タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています。「DEAR Magazine」、「ぐるたび」にも寄稿。

カテゴリ: プレビュー


 リーグ戦連勝、天皇杯も勝利した鹿島は公式戦ホーム3連戦となる今節、ホームに新潟を迎え撃つ。

 新潟は現在最下位、監督交代後初戦の札幌戦こそ勝利したものの、以降は3連敗と苦戦が続いている。ブロックを作って守備を固め、そこからシンプルなカウンターでゴールを狙うスタイルは一定の効果は出ているものの、思うようにゴールを奪うことが出来ず、逆に自分たちのミスを突かれて失点というなんともやるせない形での試合が続いているのが現状だ。

 新潟の攻めのポイントは二つ。左サイドに入るホニのスピード、そして右サイドに入る矢野の高さだ。カウンターになれば、DFラインの裏のスペースに蹴り込んでホニを走らせ、ビルドアップで詰まれば矢野に放り込んで起点を作る。この二つが新潟の攻めの生命線となっているだけに、鹿島としては中途半端な位置でボールを奪われてカウンターに晒されることは避けたいし、また前線からのプレッシャーをしっかりかけ、フリーの状態でボールを蹴られることは避けたいところだ。

 新潟は4-4-2の守備ブロックを作って対応してくるが、左サイドのホニのところはかなりポジショニングがあいまいになる部分があり、そこからボールを運ばれるケースが目立っていた。鹿島としては右サイドに入るのがパス出しに優れた西なだけに、彼の位置からボールを動かして、相手の守備を崩していきたいところ。札幌戦の1、2点目のような形を作り出していくことが理想だ。

 今節求められることは札幌戦とあまり変わらないだろう。その中で、よりその求められたことの質を高めていくことが今節の狙いであり、それがこの良い流れの継続に繋がっていくはずだ。


明治安田生命J1リーグ 第16節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズアルビレックス新潟アルビレックス新潟

6月25日(土) 18:30キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(4位) ※は累積警告
GK
1クォン・スンテ
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
11レアンドロ
13中村充孝
FW
8土居聖真
7ペドロ・ジュニオール
SUB
GK21曽ヶ端準
DF24伊東幸敏
MF4レオ・シルバ
MF25遠藤康
MF27梅鉢貴秀
MF33金崎夢生
FW9鈴木優磨
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

札幌戦から1人変更、GKにクォン・スンテが入りそうだ。また、ケガから復帰して紅白戦にも出場しているレオ・シルバが古巣戦でベンチ入りすると予想。

<新潟>(18位) ※は累積警告
GK
21守田達弥
DF
34原輝綺
50富澤清太郎
4ソン・ジュフン
27堀米悠斗
MF
13加藤大
8小泉慶
19矢野貴章
10チアゴ・ガリャルド
7ホニ
FW

9山崎亮平
SUB
GK22川浪吾郎
DF33西村竜馬
MF15本間勲
MF17伊藤優汰
MF18成岡翔
MF30ロメロ・フランク
FW49鈴木武蔵
監督
呂比須ワグナー

欠場予想選手
GK大谷幸輝(右足関節インピンジメント症候群で欠場濃厚)
DF大野和成(陳旧性右内側側副靭帯損傷で欠場濃厚)
FW河田篤秀(右足関節前方インピンジメント症候群で欠場濃厚)

リーグ戦の大宮戦から2人変更してきそうだ。GKには守田が入り、ボランチに加藤が入ることが予想される。天皇杯では予想スタメンのうち加藤のみが先発出場している。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ







style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 大岩体制となって2連勝となった札幌戦から中3日。鹿島は連覇を目指す天皇杯の初戦となる2回戦でJFLのFCマルヤス岡崎と対戦する。

 マルヤスは今回の天皇杯に愛知県代表として出場。1回戦は、延長戦の末にアルテリーヴォ和歌山を3-2で下して駒を進めてきた。しかし、JFLでは苦戦が続き現在は13位。地域リーグへの降格圏と勝点差はほとんどなく、前節はホームで三重に0-1で敗れている。ただ、元Jリーガーが多く所属しているように、決してレベルの低いチームとは言えず、システムも鹿島と同じ4-2-2-2を採用しており、向こうの出方とこちらのやりようでは上手くハメられてしまうことも否定できないだろう。

 鹿島としては連戦ということもあり、メンバーの多くを入れ替えてくることが予想される。大岩監督になってポジションを掴みつつある者もいれば、逆に失いつつある者もいるということ。後者にとっては今節は紛れもないチャンスであり、ここを活かせれば7月の連戦で間違いなく出番がやってくるだろう。そうしたことを考えれば、今節に懸けるモチベーションも相当なものになるはずだ。

 連戦や相手のこと、メンバー構成を考えれば、準備できることは決して多くはない。そんな中で、大岩監督がどこまでチームとしてのベースを仕込めているか、そして選手がそのベースの下でどこまで動けるのか、またどこまで自分で考えて工夫して動けるか、そうした個人戦術の面がこの試合の大きなポイントになるだろう。

天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズimageFCマルヤス岡崎

6月21日(水) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(スカチャン1) 放送予定(21:00~) ※録画


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF
24伊東幸敏
17ブエノ
5植田直通
15三竿雄斗
MF
26久保田和音
6永木亮太
25遠藤康
30安部裕葵
FW
14金森健志
9鈴木優磨
SUB
GK1クォン・スンテ
DF22西大伍
MF4レオ・シルバ
MF13中村充孝
MF27梅鉢貴秀
MF33金崎夢生
MF36田中稔也
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

