タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ: プレビュー


 前節、長崎に2-1で競り勝ち公式戦5試合ぶりの勝利を挙げた鹿島。次は、今季まだ一度もないリーグ戦での連勝を懸けた一戦となる。そんな今節はホームに浦和を迎え撃つ。

 ここまでの浦和は鹿島と同じく4勝3分5敗で現在11位。昨季チームをアジア王者に導いた堀元監督の下で今季はスタートしたが、開幕から5試合勝ちがない状態を受けて、チームは監督交代を決断。大槻現ヘッドコーチが暫定で指揮を執り、そして第10節からは鹿島をかつてリーグ3連覇に導いた名将、オズワルド・オリヴェイラが監督に就任している。

 オリヴェイラ監督が就任してからの浦和は、本人も明言している通りチームとしてあまり大きな変化は見られない。システムも大槻体制時からの3バックを踏襲。チームが本格的に変化していくのは中断期間明けのようだが、それでも前節の戦いぶりを見る限り、オリヴェイラ監督は試合ごとのゲームプランをしっかりと用意してきているようだ。前節はリーグ屈指のポゼッションを誇る川崎Fを相手に、2トップ2シャドーを採用して、徹底したマンツーマンを敢行。その結果、川崎Fの前線の選手たちがビルドアップのサポートのためにポジションを下げるようになり、結果として守備陣にとっての脅威を減らすことに成功していた。また、攻撃面でもビルドアップで数的優位を作りつつも、詰まったと感じれば躊躇なく前線の興梠にロングボールを入れて預け、彼のポストプレーで押し込むことで、浦和が本来得意とするコンビネーションを活かした崩しによる攻撃を引き出させていた。

 川崎Fと鹿島ではチームのスタイルが違うが、こうしたプランを鹿島にそのまま当てはめることは十分可能なため、今節もこのやり方を基にしてくる可能性は高いだろう。鹿島としては、守備は前節同様ある程度引いた形で対応することになりそうだが、問題は攻撃面でどこまで相手を押し込んで、自分たちのペースに引きずり込めるかだろう。カギを握るのは右サイドになりそうだ。ビルドアップで内田のサポート、そして遠藤のところで質的優位を作って押し込めれば、オリヴェイラのゲームプランを壊すことが出来るはずだ。

 浦和は個々の能力が攻守において高いチームだが、守備面ではカバーリングの意識が薄い部分があるため、一つ崩すことが出来れば、そこからドミノのように崩すことも可能なはずだ。連勝を懸けた試合、チケットは完売のホームゲーム、相手はかつての恩師が率いるチーム、と舞台は整った。勝利を掴み、チームの調子のギアを一気に上げたい一戦だ。

明治安田生命J1リーグ 第13節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ浦和レッズ浦和レッズ
5月5日(土・祝) 17:00キックオフ

県立カシマサッカースタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
NHK-BS1 放送予定(17:00~)
DAZN 放送予定

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(13位)は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF

2内田篤人
5植田直通
3昌子源
32安西幸輝

MF

4レオ・シルバ
20三竿健斗
25遠藤康
13中村充孝
FW

10金崎夢生

9鈴木優磨
SUB
GK29川俣慎一郎
DF22西大伍
DF39犬飼智也
MF6永木亮太
MF8土居聖真
FW19山口一真
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF山本脩斗(左膝後十字靭帯損傷で欠場濃厚)
DF小田逸稀(左第5趾末節骨骨折で欠場濃厚)
MFレアンドロ(ブラジルに一時帰国中で欠場濃厚)

前節から1人変更予想。ボランチにレオ・シルバが入る。ケガから復帰した土居の先発起用もあるか。また、同じく復帰した安部のメンバー入りの可能性も。

<浦和>
(13位)は累積警告
GK
1西川周作
DF
6遠藤航
2マウリシオ
5槙野智章
MF
16青木拓矢
27橋岡大樹
3宇賀神友弥
15長澤和輝
10柏木陽介

FW

9武藤雄樹
30興梠慎三
SUB
GK28福島春樹
DF31岩波拓也
MF7武富孝介
MF11マルティノス
MF22阿部勇樹
MF38菊池大介
FW20李忠成
監督

オズワルド・オリヴェイラ


欠場予想選手
DF平川忠亮(別メニュー調整中で出場微妙)
FWアンドリュー・ナバウト(右肩関節脱臼で欠場濃厚)

