タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

2015年01月

2015Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 宮崎ラウンド 第1戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ大分トリニータ大分トリニータ
2月1日(日) 12:30キックオフ
KIRISHIMA ハイビスカス陸上競技場

試合情報(Jリーグ公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!放送予定(12:20~ BSスカパー!) ※無料放送
スカパー!オンデマンド配信リンク(12:20~)

[対戦相手情報]
大分トリニータ
2014シーズン(J2) 7位 勝点63 42試合17勝12分13敗 52得点55失点
昨季は一年でのJ1復帰を目指し、最終節までプレーオフ争いに絡んだが及ばずに7位に終わった。田坂体制5季目となる今季も高い最終ラインからボールを繋いでゴールに迫るアグレッシブなサッカーを目指すが、その陣容は大きく変わった。主将で最終ラインの柱であった高木、チーム得点王の林、ボランチの末吉と伊藤などチームの約半数が退団。その代わりに長崎の守備の柱であった山口やJ1での経験も豊富な岡本、兵働、さらにブラジルW杯サポートメンバーの坂井など多くの新戦力を迎え入れた。今季の目標はもちろんJ1昇格。そのためにNYCは真剣勝負の中で戦術の浸透を図る貴重な舞台だ。

・2015シーズンメンバーリスト
ポジ番号選手名試合-得点
GK1武田洋平41-51
21上福元直人0-0
22修行智仁23-13(J3)
DF2山口貴弘37-1
3阪田章裕28-1
5若狭大志30-2
6福森直也
15鈴木義宜0-0
16安川有31-2
23石川大徳2-0(J1)
25佐藤昂洋
MF4キム・ジョンヒョン10-1
8西弘則30-0
11為田大貴33-5
14松本昌也28-2
17松本怜25-1
19風間宏矢34-6
24姫野宥弥
28坂井大将0-0
29岩田智輝(2種)
33兵働昭弘35-2
35ダニエル11-2
FW7岡本英也32-1(J1)
9後藤優介20-2
10エヴァンドロ
13高松大樹24-3
18伊佐耕平15-0
20ムリロ・アルメイダ
27三平和司28-8
30吉平翼(2種)
監督田坂和昭5年目
赤字は新加入。試合-得点は2014シーズンのリーグ戦の成績(括弧なしはJ2)。GKの得点の欄は失点。

・鹿島との対戦成績(直近5試合、公式戦のみ)
会場スコア得点者
2009年
J1第15節
九石ド○ 大分 1-2 鹿島(大分)清武
(鹿島)小笠原、岩政
2009年
J1第21節
カシマ○ 鹿島 1-0 大分(鹿島)伊野波
2013年
J1第6節
大銀ド○ 大分 2-3 鹿島(大分)高松、森島
(鹿島)柴崎、野沢、大迫
2013年
ナビスコ杯予選第6節
大銀ド○ 大分 0-1 鹿島(鹿島)大迫
2013年
J1第27節
カシマ○ 鹿島 3-1 大分(鹿島)遠藤2、ダヴィ
(大分)森島

[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島> ※()は2014年リーグ戦の記録
GK
21曽ヶ端準(34試合39失点)
DF
24伊東幸敏(12試合0得点)
14ファン・ソッコ(12試合0得点)
5青木剛(18試合1得点)
17鈴木隆雅(10試合0得点 ※J2)
MF
40小笠原満男(33試合2得点)
27梅鉢貴秀(5試合0得点)
25遠藤康(30試合10得点)
8土居聖真(34試合8得点)
19豊川雄太(17試合2得点)
FW
18赤﨑秀平(15試合5得点)
SUB
GK1佐藤昭大(0試合0失点)
DF4山村和也(8試合0得点)
DF16山本脩斗(32試合1得点)
DF22西大伍(23試合3得点)
MF10本山雅志(12試合0得点)
MF13中村充孝(14試合2得点)
MF20柴崎岳(34試合6得点)
MF32杉本太郎(4試合0得点)
FW15高崎寛之(30試合7得点)
監督
トニーニョ・セレーゾ

欠場予想選手
DF昌子源(コンディション不良で欠場濃厚)
DF植田直通(コンディション不良で出場微妙)
MFカイオ(足の付け根の痛みで欠場濃厚)
MF柴崎岳(コンディション不良で出場微妙)
MF久保田和音(新人研修で欠場)
MF大橋尚志(新人研修で欠場)
FWダヴィ(左膝前十字靭帯損傷、左膝外側半月板損傷で欠場濃厚)
FW鈴木優磨(新人研修で欠場

フォーメーションは今季も4-2-3-1が基本となりそうだ。この試合では初の実戦ということもあり、昨季出場機会の少なかった選手や新加入選手にチャンスが与えられるだろう。予想先発は試合前日の紅白戦のメンバーを参考に考えた。カイオは鹿嶋での練習で負傷し、まだ紅白戦などに参加できていない。日本代表組はコンディション面から出場しない可能性は高いが、一足先に合流した柴崎はベンチ入りの可能性があると予想した。

