タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ: プレビュー


 中断明け初戦で甲府を3-0で下し、首位との勝点差を1に詰めた鹿島は今節ホームで仙台と対戦する。

 現在13位の仙台はここ5試合勝ちがない。ただ、前節は柏を相手に先制されながらも、ATに同点に追いつき引き分けに持ち込んでいる。鹿島との前回対戦では、スタメンを全員昨季からのメンバーで組んだ鹿島が前線からのプレスで圧倒し4-1と快勝している。

 仙台が今季から導入している3-4-2-1に対して、鹿島はどうしても1stDFが数的不利を強いられてしまう。そのため、2列目のスライドしてのサポートが不可欠になってくるが、そうしたことや連戦、ケガ人を鑑みて今節の鹿島は前回対戦と同じく日本人だけのスタメンで臨むことになりそうだ。攻撃機会を増やすためには、自分たちがボールを握る時間を長くすることが大切なだけに、前線からのプレッシャーでボールを出来るだけ良い形で奪うことが今節もカギになりそうだ。逆に、ここが上手くハマらないと、仙台はフィニッシュまで繋げてくる攻撃の質を持っているだけに厳しい展開となりそうだ。

 前節は守備陣が相手の外国人選手に1対1で苦しむシーンが見られたが、今節も相手には石原やクリスランといった前線で起点になれる選手がいる。仙台はビルドアップに詰まると、そうした選手たちに躊躇なくロングボールを蹴りこんでくるだけに、ここで後手に回るのは避けたいところ。特に、前節ミスが多く大岩監督から名指しで批判を受けた昌子の対応は大きなポイントになるだろう。

 仙台も甲府と同じく守備では5-4-1のブロックを作ってスペースを消して対応してくる。鹿島としては、我慢強くボールを運びながら隙を伺いたいところだが、前節のように相手が5-3-2に変えて前線からプレスをかけるパターンも当然考えられるだろう。そうした時に臨機応変に対応策が打てるか。そのあたりもカギになってくる。レベルの高い相手はHTまで待ってはくれない。その答えが出せた時に、チームはもうワンランク上に昇ることが出来るはずだ。
 
明治安田生命J1リーグ 第20節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズベガルタ仙台ベガルタ仙台
8月5日(土) 18:30キックオフ

県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(2位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
22西大伍
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
25遠藤康
13中村充孝
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK29川俣慎一郎
DF16山本脩斗
MF4レオ・シルバ
MF11レアンドロ
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF永木亮太(別メニュー調整中で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)

甲府戦から3人変更。西が左SBに回り、伊東が右SBに入る。ボランチに小笠原、右SHに遠藤が入りそうだ。

<仙台>(13位) ※は累積警告
GK
1シュミット・ダニエル
DF
27大岩一貴
13平岡康裕■■
50増嶋竜也
MF
18三田啓貴

17富田晋伍
29古林将太
22中野嘉大
11石原直樹
7奥埜博亮
FW

20クリスラン
SUB
GK35イ・ユノ
DF4蜂須賀孝治
MF10梁勇基
MF26藤村慶太
MF28佐々木匠
MF34椎橋慧也
FW30西村拓真

監督
渡邉晋


欠場予想選手
GK関憲太郎(別メニュー調整中で欠場濃厚)
DF永戸勝也(右足関節脱臼骨折および複合靭帯損傷で欠場濃厚)
DFヴィニシウス(登録が間に合わず欠場)
MF金久保順(右膝大腿骨内顆軟骨損傷で欠場濃厚)


前節から4人変更の見込み。CBに前節契約上の関係で欠場した増嶋が入り、右WBに今夏に名古屋から加入した古林が入る。前線はクリスランと奥埜が前節から変わって入りそうだが、石原以外は流動的で西村らにもチャンスはありそうだ。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 中断明け最初のリーグ戦、鹿島はホームに甲府を迎え撃つ。

 甲府は現在14位、9試合勝利なし、5試合ゴールなしと苦戦が続いているが、失点は19と鹿島と同じ数字を残しており、堅守は健在だ。今節はさらに今季導入している5-3-2から5-4-1の布陣変更の可能性があり、そうなればますます鹿島としては崩すのが難しくなってくるだろう。このところの鹿島は個の力で強引に切り崩しての得点も多いが、多くのチャンスを作り出すには構造的に相手の守備を崩す形が欲しいところ。出来るだけ相手のDFラインを押し下げることによって、セカンドボールの回収率を増やし、また中盤の守備ブロックを剥がすことが出来れば、好調の攻撃陣に良い形でボールを預けることが出来るだろう。

 攻撃機会を増やすためには、こちらの守備機会を減らさなくてはならない。甲府はドゥドゥやウイルソンといった外国人選手にフィニッシュを託す形が基本だが、その形が今季はカウンターだけではなく、ポゼッションの形も持ち合わせている。カウンターやロングボールは相手のSBの所が狙い目なだけにそこはもちろん警戒したいところだが、ポゼッションも制限したいところ。鹿島の2トップに対して3バック、さらにはGKも加えて数的有利を作ってビルドアップしてくるだけに、鹿島としてはいかにその数的不利を克服できるかがポイントになりそうだ。

 中断前からブラジル人選手を中心に調子を上げてきた選手が何人もいたが、ここに来て鈴木や安部といったジョーカー役になれる選手の調子が上がってきたのもプラス材料。そうした選手たちを上手くチームに組み込んで、後半戦のスタートダッシュを切りたい。
 
明治安田生命J1リーグ 第19節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズヴァンフォーレ甲府ヴァンフォーレ甲府

7月29日(土) 18:30キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(2位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
4レオ・シルバ
20三竿健斗
11レアンドロ
13中村充孝
FW

