タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています。「DEAR Magazine」、「ぐるたび」にも寄稿。

カテゴリ:プレビュー > ナビスコ杯

 相手にやりたいことをやられて敗れた湘南戦から中1週間、まだまだ積み上げてきたものが道半ばであることを再認識する結果になった鹿島だが、時間は待ってはくれない。今季まずは一つ目のタイトルを懸けてG大阪と対戦する。

 G大阪には今季リーグ戦の対戦で2敗しており、正直やりやすい相手とは言えないだろう。しかし、2ndステージの対戦では、先制されるまでは前線からのプレスでリズムを掴むやり方が出来ていただけに、今回も石井監督就任から3カ月で積み上げた自分たちのスタイルで勝負に出るべきなのは間違いない。カギになるのは中盤での攻防。攻撃では柴崎や小笠原が今野や倉田らのプレスをかいくぐって、前線にボールを供給できるか、守備では攻撃の起点となる遠藤をいかに自由にさせないか、ここの争いを制することが出来れば、試合の流れを大きく引き寄せることが出来そうだ。

 また、G大阪の前線に対して恐れないことも重要になってくる。せっかく前線からのプレスがかかっても、DFラインが反応してラインを上げられなければ意味がない。パトリックや宇佐美といった相手の攻撃陣をゴールから遠ざけるためにも、積極的なラインコントロールが求められる。

 監督交代から3カ月、チームは状況に応じて戦い方を変えられるほど器用ではない。しかし、自分たちのスタイルがハマった時の破壊力には自信を持っていいはずだ。だからこそ、自分たちのスタイルが活きる展開に持ち込みたい。この一戦は、鹿島が自分たちの良さを引き出すために続ける挑戦への道が、そのまま聖杯という何物にも代えがたいものへと繋がる道になりそうだ。

2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント 決勝
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズガンバ大阪ガンバ大阪
10月31日(土) 13:05キックオフ
埼玉スタジアム2002

試合情報(Jリーグ公式サイト)
スタジアムの天気
地上波放送予定(13:00~ フジテレビ系列で全国生中継)
スカパー!放送予定(22:00~ スカチャン1[CS801] ※録画)
スカパー!オンデマンド配信リンク(22:00~ ※録画)

[両チーム情報]

鹿島アントラーズ
2015シーズン(リーグ戦 年間):7位 勝点53 32試合16勝5分11敗 54得点41失点
2015シーズン(リーグ戦 1st):8位 勝点22 17試合6勝4分7敗 27得点25失点
2015シーズン(リーグ戦 2nd):2位 勝点31 15試合10勝1分3敗 27得点16失点
ACL:グループステージ敗退、天皇杯:3回戦敗退
ナビスコ杯決勝進出回数:9回目、ナビスコ杯優勝回数:5回

・鹿島 ナビスコ杯の戦績 
大会相手会場スコア得点者
準々決勝第1戦FC東京味スタ△2-2(FC東京)河野、中島
(鹿島)赤﨑、遠藤
準々決勝第2戦FC東京カシマ○3-0(鹿島)金崎2、遠藤
準決勝第1戦神戸神戸ユ○2-1(神戸)岩波
(鹿島)山村、赤﨑
準決勝第2戦神戸カシマ○4-1(神戸)渡邉
(鹿島)中村、金崎2、カイオ

・メンバーリスト
ポジ番号選手名試合-得点-アシスト(リーグ戦)試合-得点-アシスト(ナビスコ杯)
GK1佐藤昭大10-17-00-0-0
21曽ヶ端準22-24-04-4-0
29川俣慎一郎0-0-00-0-0
31小泉勇人0-0-00-0-0
DF3昌子源27-3-13-0-0
4山村和也11-0-14-1-0
5青木剛21-0-13-0-0
14ファン・ソッコ22-0-03-0-0
16山本脩斗26-3-14-0-1
17鈴木隆雅2-0-00-0-0
22西大伍28-0-64-0-0
23植田直通12-1-00-0-0
24伊東幸敏8-0-00-0-0
39町田浩樹(2種)0-0-00-0-0
MF7カイオ30-8-53-1-0
8土居聖真28-6-42-0-0
10本山雅志6-0-00-0-0
13中村充孝16-1-13-1-0
20柴崎岳27-5-100-0-0
25遠藤康30-6-64-2-0
26久保田和音0-0-00-0-0
27梅鉢貴秀8-0-01-0-0
30大橋尚志0-0-00-0-0
32杉本太郎1-0-00-0-0
33金崎夢生26-9-24-4-0
37田中稔也(2種)0-0-00-0-0
38平戸太貴(2種)0-0-00-0-0
40小笠原満男27-1-24-0-1
FW9ジネイ4-1-00-0-0
11ダヴィ10-0-02-0-1
18赤﨑秀平20-7-04-2-1
19豊川雄太4-0-01-0-0
34鈴木優磨5-2-00-0-0
監督石井正忠1年目
※試合-得点-アシストは2015シーズンの成績。GKの得点の欄は失点。アシストは当ブログ選定。

