タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ: マッチレポート


明治安田生命J1リーグ 第2節
鹿島アントラーズ 1-0 ガンバ大阪
(得点)
78分 [鹿島]金崎夢生

myboard

 終始、試合の流れを握っていたのは鹿島の方だった。たしかに、ボール支配率ではG大阪に劣り、特に前半はどっちつかずの展開だったかもしれない。それでも、鹿島は余裕を持って、自分たちの手中で試合を進められていた。

 その大きな要因となったのはG大阪のビルドアップを制限できたことにあるだろう。そこで絶大な存在感を発揮していたのは、今節スタメンに入った小笠原の存在だ。小笠原はこの試合、普段のボランチよりも高い位置を取り、CBの前のスペースの穴埋めを三竿健に任せて、自分はフリーマン的な存在となっていた。その小笠原はG大阪が最終ラインでボールを持つと、ボランチの片方をケア。CB、あるいはCB+ボランチ1枚からの中央への縦パスを封じることで、相手をサイドへと追い出していた。また、この日の鹿島は個々の守備の役割がしっかりと整理されており、各々がその役割を確実にこなすことで、組織としての守備を機能させていた。各々の頑張りはもちろんだが、ここにも小笠原起用の意味があったのかもしれない。こうしたことで、G大阪の攻撃は倉田とファン・ウィジョを使ったサイドからのカウンターに限られ、シュートを打たれても誰かが必ず寄せており、フリーでシュートを打たれる場面はほとんどなかった。

 後半になると、鹿島が完全に押し込んでいく。G大阪のSBが高い位置取りなため、その空いたスペースにFWが走り込んでCBをサイドに誘い出し、そこからチャンスを作り出していった。しかし、東口の再三の好守もあって中々ゴールに結びつかない。すると、G大阪の中村にポスト直撃のシュートを打たれ、そこからG大阪に流れが傾きかけてしまう。シュートを打った中村のプレーは鹿島のSH、ボランチ、SB、CBの四角形のちょうど中間点でボールを引き出すことで、鹿島のDFに誰が奪いに行くのか、という迷いを生じさせることで、フリーでボールを受けそこからCBを引きずり出すことで、自らのシュートチャンスを作り出した素晴らしいプレーだった。

 それでもカウンターから再び流れを取り戻した鹿島に、ついにその瞬間が訪れる。78分、右サイドからのスローインを受けた鈴木が見事なターンでファビオを置き去りにすると、そのクロスにニアに飛び込んだ金崎がゴールネットを揺らし、鹿島が先制に成功する。この試合、もう一つ大きかったのは三浦とファビオというG大阪のCB陣に対して、鹿島の金崎、鈴木、そしてペドロ・ジュニオールが多くの場面で質的優位を作れていたことにあった。ここで押し込めることによって、ボールを奪われる位置が鹿島のゴールから遠ざかり、それが継続した攻撃にも繋げられていたのだ。

 その後は、ある程度ブロックラインを下げながらもしっかりと守り切ってタイムアップ。鹿島が今季リーグ戦初勝利を挙げた。ケガ人が増えてしまったこと、決定機に見合わない得点数など気がかりな部分はあるが、90分通して自分たちのペースで試合を進められたことは大きな収穫と呼べる試合だった。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


明治安田生命J1リーグ 第1節
清水エスパルス 0-0 
鹿島アントラーズ

myboard

 試合の入りで主導権を握ったのは清水だった。清水はDFラインから多少余裕があっても、躊躇なくクリスランをターゲットにしてロングボールを放り込んでくる。これで鹿島は最終ラインを下げられ、間延びから前線が孤立するようになってしまった。もう少しロングボールの出しどころにプレッシャーがかかれば良かったものの、2トップは開いてボールを受けるCBのケアに手一杯で、2列目斗のプレスの連動も悪く、ボランチもまたロングボールのセカンドボール回収で低い位置を取らざるを得なかった。

 それでも、CBを中心に辛抱強く跳ね返し続けると、徐々に鹿島がボールを握りだす。この日の鹿島は清水の2トップがCBに対してケアしてくる中で、三竿健か内田が下がって3枚で数的優位を作ることで対応。ここからは確実にボールを前進できていたのだが、2列目のところから中々前に運ぶことが出来なかった。理由としては前半は「外外」の攻撃にこだわってしまっていたことが原因の一つだろう。鹿島のSBがボールを持った時、SHはSBと一直線上かそれよりも外側に開いてボールを受けることが多かった。たしかに相手の守備陣形を広げるという意味では大事なことではあるが、必然的にゴールからは遠ざかってしまう。遠藤も安部も独力でサイドを打開できるプレーヤーではないのと、清水の2列目のプレスバックが素晴らしかったのも重なって、鹿島はここから手詰まりになってしまっていた。