7ペドロ・ジュニオール
33金崎夢生
SUB
GK29川俣慎一郎
DF24伊東幸敏
MF8土居聖真
MF25遠藤康
MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF永木亮太(別メニュー調整中で欠場濃厚)

セビージャ戦から1人変更。西が右SBに回り、山本が左SBに入る。セビージャ戦で活躍した安部もベンチ入りしそうだ。

<甲府>(14位) ※は累積警告
GK
23岡大生
DF
5新里亮
4山本英臣
6エデル・リマ■■
MF
15兵働昭弘
8新井涼平■■
16松橋優
27阿部翔平
11堀米勇輝
14田中佑昌
FW

10ドゥドゥ
SUB
GK1河田晃兵
DF3畑尾大翔
MF21オリヴァー・ボザニッチ
MF28橋爪勇樹
MF40小椋祥平
FW9ウイルソン
FW13河本明人

監督
吉田達磨

欠場予想選手
MF黒木聖仁(左膝外側半月板損傷で欠場濃厚)
FW森晃太(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
FWジュニオール・バホス(左足の肉離れで欠場濃厚)


布陣を5-4-1に変更。兵働と新井のダブルボランチ、堀米と田中の2シャドーとなりそうだ。ウイルソンはシャドーで先発の可能性もあるが、ベンチスタートが濃厚。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 天皇杯から1週間強の中断を挟み、鹿島はこのサマーブレイク期間中にスペインのセビージャとの親善試合に臨む。

 セビージャは昨季リーガで4位。EL3連覇を果たしたスペインでも強豪と言えるチームの一つだ。決して個々のレベルが図抜けているチームではないものの、ポゼッションに代表される戦術の深さとその浸透度は世界でもトップクラスのチームだ。セビージャはこの試合を前に、C大阪とも親善試合をこなしているが、その時はJ1で首位を走るC大阪にレベルの差を見せつけて3-1と完勝している。

 セビージャの戦術の肝はポゼッションだ。ボールをできるだけ自分たちが保有することによって、攻撃の時間を増やし、守備の時間を減らす。この狙いを遂行するための動きが選手たちには染みついている。攻撃では必ず数的有利を作り出し、相手に奪いどころを絞らせないまま、ゴールに迫る。守備では前線からプレスをかけて、高い位置でボールを奪い返す。言ってみれば当たり前のことなのだが、これを極めて高いレベルで実践しているのがセビージャというチームなのだ。

 鹿島にとっては、セビージャのようなチームは一番苦手としているチームだ。だからこそ、今回の試合は鹿島にとって最高のレッスンとなるだろう。彼らの戦術を肌で感じ、そしてその戦術を打ち破る。これが出来れば、チームはまた一歩ステップを進めることができるだろう。ポイントとしては、相手のポゼッションをいかに抑えられるか。激しい寄せで相手の自由を封じ、特にパスの供給源となっているアンカーのヌゾンジを封じることができれば、流れは確実に傾いてくるだろう。また、相手のハイプレスをいかにかいくぐれるか。CBのところでは数的有利が作れるはずなだけに、いかに彼らが勇気を持ってボールを前進させられるかがカギになってくるだろう。C大阪戦を見る限り、セビージャはクロスに対して大外の相手選手をフリーにする傾向が見られただけに、狙いどころにしたいところだ。

 昨季のCWCでは世界の個々のレベルの高さを感じることができた。今回は世界のチームとしてのレベルの高さを感じることができるまたとない機会。結果はもちろん、多くの学びを得られる実りある試合にしたい。
 
明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズimageセビージャFC

7月22日(土) 18:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(17:50~)
AbemaTV 放送予定(17:40~)
ニコニコ生放送 放送予定(17:50~)
360Channel 放送予定(18:03~)
Jリーグ公式Facebook 放送予定(17:50~)


※その他、Jリーグ公式Youtube、公式LINE(LINE LIVE)でも生中継あり

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
22西大伍
MF
4レオ・シルバ
20三竿健斗
11レアンドロ
13中村充孝
FW

7ペドロ・ジュニオール
33金崎夢生
SUB
GK29川俣慎一郎
DF15三竿雄斗
DF16山本脩斗
DF23小田逸稀
MF6永木亮太
MF8土居聖真
MF25遠藤康
MF26久保田和音
MF27梅鉢貴秀
MF36田中稔也

MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
MF永木亮太(別メニュー調整中で出場微妙)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

ほぼベストメンバーで挑む。右SBには伊東を起用し、西が左に回る。CBは植田が復帰し、三竿健は本職であるボランチに入る。

<セビージャ>
GK
1セルヒオ・リコ
DF
24ガブリエル・メルカド
21ニコラス・パレハ
6ダニエウ・カリーソ
18セルヒオ・エスクデロ
MF
15ステヘン・ヌゾンジ
7ミカエル・クローン・デーリ
22フランコ・バスケス
FW

14ワルテル・モントーヤ
12ウィサム・ベンエデル
17パブロ・サラビア
SUB
GK13ダビド・ソリア
GK25フアン・ソリアーノ
GK29ホセ・アントニオ・カロ
DF2セバスティアン・コルシア
DF5クレマン・ラングレ
DF34マトス・ガルシア
MF8ギド・ピサーロ
MF10エベル・バネガ
MF11ホアキン・コレア
MF19ガンソ
MF28ボルハ・ラソ
MF35ヤン・エテキ
FW9ルイス・ムリエル
FW30カルロス・フェルナンデス
FW31アレハンドロ・ポソ
FWノリート

監督
エドゥアルド・ベリッソ


欠場予想選手
なし

C大阪戦と同じスタメンを予想したが、右SBにコルシア、CBにラングレ、インサイドにバネガ、トップにムリエルが入る可能性もあり、またシステムも4-2-3-1を採用してくる可能性もある。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