・直近5試合の結果
大会相手会場スコア得点者
ナビスコ杯
準決勝第1戦
神戸神戸ユ○2-1(神戸)岩波
(鹿島)山村、赤﨑
ナビスコ杯
準決勝第2戦
神戸カシマ○4-1(神戸)渡邉
(鹿島)中村、金崎2、カイオ
天皇杯
3回戦
水戸カシマ●0-0(PK 2-3)
明治安田生命J1
2nd第14節
カシマ○3-2(鹿島)赤﨑、金崎、鈴木優
(柏)鈴木、クリスティアーノ
明治安田生命J1
2nd第15節
湘南BMWス●1-2(湘南)菊地、古林
(鹿島)金崎

・前節ハイライト


ガンバ大阪

2015シーズン(リーグ戦 年間):3位 勝点60 32試合17勝9分6敗 52得点35失点
2015シーズン(リーグ戦 1st):4位 勝点32 17試合9勝5分3敗 24得点13失点
2015シーズン(リーグ戦 2nd):4位 勝点28 15試合8勝4分3敗 28得点22失点
ACL:ベスト4、天皇杯:ラウンド16進出
ナビスコ杯決勝進出回数:4回目、ナビスコ杯優勝回数:2回

・G大阪 ナビスコ杯の戦績 
大会相手会場スコア得点者
準々決勝第1戦名古屋万博△1-1(G大阪)二川
(名古屋)野田
準々決勝第2戦名古屋パロ瑞穂○2-2(PK 10-9)(名古屋)野田、闘莉王
(G大阪)阿部、岩下
準決勝第1戦新潟デンカS●1-2(新潟)山本、R・シルバ
(G大阪)大森
準決勝第2戦新潟万博○2-0(G大阪)遠藤、藤春

・メンバーリスト
ポジ番号選手名試合-得点(リーグ戦)試合-得点(ナビスコ杯)
GK1東口順昭32-350-0
16田尻健0-00-0
18藤ヶ谷陽介0-04-5
31林瑞輝0-00-0
DF3西野貴治2-03-0
4藤春廣輝30-03-1
5丹羽大輝32-00-0
6金正也13-03-0
8岩下敬輔23-04-1
14米倉恒貴29-10-0
15今野泰幸29-33-0
22オ・ジェソク9-03-0
35初瀬亮(2種)0-00-0
MF7遠藤保仁32-52-1
10二川孝広1-04-1
11倉田秋29-53-0
13阿部浩之31-43-1
17明神智和10-03-0
19大森晃太郎28-14-1
21井手口陽介7-04-0
26妹尾直哉0-01-0
27内田達也0-00-0
28嫁阪翔太0-00-0
34岩本和希(2種)0-00-0
36市丸瑞希(2種)0-00-0
38堂安律(2種)2-01-0
FW9リンス20-13-0
20長沢駿17-22-0
24赤嶺真吾13-02-0
29パトリック31-122-0
30平尾壮0-01-0
37高木彰人(2種)0-00-0
39宇佐美貴史32-190-0
監督長谷川健太3年目
※試合-得点は2015シーズンの成績。GKの得点の欄は失点。

・直近5試合の結果
大会相手会場スコア得点者
ナビスコ杯
準決勝第1戦
新潟デンカS●1-2(新潟)山本、R・シルバ
(G大阪)大森
ナビスコ杯
準決勝第2戦
新潟万博○2-0(G大阪)遠藤、藤春
明治安田生命J1
2nd第14節
浦和万博○2-1(G大阪)阿部、長沢
(浦和)ズラタン
ACL
準決勝第2戦
広州恒大万博△0-0
明治安田生命J1
2nd第15節
仙台ユアスタ○3-1(仙台)R・ロペス
(G大阪)パトリック、倉田2

