タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

カテゴリ: プレビュー


 水曜日に熊谷陸で浦和を破って天皇杯ベスト8進出を決めた鹿島。そこから中2日で、ホームにG大阪を迎え撃ちリーグ戦を戦う。

 G大阪は現在7位。夏場の失速が響き、優勝争いはおろかACL出場圏内の3位も厳しい状況にあり、チームは長谷川監督の今季限りでの退任を発表している。9月に入ってからもルヴァン杯こそ準決勝進出を決めたものの、リーグ戦では神戸に敗れ、大宮にはATに追いついてドロー、天皇杯では柏に敗れており、公式戦3試合勝ちなしが続いている。さらに追い打ちをかけるのがケガ人の多さで、藤本や呉屋、CBのファビオとアタッカーのアデミウソンの両ブラジル人が欠場濃厚と台所事情も苦しい状態になっている。

 しかし、そんな中でも西のタレント軍団の力は侮れない。攻守において中心となるのは井手口と今野のダブルボランチと2列目の倉田だ。彼らの高いボール奪取力を活かすためのプレスから、奪えば前線の長沢や今夏加入したファン・ウィジョに素早く預け、そこからサイドへの展開から崩しを狙ってくるのがG大阪のスタイルであり、個々の質の高い選手たちを最大限に活かす策でもある。

 鹿島にとっては今チームが抱えている弱点を的確に突いてくる相手なだけにやりづらい部分があるだろう。ボール奪取後のポゼッションやビルドアップの部分をプレスで封じに来るし、攻撃では前線の選手がCBを釣り出して、空いたスペースを突いてくる。上手くハメられてしまうと何も出来ずに終わってしまう可能性もあるだけに、十分警戒して臨みたいところだ。

 一番大事なことは不用意なボールロストを避けることだ。ただでさえ連戦続きの今、展開が目まぐるしく変わるようでは、体力的にも響いてくるだけに、それは避けたい。ボールを奪った後もプレーの質を落とさず、ボールを前線へと繋げられれば、チャンスも十二分に生まれてくるだろう。向こうが鹿島のCBの釣り出しを狙うなら、こちらもG大阪のボランチの釣り出しを狙いたい。彼らのプレーエリアが広い分、そこを外せればスペースはグッと広がってくる。試合で刻々と起こる変化に対応して、勝機を見出したい。
  
明治安田生命J1リーグ 第27節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズガンバ大阪ガンバ大阪
9月23日(土・祝) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
NHK-BS1 放送予定(19:00~)
DAZN 放送予定(18:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF

4レオ・シルバ
6永木亮太
13中村充孝
11レアンドロ
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF17ブエノ
DF24伊東幸敏
MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF小田逸稀(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF三竿健斗(出場停止)
MF田中稔也(右第5中足骨骨折で欠場濃厚)

浦和戦から2人変更。西が右SBに入り、三竿健が出場停止のボランチには永木が入りそうだ。

<G大阪>(7位) ※は累積警告
GK
1東口順昭
DF
22オ・ジェソク
2三浦弦太
6金正也
4藤春廣輝
MF
15今野泰幸■■
8井手口陽介
14米倉恒貴
10倉田秋■■
FW

20長沢駿
11ファン・ウィジョ
SUB
GK18藤ヶ谷陽介
DF32野田裕喜
DF35初瀬亮
MF7遠藤保仁
MF24井出遥也
MF36市丸瑞希
MF39泉澤仁
監督
長谷川健太

欠場予想選手
DFファビオ(右ハムストリング肉離れで欠場濃厚)
MF藤本淳吾(右前十字靭帯断裂で欠場濃厚)
FWアデミウソン(鼠径部を痛めて欠場濃厚)
FW呉屋大翔(左肩関節脱臼で欠場濃厚)
FW赤﨑秀平(契約上の理由で欠場)

天皇杯から2人変更の予想。登録の関係で出場できなかったファン・ウィジョが戻って長沢と2トップを組み、また右SHに米倉が入りそうだ。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 逆転勝ちした新潟戦から中3日、鹿島は熊谷陸に乗り込んで浦和と天皇杯ベスト8進出をかけて戦う。

 浦和は7月下旬に監督交代を経験、現在はコーチから昇格した堀監督が指揮を執っている。このところは柏に敗れたものの、ACLでは川崎Fを大逆転で下してベスト4進出を決め、リーグ戦では前節磐田に後半に追いついて1-1のドロー。今節はその磐田戦から中2日で迎えることになる。

 浦和はここ3試合4-1-4-1の布陣で戦っている。これは堀監督が浦和ユースを指揮していたころから使用していた布陣でもあり、ペトロヴィッチ監督時代に失点の多かった原因の一つだった、攻守のシステム変換によるズレをなくすために取り入れられたものである。攻撃時は2CBにアンカーを加えた3枚でビルドアップを組み立て、そこにインサイドがサポートのため降りる形を取っており、こうした所ではいわゆる「ミシャ式」と大きな変化はなく、むしろミシャ式の良いところを取り入れた形になっている。

 鹿島はまずこの浦和のビルドアップを制限できないと苦しくなってくるだろう。浦和はSHをサイドに張らせて、そこにボールが出るとインサイドが相手のCBとSBの間のスペースを使いながら、裏抜けを狙ってくる。そうしてCBを引きずり出してチャンスを作り出すのが狙いであり、鹿島は新潟戦ではこのCBが引っ張り出された形から2失点を喫しており、浦和の狙いと鹿島のウィークポイントが合致しているだけに、まずはこの形を作られる前に、攻撃を制限して守りたいところだ。