 すると、40分にはゴール前に放り込まれたクロスに対する競り合いでレオ・シルバが石毛を倒してしまいPKを献上してしまう。この試合、レオ・シルバはパスミスこそあったものの、セカンドボールの回収率は良かっただけに、悪くはないパフォーマンスだったのだが、こうした失点に直結するプレーはどうしても印象が悪くならざるを得ないだろう。ただ、この大ピンチはクォン・スンテがスーパーセーブで防ぎ、前半をスコアレスで折り返した。

 後半から、鹿島は特に遠藤が中に絞ってプレーするようになり、徐々に攻撃に幅が生まれだし、相手を押し込んでいく。しかし、それでも中々大きなチャンスに結びつかなかったのは、清水のDFラインが全員180cmを超えており、クロスを跳ね返す力に長けていたこと、そして鹿島のFWを崩しの段階で参加させすぎて、フィニッシュに注力させられなかったことが大きかったように思える。

 4-4-2のチームがサイドから崩していく場合、基本的にはSB、ボランチ、SH、FWの4人でひし形を作ってボールを前進させていくことが定石となる。この方がサイドで数的優位が作りやすいし、そうなれば自然とボールホルダーのパスコースも増えていくことになる。ただ、この試合での鹿島は主にFWとSH、SBの3枚で崩していくシーンが多く、それが相手のPA付近まで続いていたため、クロスを上げても中にいるのはFW1枚と逆サイドのSHの2枚のみというシーンが多かった。では、本来崩しに参加して欲しいボランチは何をしていたかというと、レオ・シルバはクロスのセカンドボールを拾うためか中央に位置取ることが多く、三竿健はカウンターに備えてCBの前にいることが多かった。どちらもチームの中で決め事もあるため、このポジションニングは決して間違いではなく、むしろ正しい選択だろう。ただ、相手に高さがあり、こちらは山本投入までターゲット役で高さのある選手はFW以外にいなかった、また内田の加入によって彼がバランスを取って残ることも考えれば、後ろはCB+1枚で鹿島の選手たちなら十分守り切れるレベルはある。こうしたことを考えればやり方を変えるのも一つの手だったのではないだろうか。

 攻勢が強まったのは、終盤に土居が入ってからだった。彼は常に位置取りを相手のボランチの脇あたりに設定し、SBの上がりを引き出していた。ただ、それでもこの日の鹿島はクロスの精度をことごとく欠いたことも響いて、最後までゴールが遠く、そのままタイムアップ。今季はスコアレスドローでスタート、という形になった。

 勝ち切らなければいけない試合だったのは間違いないだろう。率直に言えば、もったいない引き分けと言わざるを得ない。ただ、それでも昨季からの変化は確実に感じられた。ボールの前進のさせ方には柔軟性が出てきたし、大岩監督も試合の中で打てる手は打っていた。出場したメンバーでパフォーマンスの良くなかった面々もこれから上がっていく可能性はあるし、まだ出番に恵まれていない面々が新たな化学反応を起こす可能性もある。シーズンはまだ始まったばかりだ。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


練習試合

鹿島アントラーズ 1-1 徳島ヴォルティス
※45分×2本

(得点)
27分 [徳島]山﨑凌吾
34分 [鹿島]田中稔也

1本目のメンバー
myboard

 直前の高知キャンプではインフルエンザの流行などもあって、なかなかコンディションが整わずに満足いくトレーニングが積めなかったという徳島だが、この練習試合に向けてしっかりと準備してきたようで、布陣は鹿島と同じく4-2-2-2を用意。序盤からボランチの片方どちらかを最終ラインに下げることによって、鹿島の2トップに対して数的優位の状況を作り出し、そこからボールを前進させていくことで、ポゼッションの主導権を掴み、鹿島を押し込んでいった。

 対する鹿島はこの状況に対して、最初は2トップの頑張りに期待するが上手くいかずにボールを握られ続けると、これを改善すべく次第に2列目、ボランチの4人の中の誰かが前線の位置までポジションを上げて、相手の数的優位を解消しようとしだした。しかし、これはあくまで選手個々の判断によるものであり、決して統一性のある策とは言えずになかなか機能せず、結局徳島がポゼッションの主導権を掴めなくなったのは、ボランチが高い位置を取って前線の選手の守備のフォローに回るようになった30分過ぎからのことだった。

 一方、攻撃での鹿島は今キャンプで集中的に取り組んでいるというポゼッションからの統一性ある崩しを狙い、前半の終盤まではそれにあえて固執するかのような攻めの形が続いた。サイドチェンジを除いたロングボール、GKのパントキックなどが普段よりかなり少なかったのもそれゆえのことだろう。ただ、これも上手く機能したとは言えなかった。原因は、そもそも徳島が鹿島が繋ぎでの崩しにこだわっていることを見抜き、前線から積極的にプレスをかけてきたこと、そしてパスミスが多かったのと、ボランチのビルドアップへのフォローが効果的でなかったのが大きいだろう。先程の守備の問題と合わせて、攻撃においても後手に回った鹿島は、ゲームを支配される時間が長く、チャンスに繋がるのは金崎らの個の力で相手を上回って打開した場面がほとんどだった。