・前節ハイライト


・鹿島との対戦成績(直近の公式戦5試合)
会場スコア得点者
2014年リーグ戦
第6節
万博○ G大阪 0-2 鹿島(鹿島)ダヴィ、カイオ
2014年ナビスコ杯
予選第4節
万博● G大阪 2-1 鹿島(G大阪)倉田、米倉
(鹿島)ダヴィ
2014年リーグ戦
第27節
カシマ● 鹿島 2-3 G大阪(鹿島)赤﨑、土居
(G大阪)O.G.、パトリック、リンス
2015年リーグ戦
1st第10節
万博● G大阪 2-0 鹿島(G大阪)今野、遠藤
2015年リーグ戦
2nd第10節
カシマ● 鹿島 1-2 G大阪(鹿島)鈴木優
(G大阪)宇佐美

<今季の対戦を振り返る>
・リーグ戦 1st第10節 マッチレポート

・リーグ戦 2nd第10節 マッチレポート


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(ACLシード) ※()は2015年ナビスコ杯の記録
GK
21曽ヶ端準(4試合4失点)
DF
22西大伍(4試合0得点0アシスト)
14ファン・ソッコ(3試合0得点0アシスト)
3昌子源(3試合0得点0アシスト)
16山本脩斗(4試合0得点1アシスト)
MF
40小笠原満男(4試合0得点1アシスト)
20柴崎岳(0試合0得点0アシスト)
25遠藤康(4試合2得点0アシスト)
13中村充孝(3試合1得点0アシスト)
FW
18赤﨑秀平(4試合2得点1アシスト)
33金崎夢生(4試合4得点0アシスト)
SUB
GK1佐藤昭大(0試合0失点)
DF4山村和也(4試合1得点0アシスト)
DF5青木剛(3試合0得点0アシスト)
MF7カイオ(3試合1得点0アシスト)
MF10本山雅志(0試合0得点0アシスト)
MF32杉本太郎(0試合0得点0アシスト)
FW34鈴木優磨(0試合0得点0アシスト)
監督
石井正忠

欠場予想選手
MF土居聖真(左第二中足骨骨折で欠場濃厚)
FWジネイ(右膝前十字靭帯と右膝半月板の損傷で欠場濃厚)

前節の湘南戦から、ファン・ソッコが山村に代わってCBに入る以外は変わらない見通し。ただ、青木の可能性もある。SUBには豊川のベンチ入りの可能性も。

【KEY MAN】
MF柴崎岳
…鹿島が誇る若き司令塔。攻撃陣は好調を維持しているだけに、そこにいかにボールを届けるかは大きなカギになりそうだ。そうした中で、最近ラストパスの精度が落ちてきているこの男が3年前のような輝きを見せられれば、鹿島の聖杯への道がグッと開けてきそうだ。

<G大阪>
(ACLシード) ※()は2015年ナビスコ杯の記録
GK
1東口順昭(0試合0失点)
DF
14米倉恒貴(0試合0得点)
3西野貴治(3試合0得点)
5丹羽大輝(0試合0得点)
4藤春廣輝(3試合1得点)
MF
15今野泰幸(3試合0得点)
7遠藤保仁(2試合1得点)
13阿部浩之(3試合1得点)
11倉田秋(3試合0得点)
39宇佐美貴史(0試合0得点)
FW
29パトリック(2試合0得点)
SUB
GK18藤ヶ谷陽介(4試合5失点)
DF6金正也(3試合0得点)
DF22オ・ジェソク(3試合0得点)
MF19大森晃太郎(4試合1得点)
MF21井手口陽介(4試合0得点)

FW9リンス(3試合0得点)
FW24赤嶺真吾(2試合0得点)
監督
長谷川健太

欠場予想選手
DF岩下敬輔(右足首を痛めて出場微妙)
FW長沢駿(清水時代にナビスコ杯に出場しているため欠場)