前節から1人変更。前節負傷交代したアンドリュー・ナバウトに代わって武藤が前線に入る。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 前節はアウェイで横浜FMに0-3と惨敗し、15位にまで順位を下げた鹿島。タイトルどころか降格圏が近づいている今、とにかく結果が求められている。その鹿島は今節、ホームに長崎を迎え撃つ。

 長崎は今季、J1に初昇格。前節こそ首位の広島に0-2で敗れたものの、それまではJ1初勝利を皮切りに、4連勝を挙げるなど堂々たる戦いぶりを披露。順位も12位、得点も1試合平均1得点以上奪えており、昨季からチームの根幹を大きく変えていない中で、セットプレーなどから相手の弱点を確実に突いて、勝点を積み上げている。

 長崎で軸となるのは前線の3枚だ。1トップ2シャドー、2トップ1シャドーと布陣は試合によって変わるが、彼らにボールを預け、ファンマらを起点にしてそこからの連係、もしくはサイドからのクロスでゴールに迫るのがベースとなっている。そのため前線には高さやスピードといった、分かりやすい武器を持っている選手が多く、またクロスに対しても逆サイドの選手が大外から狙いに行ったりと、回数は多くないながらも再現性のある攻撃でチャンスを作り出しており、今季相手のクロスから失点を多く喫している鹿島にとっては、気をつけなければならないポイントだろう。

 一方、守備は5-4-1の布陣で守ることが多いが、決してベタ引きするわけではなく、隙あらば中盤でボールを奪って、カウンターを狙ってくるのが長崎のスタイルだ。ただ、決して前から積極的に奪いに来るチームではないため、ビルドアップには比較的余裕が持てるのではないだろうか。鹿島が狙い目にしたいのは、ボランチの裏のスペースだ。長崎は中盤、特にボランチの部分でイマイチフィルターになり切れていない場面が多く、前節も広島にそうした部分をかなり使われ、劣勢を招いていた。このところサイド攻撃が多くなっている鹿島だが、やはり金崎も鈴木も中央でプレーさせた方が相手にとって脅威になるのは間違いない。中央のスペースを2列目の選手が使うことが出来れば、そこからの展開でチャンスを作り出せるはずだ。

 鹿島としては、まずとにかく先制点を奪いたいところだ。チームはここ4試合連続で先制点を許している。連戦でコンディションも厳しい中、リードを許して追いつくのにパワーを使うのは避けたいところ。試合の入りで畳み掛けたい。

明治安田生命J1リーグ 第12節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズV・ファーレン長崎V・ファーレン長崎
5月2日(水) 19:00キックオフ

県立カシマサッカースタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(15位)は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF

2内田篤人
5植田直通
3昌子源
32安西幸輝

MF

40小笠原満男
20三竿健斗
25遠藤康
13中村充孝
FW

10金崎夢生

9鈴木優磨
SUB
GK29川俣慎一郎
DF22西大伍
DF39犬飼智也
MF4レオ・シルバ
MF6永木亮太
FW7ペドロ・ジュニオール
FW19山口一真
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF山本脩斗(左膝後十字靭帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(膝を痛めて欠場濃厚)
MF土居聖真(右太もも裏の張りで欠場濃厚)
MFレアンドロ(ブラジルに一時帰国中で欠場濃厚)
FW安部裕葵(第二腰椎横突起骨折で欠場濃厚)


前節から4人変更。GKに曽ヶ端、CBに昌子を起用。ボランチに小笠原、2列目に中村が入り、金崎と鈴木が2トップを組む。

<長崎>
(12位)は累積警告
GK
30徳重健太
DF
32徳永悠平
39チェ・キュベック
4髙杉亮太
MF
17中原彰吾
10黒木聖仁
3飯尾竜太朗
28翁長聖
19澤田崇
20中村慶太

FW

9ファンマ
SUB
GK1増田卓也
DF5田上大地
MF6前田悠佑
MF23米田隼也
MF27新里涼
MF34名倉巧
FW37平松宗
監督

髙木琢也


欠場予想選手
なし

前節から2人変更の予想。CBの一角に髙杉が入り、シャドーには中村慶が入る。ボランチに前田、前線に鈴木を起用する可能性も。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 前節はホームで神戸を相手に後半追いついたものの、引き分けに終わった鹿島。14位と順位を下げ、厳しい戦いが続く中、今節は中2日でアウェイに乗り込み横浜FMと対戦する。