 試合は徳島が優勢の27分に試合が動く。それまで前線での身体を張ったプレーで起点となっていた山﨑が楔を受けるとそのままシュートまで持ち込んで、先制。しかし、鹿島も34分に試合を振り出しに戻す。右サイドの内田篤のクロスにドンピシャで合わせたのは田中。内田篤のクロスの精度が素晴らしかったのはもちろんだが、ニアで金崎が潰れ、ファーで金森がマークを引き付けたことで、その空いたスペースに田中が飛び込んでフリーで合わせられたことが大きかった。この両チーム1ゴールずつで1本目は終了となった。

2本目の鹿島のメンバー
myboard

 2本目はお互いにメンバーを大きく入れ替えて臨んだ。すると、徳島のプレーの強度が下がり、鹿島が比較的自由にボールを持てるようになり、後半は鹿島の攻勢が続くようになった。ボールを奪う位置も前半より高くなりカウンターの状況になりやすいシーンも多くなったが、そうした中で光ったのが中盤で相手DFラインの裏へのパスを何本も通して一気にチャンスに繋げていた小笠原と、前線でボールの預けどころとなり、そこから独力や他のアタッカーとの連係でゴールに迫るシーンを何度も作り出していた山口の存在であった。

 しかし、鹿島はチャンスこそ作り出すものの、ことごとくこれを決め切ることが出来ず、特に山口は三度迎えた決定機を活かせず、結局無得点に終わり、2本目も終了。キャンプ最後の練習試合はドローという形で終えることとなった。

考察

 個人のアピールの場のような形(特に攻撃陣)となった2本目より、チームとして注目すべきなのが1本目の出来だろう。正直、内容としては決して褒められるものではない。それでも個人的には、そこまで悲観すべきでないと思う理由がいくつかある。

 まず、今回の練習試合がキャンプ終盤に行われたものだということだ。これまで約2週間宮崎で厳しい練習で追い込みをかけてきた選手たちのコンディションは今が一番辛い時だったのだろう、動きがいつもより鈍い選手が試合の立ち上がりから何人も見られた。

 守備で相手にボールポゼッションを許していることについては、おそらくまだチームとして手を付けていない課題なのであろう。攻撃の部分に注力していた今キャンプのことを考えると、この課題に取り組むのは鹿嶋に帰ってからになりそうだ。ここでチームとしての約束事をしっかりと設定して、実行することが出来れば、昨季よりも高い位置でボールを奪うことが出来、ひいてはそれが攻撃面でのチャンスの増加にも繋がってくるだろう。

 攻撃面ではかなり繋ぎでの崩しにこだわっていたが、それはこの時期の練習試合だからこそであり、実際の公式戦ではもっと割り切ってくるであろうことから、そこまで心配はいらないだろう。むしろ注目なのは、今型として仕込んでいるものをどこまで熟成させられるかであろう。昨季はそこの面でのクオリティ不足に結果として泣かされる羽目になったことを考えれば、効果があることを期待する他ないのは間違いない。

 個々で見ていくと、やはりまだコンディションにバラつきが見られる段階であった。8年ぶりの復帰となった内田はまだ細かな感覚のズレこそ見られるものの、コンディション自体は決して悪くなく、連戦などは考慮する必要があるとはいえ十分に戦える状態に仕上がっているように見えた。犬飼も悪くない。元々の対人能力の高さやリーダーシップの部分も発揮できるようになってきており、コンディションも順調に上がってきている。実際の公式戦で見えてくる部分もあるだけに太鼓判を押せるとまでは言い難いが、植田が疲労からか精彩を欠くプレーが目立ったことを考えると、チャンスは我々が思っている以上に多く訪れるかもしれない。

 山口は前述したとおり攻撃面では質の高いプレーを見せてくれた。チャンスは決め切らなければいけないし、まだ守備面での貢献度を図っていく必要があるとは思うが、出場機会を与えられるのはそう遅くはないのかもしれない。質の高いプレーを見せたのは安西も同じだ。2列目の両サイドでプレーしていたが、サイドで自ら仕掛けることもあれば、カットインで相手を引き付けることも出来、さらには中に絞ってプレーすることでSBの上がりを促すことも出来ていた。ただ、コンディション面が上がり切っていないのか、意図しているであろうプレーを上手く再現することが出来ず、得意のドリブルで相手を剥がしきることも出来ていなかったため、今後はその部分が改善点になってくる。

 チームは28日でキャンプを打ち上げて、鹿嶋に戻り水戸とのPSMをこなしつつ、まずは2/14のACL初戦に向けて調整を続けていく。

ゴールシーン。内田のクロスから田中がドンピシャのヘディングで合わせた
IMG_20180128_064512_140
IMG_20180128_064546_214
IMG_20180128_064617_721
IMG_20180128_064648_787

8年ぶりに復帰した内田
IMG_20180128_064327_222

CBの即戦力として期待がかかる犬飼
IMG_20180128_064234_918

山口は1年目から出場機会を得られるか
IMG_20180128_064419_573


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


↑このページのトップヘ