前節の仙台戦と同じく、負傷を抱える岩下に代わってCBに西野が入る見通しだ。

【KEY MAN】
FW宇佐美貴史
…絶対的な個を持つ青黒の至宝。左SHでのプレーが続き、ゴールも輝きもコンスタントではないが、鹿島との前回対戦での2ゴールが示す通り、一瞬のスキから歓喜を生むプレーを見せる。

<トーナメント表>
image

 アウェイでの第1戦では、終盤に押し込まれ1点を返されたものの、2点のアウェイゴールを奪って勝ち越した状態で第2戦に繋げることに成功した。神戸との3連戦もいよいよ最後、カシマで3年ぶりの決勝進出のため鹿島は戦うことになる。

 やるべきことは変わらないだろう。DFラインを高く保って全体を押し上げ、前線からのプレスで相手のビルドアップを制限して、ボールを奪えればショートカウンターに繋げ、奪えなくてもロングボールのセカンドを拾って攻撃に繋げる。攻撃ではCBとボランチの間でボールを受けて起点を作り、そのためにサイドで前線の選手が高い位置でボールを収め、相手のDFラインを下げさせる。こうしたことが出来ている時の鹿島は自分たちのペースで試合を進められている証拠。自分たちの流れの時に効果的に得点出来ていないのが今の課題であるが、それが出来れば勝利はより確実なものになることは間違いない。

 懸念材料はここに来て疲労の色が隠せなくなってきている点である。第1戦の後半はプレスのスイッチ役である金崎の疲労が顕著で、プレスが効かずDFラインが押し上げられなくなってしまっていた。また、途中出場した選手たちも試合の流れに入れず、監督の期待に応えたとは言い難い内容だった。さらに、攻守において貢献度の高かった土居の長期離脱も決まってしまった。本来ならばフレッシュなメンバーを何人か入れて、強度の維持を図りたいがそれは難しそうな状況である。

 ただ、タイトルを掴むためにもここで落とすわけにはいかないというのは言うまでもないことである。ピッチに立つ選手が力のすべてを出すことはもちろん、ベンチに座る選手も出場すれば持てる力を出し切って周囲を助け、石井監督にも状況に応じて的確な対応を素早く打つことが求められる。文字通り、「総力」を出し尽くした戦いで鹿島は埼玉への切符を掴み取る。

2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント 準決勝 第2戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズヴィッセル神戸ヴィッセル神戸
10月11日(日) 14:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!放送予定(13:50~ スカチャン0[CS800])
スカパー!オンデマンド配信リンク(13:50~)

[対戦相手情報]
ヴィッセル神戸
2015シーズン(年間):13位 勝点32 30試合8勝8分14敗 36得点40失点
2015シーズン(2nd):12位 勝点13 13試合4勝1分8敗 19得点21失点
2015シーズン ナビスコ杯(予選):Bグループ2位 勝点11 6試合3勝2分1敗 11得点5失点
鹿島との対戦データ

・メンバーリスト
ポジ番号選手名試合-得点(リーグ戦)試合-得点(ナビスコ杯)
GK21松澤香輝0-00-0
22山本海人29-388-8
28吉丸絢梓0-00-0
30徳重健太1-21-2
DF3相馬崇人21-06-0
4北本久仁衛9-02-0
5岩波拓也26-17-1
6高橋峻希25-49-0
8高橋祥平22-25-0
14増川隆洋17-16-0
25奥井諒16-04-0
26山口真司1-02-0
31安田理大8-05-0
34ブエノ11-12-0
35藤谷壮(2種)3-01-0
東隼也(2種)0-00-0
山川哲史(2種)0-00-0
MF10森岡亮太26-39-2
15小林成豪(特別指定)0-00-0
16チョン・ウヨン28-06-1
17田中英雄11-13-0
20増山朝陽8-03-0
23松下佳貴(特別指定)1-00-0
24三原雅俊19-15-0
32前田凌佑6-06-0
FW7ペドロ・ジュニオール12-04-2
9石津大介23-36-2
11レアンドロ26-93-1
13小川慶治朗19-47-0
18マルキーニョス15-33-0
19渡邉千真24-67-6
29田代容輔6-01-0
監督ネルシーニョ1年目
※試合-得点は2015シーズンの成績。GKの得点の欄は失点。