 横浜FMは現在15位とこちらも同じく厳しい戦いとなっている。今季から元オーストラリア代表監督のアンジェ・ポステコグルー監督が就任。彼の標榜するハイラインハイプレスのサッカーを取り入れ、チームは確実に変化を見せているが、なかなか結果に結びついていないのが現状。ここ5試合勝ちがなく、前々節は湘南と打ち合いを演じたが4-4のドロー、前節は札幌相手に逆転負けを喫している。特にここ5試合で敗れている3試合はすべて逆転負け、とチームにとっては嫌な雰囲気が流れてしまっている。

 ハイラインハイプレスの目的は、たとえボールを失っても、素早く取り返して自分たちがボールを握る時間を長くすることにある。そのため、今季の横浜FMはポゼッション志向の強いチームとなっている。今節も鹿島の2トップに対して、横浜FMはCBにGKかアンカーの1枚を加えた3枚で数的優位を作ってボールを前進させ、サイドから個々の突破で崩して、そこからのクロスでゴールを狙ってくるだろう。ここで鹿島にとって一番大事なのは、サイドからの突破を許さないことだ。今の鹿島は相手に余程のクオリティーがない限り、そう簡単に中央から崩されることはないだけに、ボールを運ばれてもサイドでしっかり止めることが出来れば、相手の脅威を確実に減少させることが出来るだろう。

 そして、攻撃ではハイラインの裏、特にサイドのスペースを有効に使いたい。単調な裏へのボールの放り込みは相手も予測できるだけに対処がしやすいが、今の鹿島は2列目に起点になれる選手を配置しているだけに、彼らに裏を狙わせて起点を作らせ、そこからの質的優位で押し込んでいければ、チャンスも作りやすくなってくるだろう。

 前節で内容の改善が見られただけにチームにそこまでの悲壮感はないが、今季は未だ3勝で、降格圏とは勝点差が4しかないのも事実。これ以上の足踏みは、この先残留争いに巻き込まれる危険性も孕んでいるだけに、今節は結果にこだわり勝点3を手に入れたい。

明治安田生命J1リーグ 第11節
横浜F・マリノス横浜F・マリノス
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
4月28日(土) 19:00キックオフ
日産スタジアム

試合情報(横浜FM公式サイト)
スタジアムの天気
NHK-BS1 放送予定(19:00~)
DAZN 放送予定

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(14位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF

2内田篤人
5植田直通
39犬飼智也
32安西幸輝

MF

4レオ・シルバ
20三竿健斗
25遠藤康
9鈴木優磨
FW

7ペドロ・ジュニオール
10金崎夢生

SUB
GK21曽ヶ端準
DF3昌子源
DF22西大伍
DF24伊東幸敏
MF6永木亮太
MF40小笠原満男
FW19山口一真
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF山本脩斗(左膝後十字靭帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(膝を痛めて欠場濃厚)
MF土居聖真(右太もも裏の張りで欠場濃厚)
MFレアンドロ(別メニュー調整中で欠場濃厚)
FW安部裕葵(第二腰椎横突起骨折で欠場濃厚)


前節から2人変更。左SBに安西、前線にペドロ・ジュニオールが入る。CBは犬飼が継続して起用、またベンチにはルーキーの山口が入る。

<横浜FM>
(15位)は累積警告
GK
21飯倉大樹
DF
27松原健
22中澤佑二
2ミロシュ・デゲネク
23下平匠
MF
6扇原貴宏
8中町公祐
14天野純

FW

19仲川輝人
7ウーゴ・ヴィエイラ
25ユン・イルロク
SUB
GK31杉本大地
DF13金井貢史
DF24山中亮輔
MF11遠藤渓太
MF35吉尾海夏
FW9大津祐樹
FW16伊藤翔
監督

アンジェ・ポステコグルー


欠場予想選手
MFオリヴィエ・ブマル(左膝を痛めて出場微妙)

前節から3人変更の予想。CBにミロシュ・デゲネク、左SBに下平、インサイドに中町が起用されると読んだ。布陣も4-1-2-3の予想だが、扇原と中町をボランチにした4-2-1-3の可能性も。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