 浦和の守備はセットされた4-1-4-1で、以前のように5バックの人海戦術で守ることがない代わりに、しっかりとしたブロックを形成しており、簡単に崩すのは難しいだろう。ただ、アンカーの選手の守備範囲が決して広くないこと、またアンカー脇のスペースを埋める選手が決まっておらず、CBの間にスペースが出来やすいことは狙い目だ。新潟戦でハットトリックを達成したレアンドロには引き続き期待したい。

天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16
浦和レッズ浦和レッズ
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
9月20日(水) 19:00キックオフ

熊谷スポーツ文化公園陸上競技場


試合情報(浦和公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(日テレジータス) 放送予定(18:45~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]

myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF
24伊東幸敏
5植田直通

3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
11レアンドロ
8土居聖真
FW
14金森健志
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF17ブエノ
MF4レオ・シルバ
MF6永木亮太
MF13中村充孝
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF小田逸稀(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF遠藤康(左太もも裏を痛めて欠場濃厚)
MF田中稔也(右第5中足骨骨折で欠場濃厚)

新潟戦から2人変更となりそう。山本が左SBに入り、ボランチには小笠原が入ると予想。新潟戦を欠場した鈴木もこの試合はベンチ入りできそうだ。

<浦和>は累積警告
GK
1西川周作
DF
46森脇良太
6遠藤航
22阿部勇樹
5槙野智章
MF
16青木拓矢
7梅崎司
9武藤雄樹
39矢島慎也
38菊池大介

FW

21ズラタン
SUB
GK25榎本哲也
DF17田村友
MF15長澤和輝
MF18駒井善成
FW13高木俊幸
FW19オナイウ阿道
FW30興梠慎三

監督
堀孝史


欠場予想選手
DFマウリシオ(登録の関係で欠場)
DF那須大亮(別メニュー調整中で出場微妙)
MF柏木陽介(別メニュー調整中で出場微妙)
MF平川忠亮(別メニュー調整中で出場微妙)
FWラファエル・シルバ(右大腿部の肉離れで欠場濃厚)
FW李忠成(別メニュー調整中で出場微妙)

磐田戦から4人入れ替えと予想。CBは遠藤と阿部のコンビ、右SHに梅崎、左SHに菊池、1トップにはズラタンが入ると予想した。柏木は前日練習まで別メニューが続いており、ベンチ入りは微妙な状況だ。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 前節、大宮に完封勝ちしてリーグ戦3連勝を飾った鹿島。今節はアウェイで新潟と対戦する。

 新潟は現在18位。クラブワーストを更新する13試合勝ちなしで、残留圏内との勝点差は10とJ1残留に向けて今や風前の灯となっている。前回対戦時は、前半こそ押されながらも、後半にセットプレーからペドロ・ジュニオールが先制点を奪うと、レアンドロが追加点を決めて2-0と勝利している。

 前回対戦時から新潟が変わったのは、前線にドウグラス・タンキが加わったことだ。長身で強靭なフィジカルを持つこのブラジル人FWが加わったことで、新潟の攻撃は前線に起点が一つ増えているのである。基本はこのタンキを目掛けたボール、またSBの裏のスペースにボールを蹴り込んで小川やホニを走らせるシンプルな形が新潟の攻撃の軸となっている。鹿島としてはこうした攻撃に対して後手に回ってしまうと苦しいだけに、守備陣の奮闘に期待したいのはもちろん、新潟があまりビルドアップを得意とするチームではないだけに、しっかりとプレスをかけて相手の攻撃を制限したいところだ。

 一方、守備では4-4-2のブロックを作りながらも、かなり前からボールを奪いに来るスタイルだ。このスタイルは前回の鹿島戦から取り入れ始めたものであり、その頃よりも成熟度は上がっていると考えていいだろうし、またメンバーもそれに合わせた組み合わせとなっている。ただ、ボールを奪われた際のポジショニング、特にボランチの裏のスペースが空いていることが多く、鹿島にとっては狙い目にしたい場所でもある。今節はレアンドロが出場停止から復帰してくるだけに、そうしたスペースを活用するのに長けた彼の活躍にも期待したい。

 現在、2位との勝点差は6。これから優勝に向けて厳しい戦いが続く中で、この差をなるべく保ち、願わくば広げたいところ。今節も難しいゲームになりそうだが、勝点3を持ち帰りたい。
  
明治安田生命J1リーグ 第26節
アルビレックス新潟アルビレックス新潟
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
9月16日(土) 18:00キックオフ
デンカビッグスワンスタジアム


試合情報(新潟公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(17:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
22西大伍
MF

4レオ・シルバ
20三竿健斗■■
11レアンドロ
8土居聖真
FW
14金森健志
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF16山本脩斗
DF17ブエノ
MF6永木亮太
MF13中村充孝
MF40小笠原満男
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF小田逸稀(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF遠藤康(左足の違和感で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)
FW鈴木優磨(足を痛めて出場微妙)

西とレアンドロが復帰。西は今節は左SBに入る。前線は引き続き金森と金崎の2トップ。前節負傷交代した遠藤と練習で負傷した鈴木はベンチ入りが微妙な状況だ。

<新潟>(18位) ※は累積警告
GK
1大谷幸輝
DF
8小泉慶
44大武峻
50富澤清太郎
27堀米悠斗
MF
13加藤大
6磯村亮太
7ホニ
40小川佳純
9山崎亮平
FW

11ドウグラス・タンキ■■
SUB
GK21守田達弥
DF2大野和成
MF15本間勲
MF17伊藤優汰
MF34原輝綺
FW32河田篤秀
FW39富山貴光
監督
呂比須ワグナー

欠場予想選手
DF矢野貴章(ケガで出場微妙)
FW田中達也(膝の違和感で欠場濃厚)

前節と同じスタメンの予想だが、CBに大野が入る可能性も。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