[第1戦ハイライト]
神戸 1-2 鹿島(神戸ユ)
<得点者>
(神戸)岩波
(鹿島)山村、赤﨑
公式記録はこちら
・マッチレポートはこちら
・動画



[予想フォーメ
ーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(ACLシード) ※()は2015年ナビスコ杯の記録、は累積警告
GK
21曽ヶ端準(3試合3失点)
DF
22西大伍(3試合0得点0アシスト)
14ファン・ソッコ(2試合0得点0アシスト)
3昌子源(2試合0得点0アシスト)
16山本脩斗(3試合0得点1アシスト)
MF
40小笠原満男(3試合0得点1アシスト)
4山村和也(3試合1得点0アシスト)
25遠藤康(3試合2得点0アシスト)
13中村充孝(2試合0得点0アシスト)
FW
33金崎夢生(3試合2得点0アシスト)
18赤﨑秀平(3試合2得点0アシスト)
SUB
GK1佐藤昭大(0試合0失点)
DF23植田直通(0試合0得点0アシスト)
MF7カイオ(2試合0得点0アシスト)
MF10本山雅志(0試合0得点0アシスト)
MF27梅鉢貴秀(0試合0得点0アシスト)
FW11ダヴィ(2試合0得点1アシスト)
FW34鈴木優磨(0試合0得点0アシスト)
監督
石井正忠

欠場予想選手
DF青木剛(左つま先を痛めて出場微妙)
MF土居聖真(左第二中足骨骨折で欠場濃厚)
MF柴崎岳(日本代表で欠場)
FWジネイ(右膝前十字靭帯と右膝半月板の損傷で欠場濃厚)

第1戦から負傷明けのファン・ソッコが負傷して別メニュー調整中の青木に代わってCBに入る見込み。また、連戦を考慮して2列目にカイオが起用される可能性がある。

【KEY MAN】
MF小笠原満男
…精度の高いパスでチャンスメイクし、また危機をいち早く察知して潰す、言わずと知れた鹿島の「闘将」。第2戦は失点しなければOKなだけにこの男の守備力がどれだけ活きるか、またカウンターの時にパスセンスがどれだけ活きるか、そして状況に応じて彼の試合を読む力がどれだけ活きるかは、鹿島の決勝進出の行方を大いに左右するだろう。

<神戸>
(予選Bグループ2位) ※()は2015年ナビスコ杯の記録
GK
30徳重健太(1試合2失点)
DF
5岩波拓也(7試合1得点)
24三原雅俊(5試合0得点)
8高橋祥平(5試合0得点)
MF
10森岡亮太(9試合2得点)
32前田凌佑(6試合0得点)
6高橋峻希(9試合0得点)
31安田理大(5試合0得点)
19渡邉千真(7試合6得点)
13小川慶治朗(7試合0得点)
FW
11レアンドロ(3試合1得点)
SUB
GK28吉丸絢梓(0試合0失点)
DF3相馬崇人(6試合0得点)
DF4北本久仁衛(2試合0得点)
DF25奥井諒(4試合0得点)
MF17田中英雄(3試合0得点)
FW7ペドロ・ジュニオール(4試合2得点)
FW9石津大介(6試合2得点)
監督
ネルシーニョ

欠場予想選手
GK山本海人(別メニュー調整中で出場微妙)
DF増川隆洋(別メニュー調整中で出場微妙)
DFブエノ(左太もも裏を痛め出場微妙)
MFチョン・ウヨン(韓国代表で欠場)

第1戦の終盤のメンバーがベースとなる見通し。CBは負傷したブエノに代わって三原が入り、ボランチに前田、また左WBに安田が起用されるだろう。ただ、三原をボランチに回してCBに北本、また2シャドーの一角に石津が起用される可能性もある。

【KEY MAN】
FW渡邉千真
…第1戦でケガから復帰したストライカー。第1戦では献身的な動きと高いキープ力を見せ、チャンスにも絡んだ。今大会はこれまで6得点と好調で、現時点での大会得点王でもある。

<ナビスコ杯 準決勝第2戦 対戦カード>
日付時間対戦カード会場
10/11(日)14:00G大阪-新潟万博
鹿島-神戸カシマ

<トーナメント表>
figure_tornament

 連戦の初戦を、鹿島は完勝とも言える内容で制した。中3日で今度はナビスコ杯として、再びアウェイで神戸と戦うことになる今節ももちろん勝って、決勝進出への足掛かりの第一歩としたいところだ。

