯になってくる。

 後半に入ると、清水はさらに修正をかけた。攻撃のスイッチを入れる縦パスを供給する鹿島のボランチに対して、2トップの一角である北川がプレスバックしてケアするようになる。これによって、鹿島はボランチがプレッシャーを受けながらのプレーを強いられ、今までのように簡単に縦パスを入れることが出来なくなっていった。

 とはいえ、鹿島にとってこの状況は特に慌てる必要はなかった。相手の前線のパワーには警戒が必要だが、ボールはこちらが握っていることに変わりはないし、何よりリードしている。そう考えた鹿島は試合のテンポを落としながら、リスクを負わずに確実に試合を進めていった。

次の1点を取るために

64分、清水が動く。増田に代わり村田を投入。サイドから突破力のある村田を入れ、状況の打開を図る。これに対して鹿島は68分に鈴木を投入。中央から崩せないのなら、サイドから崩そうということで、ターゲットになれる鈴木を前線に配置した。
myboard

とはいえ、依然として鹿島ペースは変わらず、77分に清水は次の手を打つ。移籍後デビュー戦となる清水を左サイドに入れ、デュークと長谷川を前線に並べ、完全にサイドを崩してのクロス中心の攻撃にシフトする。
myboard

これによって清水が徐々にボールポゼッションを握り、鹿島陣内でプレーする時間が増えていく。残り10分を切り、鹿島はこのまま試合を終わらせることを意識して伊東を投入。サイド攻撃を意識させつつ、相手のサイド攻撃を封じにかかった。
myboard

最後の交代は、清水が枝村→金子で金子はそのままボランチに、鹿島は土居→安部というカードを切る。
myboard

 そして、終盤鹿島にダメ押しとなる追加点が生まれる。鈴木のプレスバックから相手のミスを誘い、三竿健が奪ったところからカウンターがスタート。持ち上がった三竿健からボールを受けた金崎が、最後はやや強引な形ながらゴールに流し込み、これで試合は決まった。



おわりに

 結局、2-0で鹿島が完封勝利。ガッチリ首位をキープし、他会場の結果により2位以下との勝点差は4に開いた。

 この試合では、今の鹿島が目指す攻撃の形の理想形を示すような試合だった。もちろん清水のスタイルが今の鹿島にとって与しやすいというのは前提としてあったが、相手を見ながら自分たちがどう動くか判断するという、当たり前ではあるが大事なことが出来たからこそ今回の結果になったのは間違いない。

 次節、鹿島はアウェイで2位C大阪との直接対決を迎える。優勝争いにおいて、さらに首位の座を盤石に出来るかどうか、重要な試合となる。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">




練習試合

鹿島アントラーズ 00 順天堂大学
※45分×2本

鹿島 1本目のメンバー
myboard

 鹿島と順天堂大、お互いに4-4-2のシステムのため、マッチアップ的にはミラーゲームとなったこの試合、立ち上がりからペースを握ったのは順天堂大の方だった。ユニバーシアードで主力の数人を欠くものの、持ち味のポゼッションとプレッシングからのショートカウンターを出していった順天堂大に対し、鹿島は公式戦と同じくプレッシングがハマらない現状がこの試合でも露呈された。

 鹿島は守備の際、4-4-2のブロックを作るのだが、まず1列目の金森と鈴木が相手CBのパスコースを制限できないところから全てが始まっている。相手はこちらに対して基本的に数的同数、時々GKをビルドアップに参加させるぐらいだったのだが、この日は頻繁に中央への縦パスを入れられるシーンが目立った。SHも中に絞りきれておらず、ボランチが引っ張り出されて、そこで空いたスペースを使われるケースが、何度もピッチの上では起こっていた。

 だが、鹿島にとって幸いだったのはボランチにレオ・シルバがいたことだ。元々リーグでもトップクラスの彼は、大学生相手に無双状態。ことごとく中盤でボールを奪っていき、前線にボールを繋げていた。後程も書くが、彼のいない後半になるとボール奪取の場所が前半より明らかに低くなったことがその存在を物語っていた。