札幌戦から9人メンバーを入れ替えてくる模様。ここまで主力として戦ってきた多くの選手に休養が与えられそうだ。また、ケガから急ピッチで復帰してきたレオ・シルバもベンチ入りすると予想。

<マルヤス>は累積警告
GK
21藤井賢心
DF
15田中寛己
23福ヶ迫知秀
30川里光太郎
7安藤駿冶
MF
4熊澤圭祐
28佐野裕哉
27澤藤広和
16地主園秀美
FW

19松本祐樹
35寺尾憲祐
SUB
GK1木下裕貴
DF24西村佳祐

DF36松井宏太
MF14平野雄也
MF26大庭裕平
FW22レオジーニョ
FW32杉本恵太
監督
大江基允

欠場予想選手
なし

JFLから中3日で臨む。そのJFLと同じスタメンを予想したが、連戦を考え何人か変更してくる可能性はあるだろう。スタメン予想のうち元7人はJリーグ経験者、サブに入ると予想した杉本恵太は地元鹿島高校出身だ。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 大岩新監督となって2試合目を迎える今節、久々の連勝とホームでの勝利を目指し鹿島は札幌を迎え撃つ。

 札幌で一番の脅威となるのは何と言ってもエースの都倉だろう。日本人離れした身体能力を持つ彼とスピードのあるジュリーニョやフィジカルが武器の金園の2トップをシンプルに活かした攻撃が、今季の札幌において一番のストロングポイントであり、鹿島が抑えなければならないポイントでもある。鹿島としては、CBの個の力なら札幌の攻撃陣を抑えることも可能ではあるだろうが、札幌の攻撃の形を多く作らせること、自分たちの陣内でプレーする時間を長くされることは避けたい。少しでもプレッシャーをかけて、良い形で都倉たちにボールを入れさせないようにしたいところだ。

 札幌は3バックで組み立てをしてくる。中でも左CBの福森は精度の高い左足を持っており、彼のロングボールは札幌の攻撃の一つの形となっている。鹿島としてはボランチの1枚が相手のアンカーを見ることでその部分は消せるだろうが、3バックにどうプレッシャーをかけるのか一つのポイントとなりそうだ。2トップに頑張らせるのか、それともリスクを承知で2列目から1枚加えて3枚で数的同数を作り出すのか、ここでの大岩監督の決断は、勝敗のカギを握りそうだ。

 攻撃面では、札幌のインサイドハーフのプレスをどうかいくぐるか、また5バックをいかに引きずり出してチャンスを作り出すかが攻略のカギとなりそうだ。札幌は2トップがCBにプレッシャーをかけ、インサイドハーフがSBにプレッシャーをかけてくる。鹿島としてはボランチの1枚がDFラインに降りてくることで数的有利を作り出し、ビルドアップを円滑に回したい。5バックをいかに引き出すかは、その前でブロックを作る3ボランチを走らせて、そこの崩しからカバーに5バックが出てくることで引き出すという狙いを今週の練習では実施しているという。鹿島の前線の選手の力なら数的同数になれば十分決定機に繋げられるだけに、こうした形が多く作り出せれば、その分得点のチャンスも増えてくるだろう。

 代表組のコンディションは気がかりだが、この2週間でケガ人が戻りつつあるのは好材料だ。確実に勝点3を手に入れたいこの一戦、中断期間で準備してきた成果が試される。


明治安田生命J1リーグ 第15節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズimage北海道コンサドーレ札幌

6月17日(土) 18:30キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(5位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
11レアンドロ
13中村充孝
FW
8土居聖真
7ペドロ・ジュニオール
SUB
GK1クォン・スンテ
DF17ブエノ
DF24伊東幸敏
MF6永木亮太
MF25遠藤康
MF33金崎夢生
FW9鈴木優磨
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MFレオ・シルバ(左膝半月板損傷で欠場濃厚)

右SBに伊東に代わって西、ボランチに永木に代わって小笠原、FWに鈴木に代わってペドロが入りそうだ。代表組の昌子とクォン・スンテはコンディション次第になるだろうが、試合前日の合流となるクォン・スンテは今節はベンチで、曽ヶ端の先発が濃厚だ。金崎と遠藤もケガから復帰してきた。

<札幌>(15位) ※は累積警告
GK
25ク・ソンユン
DF
20キム・ミンテ
4河合竜二
24福森晃斗
MF
23マセード
10宮澤裕樹
27荒野拓馬
6兵藤慎剛
38菅大輝
FW

9都倉賢
7ジュリーニョ
SUB
GK1金山隼樹
MF15菊地直哉
MF16前寛之
MF26早坂良太
MF44小野伸二
FW13内村圭宏
FW22金園英学
監督
四方田修平

欠場予想選手
DF増川隆洋(左膝前十字靭帯部分断裂で欠場濃厚)
MF横山知伸(右足首痛で出場微妙)
MF深井一希(左膝前十字靭帯断裂、左膝内側半月板損傷、左膝外側半月板損傷で欠場濃厚)
MF稲本潤一(右膝外側半月板損傷・右膝軟骨損傷で欠場濃厚)

キム・ミンテとマセードが先発に復帰。横山は別メニュー調整中で出場微妙のため、河合が引き続きCBでスタメンとなりそうだ。また、小野が復帰しベンチ入りすると予想。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