 しかし、当然のことながらその道のりは一筋縄ではいかないだろう。特に不気味なのが神戸の出方である。リーグ戦ではノエスタのピッチに苦しみ、攻守に淡白な内容で鹿島の前に敗れたが、今度は神戸ユで戦うだけにピッチの言い訳はできないと同時に、森岡のようなパサーにとってはやりやすい環境であることは間違いない。また、この3日間でケガ人が復帰してきており、メンバーが布陣を含めて変わってくる可能性もあるだけに、その点は読みづらいところがある。

 鹿島に求められるのはそうした神戸の出方に対する対応力だ。リーグ戦では、ノエスタのピッチ状況を早々に把握して、それに対応する戦い方が出来たからこそ勝利を掴むことが出来た。その対応力を今節も見せることが出来れば、鹿島の不安はグッと減り、反面期待が膨らんでくるだろう。また、連戦ということもあり鹿島もメンバーの入れ替えが予想される。選手個々の特徴を活かした戦い方にも対応していきたいところだ。

 アウェイでの第1戦では何よりアウェイゴールが求められる。鹿島としては多少のリスクは覚悟してでも、多くのゴールを奪いたいところだ。先手はもちろん取りたいが鹿島にとってカギになるのは準々決勝同様、いかに有利な状態でカシマに戻ってこれるかである。

2015Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント 準決勝 第1戦
ヴィッセル神戸ヴィッセル神戸鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
10月7日(水) 19:00キックオフ
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

試合情報(神戸公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!放送予定(18:50~ スカチャン0[CS800])
スカパー!オンデマンド配信リンク(18:50~)

[対戦相手情報]
ヴィッセル神戸
2015シーズン(年間):13位 勝点32 30試合8勝8分14敗 36得点40失点
2015シーズン(2nd):12位 勝点13 13試合4勝1分8敗 19得点21失点
2015シーズン ナビスコ杯(予選):Bグループ2位 勝点11 6試合3勝2分1敗 11得点5失点
鹿島との対戦データ

・神戸 ナビスコ杯の戦績 
大会相手会場スコア得点者
予選第2節山形ノエスタ○3-1(神戸)石津、渡邉2
(山形)松岡
予選第3節仙台ユアスタ△0-0
予選第4節川崎Fノエスタ△0-0
予選第5節横浜FMニッパツ○3-2(横浜FM)富澤、伊藤
(神戸)渡邉2、森岡
予選第6節清水ノエスタ●1-2(神戸)フェフージン
(清水)高木善、加賀美
予選第7節名古屋パロ瑞穂○4-0(神戸)チョン・ウヨン、P・ジュニオール2、渡邉
準々決勝第1戦○2-0(神戸)石津、渡邉
準々決勝第2戦神戸ユ●2-3(神戸)レアンドロ、森岡
(柏)エデルソン2、工藤

・メンバーリスト
ポジ番号選手名試合-得点(リーグ戦)試合-得点(ナビスコ杯)
GK21松澤香輝0-00-0
22山本海人29-388-8
28吉丸絢梓0-00-0
30徳重健太1-20-0
DF3相馬崇人21-05-0
4北本久仁衛9-02-0
5岩波拓也26-16-0
6高橋峻希25-48-0
8高橋祥平22-24-0
14増川隆洋17-16-0
25奥井諒16-04-0
26山口真司1-02-0
31安田理大8-04-0
34ブエノ11-11-0
35藤谷壮(2種)3-01-0
東隼也(2種)0-00-0
山川哲史(2種)0-00-0
MF10森岡亮太26-38-2
15小林成豪(特別指定)0-00-0
16チョン・ウヨン28-06-1
17田中英雄11-13-0
20増山朝陽8-03-0
23松下佳貴(特別指定)1-00-0
24三原雅俊19-14-0
32前田凌佑6-05-0
FW7ペドロ・ジュニオール12-04-2
9石津大介23-35-2
11レアンドロ26-92-1
13小川慶治朗19-46-0
18マルキーニョス15-33-0
19渡邉千真24-66-6
29田代容輔6-01-0
監督ネルシーニョ1年目
※試合-得点は2015シーズンの成績。GKの得点の欄は失点。