 一方、攻撃に目を移すとここでも光っていたのはレオ・シルバ。順天堂大があまり前から行くチームではない分、DFラインでは比較的余裕を持ってボールを持つことが出来ていたが、そこから縦パスを入れるとコンパクトな布陣を敷く順天堂大が人数をかけて奪いにきて、そこで引っかかりチャンスに繋げられないことが多かった。2列目の遠藤や安部が降りてリズムを作ることも多かったが、それでもDFラインから一番ボールを引き出して繋ぎ、また自ら奪ったボールをカウンターに繋げていたのは紛れもなく彼だった。

 ここで問題なのはレオ・シルバが担うタスク、プレーエリアがあまりにも多すぎる、広すぎることだ。実際、この現象は彼が出場した公式戦でも起こっており、レオ・シルバがケアしきれないところからピンチになっており、また彼のスタミナの消費を余計に早め、さらに彼がいない時に彼の代わりとなる人材がいないという弊害を引き起こしている。もっとも、彼自身の意識の問題もあるし、リーグ戦では三竿健の成長によって解消しつつはあるが、それでもこの試合レオ・シルバの相方だった久保田が局面に顔を出さず、プレーに関わる時間が短かったのは残念だった。

 試合は、ポゼッションの順天堂大、カウンターの鹿島の構図で進んでいく。鹿島はシンプルに裏のスペースに蹴り込み、前線の2人を走らせる単調な攻撃が目立っていたが、時間の経過と共に中央で繋いで崩そうとする攻撃も徐々に増えていった。ただ、順天堂大のコンパクトな守備に苦しんだのもあり、起点は基本的にサイドなことが多く、決定機もあまり作れないまま1本目を終えた。

2本目に入る前に鹿島は3人交代
myboard

 後半に入ると前線でタメを作れる鈴木と中盤で絶大な存在感を放っていたレオ・シルバの不在がモロに響くようになる。ボールを奪う位置が下がり、それに合わせて全体のラインも下がり、なかなか押し上げられない状況が続く。それでも、2本目からビルドアップに手を入れ、数的有利を作りながらボールを前進させられるようになったのと、交代で入った選手の積極的な仕掛けにより、チャンスを作り出せるようになっていった。

 ただ、ここでアクシデント。2本目から入った小田が脚を痛めて交代を余儀なくされる。また、遠藤らも下がり、最終的には以下のような布陣になった。
myboard

 2本目の中盤から終盤にかけては完全に順天堂大のペースで、鹿島は単調な攻撃しか繰り出せなくなっていった。ユース選手が3人入ったというエクスキューズもあるが、それよりも大きかったのがボランチから後ろの選手のほとんどが前半から回されていたのもあって、ガス欠になってしまったこと。ピッチから声が減り、動き出し・動き直しの回数も減っていった。だが、順天堂大の精度の低さにも助けられ、失点することなく試合終了。スコアレスドローに終わった。

 引き分けは妥当な結果とも言えるし、お互いに決められるチャンスはあった試合でもあった。それでも、鹿島にとってはトップチームが公式戦で露呈しているのと同じような課題がこの試合でも起こり、相手が今の鹿島にとって相性的に組みづらい相手であったこと、個人戦術などの面で劣ることが否めないサブ組の選手が中心だったこともあって、余計に目立つ内容となってしまったのは今後のチームビルディングにおいて見過ごせない問題だろう。

 ただ、試合に絡んでいる面々はもちろん、久々の実戦となったクォン・スンテがまずまずのプレーを見せていたこと、なかなか出番が訪れない三竿雄がフィットの兆しを見せ戦力として計算できそうなのは、今後の連戦や代表組不在、出場停止者やケガ人が出たときを考えれば明るい材料と考えていいのではないだろうか。

おまけに写真を少し載せておきます

試合前の円陣
IMG_20170821_195745_438

調整を終え、試合を観戦する清水戦スタメン組の選手たち
IMG_20170821_195846_094
IMG_20170821_195911_689

久々の実戦となったクォン・スンテ
IMG_20170821_200006_297

積極的に動いてボールを引き出した遠藤康
IMG_20170821_195805_871

苦戦の続く金森健志
IMG_20170821_195946_761

前線で鈴木優磨のタメは欠かせない
IMG_20170821_195825_167

すっかりジョーカーとしての地位を確立した安部裕葵
IMG_20170821_195930_247

別格の存在感を見せたレオ・シルバ
IMG_20170821_200028_970

ここにきて復調の兆しを見せる三竿雄斗。巻き返しなるか
IMG_20170821_200046_831


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">



↑このページのトップヘ