[前回対戦ハイライト]
神戸 0-2 鹿島(ノエスタ)
<得点者>
(鹿島)山本、カイオ
公式記録はこちら
・マッチレポートはこちら
・動画


[予想フォーメ
ーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(ACLシード) ※()は2015年ナビスコ杯の記録、は累積警告
GK
21曽ヶ端準(2試合2失点)
DF
22西大伍(2試合0得点0アシスト)
3昌子源(1試合0得点0アシスト)
5青木剛(2試合0得点0アシスト)
16山本脩斗(2試合0得点1アシスト)
MF
40小笠原満男(2試合0得点0アシスト)
4山村和也(2試合0得点0アシスト)
25遠藤康(2試合2得点0アシスト)
19豊川雄太(0試合0得点0アシスト)
FW
33金崎夢生(2試合2得点0アシスト)
18赤﨑秀平(2試合1得点0アシスト)
SUB
GK1佐藤昭大(0試合0失点)
DF14ファン・ソッコ(2試合0得点0アシスト)
MF7カイオ(1試合0得点0アシスト)
MF13中村充孝(1試合0得点0アシスト)
MF27梅鉢貴秀(0試合0得点0アシスト)
FW11ダヴィ(1試合0得点1アシスト)
FW34鈴木優磨(0試合0得点0アシスト)
監督
石井正忠

欠場予想選手
MF土居聖真(足を痛め欠場濃厚)
MF柴崎岳(日本代表で欠場)
MF久保田和音(U-18日本代表で欠場濃厚)
FWジネイ(右膝前十字靭帯と右膝半月板の損傷で欠場濃厚)

リーグ戦から変わって、柴崎が日本代表で欠場するボランチに山村が入り、また2列目に紅白戦で主力組で起用されている情報がある豊川、2トップの一角にケガの土居に代わって赤﨑が入ると予想した。ただ、2列目にカイオ、2トップの一角にダヴィが起用される可能性もある。また、ケガから復帰したファン・ソッコがベンチ入りすると予想。先発の可能性もゼロではない。

【KEY MAN】
DF山村和也
…柴崎の代表招集で再びチャンスが巡ってくるだろう。神戸攻撃陣を抑え、的確な配球で攻撃をサポートしたい。また、リーグ戦ではセットプレーから先制しただけに、この試合もチャンスはある。チーム屈指の空中戦の強さを誇るだけに、狙っていきたいところだ。

<神戸>
(予選Bグループ2位) ※()は2015年ナビスコ杯の記録
GK
30徳重健太(0試合0失点)
DF
5岩波拓也(6試合0得点)
4北本久仁衛(2試合0得点)
8高橋祥平(4試合0得点)
MF
24三原雅俊(4試合0得点)
17田中英雄(3試合0得点)
25奥井諒(4試合0得点)
3相馬崇人(5試合0得点)
7ペドロ・ジュニオール(4試合2得点)
10森岡亮太(8試合2得点)
FW
11レアンドロ(2試合1得点)
SUB
GK28吉丸絢梓(0試合0失点)
DF31安田理大(4試合0得点)
DF34ブエノ(1試合0得点)
MF32前田凌佑(5試合0得点)
FW9石津大介(5試合2得点)

FW13小川慶治朗(6試合0得点)
FW19渡邉千真(6試合6得点)
監督
ネルシーニョ

欠場予想選手
GK山本海人(ケガで欠場濃厚)
DF高橋峻希(ケガで出場微妙)
MFチョン・ウヨン(韓国代表で欠場)

リーグ戦から、代表招集のチョン・ウヨンに代わってボランチに田中、右WBに奥井が入る以外は変わらない見込みだが、ケガ人が復帰してきており、CBに増川やブエノ、ボランチに前田、左WBに安田、シャドーに石津、小川、渡邉が入る可能性もある。

【KEY MAN】
MF森岡亮太
…相手に掴まらないポジショニングから、得意のスルーパスで攻撃を演出する神戸のファンタジスタ。リーグ戦ではノエスタのピッチに苦しんで、思うようなパフォーマンスが出来なかったが、神戸ユで行われる今回はその右足で神戸を初の決勝に導くための先手を取る。

<ナビスコ杯 準決勝第1戦 対戦カード>
日付時間対戦カード会場
10/7(水)19:00新潟-G大阪デンカS
神戸-鹿島神戸ユ

<トーナメント表>
figure_tornament

↑このページのトップヘ