【KEY MAN】
DFファン・ソッコ
…広島から加入した韓国代表経験もあるDFはチームで早くも存在感を見せ始めている。宮崎キャンプではチーム戦術の習得に時間を割いていたが、これを早くも習得しつつあり武器である身体能力の高さ、さらに積極的なビルドアップも見せ始めている。代表組のいないこの試合はCBのレギュラー獲りへ大きなチャンスだ。

<大分> ※()は2014年リーグ戦の記録(表記なしはJ2の記録)
GK
1武田洋平(41試合51失点)
DF
5若狭大志(30試合2得点)
2山口貴弘(37試合1得点)
16安川有(31試合2得点)
MF
33兵働昭弘(35試合2得点)
35ダニエル(11試合2得点)
23石川大徳(2試合0得点 ※J1)
17松本怜(25試合1得点)
7岡本英也(32試合1得点 ※J1)
11為田大貴(33試合5得点)
FW
10エヴァンドロ(新加入)
SUB
GK22修行智仁(23試合13失点 ※J3)
DF3阪田章裕(28試合1得点)
MF4キム・ジョンヒョン(10試合1得点)
MF8西弘則(30試合0得点)
MF14松本昌也(28試合2得点)
MF19風間宏矢(34試合6得点)
FW9後藤優介(20試合2得点)
FW13高松大樹(24試合3得点)
FW20ムリロ・アルメイダ(新加入)
監督
田坂和昭

欠場予想選手
DF福森直也(新人研修で欠場)
DF鈴木義宜(新人研修で欠場)
DF佐藤昂洋(新人研修で欠場)
MF姫野宥弥(新人研修で欠場)
MF坂井大将(新人研修で欠場)
FW三平和司(別メニュー調整中で欠場濃厚)

昨季は4バックが基本布陣だったが、今季は3バックをベースとして戦うようだ。3バックは新加入の山口を軸として対人に強い選手が揃っている。ボランチは新主将で守備の要のダニエルとゲームメーカーの兵働。サイドにはスピードのある選手が揃い、2シャドーにユース出身の若きアタッカー為田と古巣対戦となる岡本のコンビ、1トップには新外国人でフィジカルの強いエヴァンドロという陣容が予想される。

[要注意選手]
MF兵働昭弘
…千葉から加入したベテランのファンタジスタ。清水-柏-千葉と渡り歩き、豊富な経験を持つ。左足から繰り出されるキックは正確で間違いなく脅威で、豊富な運動量も併せ持つ。昨季は終盤に出場機会を減らしたが、まだまだその力は健在だ。

[日程・結果]
<Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 宮崎ラウンド 日程>
日付時間対戦カード会場
2/1(日)12:30鹿島-大分宮崎県陸
2/4(水)14:00福岡-鹿島宮崎県陸
2/7(土)12:30大分-福岡宮崎県陸
※Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 特別ルール
・ベンチ入りは9人まで可能、選手交代は8人まで可能
・その他の大会概要はこちら

DF14ファン・ソッコ(←サンフレッチェ広島)

<プロフィール>
生年月日:1989/06/27
身長・体重:183cm、80kg
プレーポジション:CB、両SB、両WB
経歴:雲湖高(韓国)-大邱大(韓国)-広島
代表歴:ロンドン五輪韓国代表、ブラジルW杯韓国代表、韓国代表国際Aマッチ3試合0得点

<出場記録>

チームDiV.J試J得NC試NC得EC試EC得ACL試ACL得
2012広島J11804000--
2013広島J1263002030
2014広島J1120301061
※用語
試.:出場試合数
得:得点数
J:リーグ戦
NC:ヤマザキナビスコカップ
EC:天皇杯
ACL:アジアチャンピオンズリーグ

<寸評>
 鹿島史上3人目の韓国人選手である。武器は身体能力の高さで、スピード、高さ、フィジカル、スタミナと全てが高いレベルにある。また、最終ラインの全ポジションと3バック時のWBをこなせるユーティリティーさも魅力であり、豪快なミドルシュートも併せ持っている。ACLでの実績もあり、十分にレギュラーを張れる存在である。ただ、ケガが多いのが懸念材料である。4バックを採用している韓国代表ではCBでプレーしていることもあって、本人はCBでのプレーを希望している。

<ゴール動画>
2014 ACL GL第4節 VSFCソウル


FW15高崎寛之(←徳島ヴォルティス)

<プロフィール>
生年月日:1986/03/17
身長・体重:188cm、78kg
プレーポジション:CF
経歴:古河第三高-駒澤大-浦和-水戸-浦和-甲府-徳島

<出場記録>
チームDiv.J試J得NC試NC得EC試EC得
2008浦和J1203000
2009水戸J24619--00
2010浦和J1513021
2011浦和J11523031
2012甲府J2275--10
2013徳島J2252--10
2014徳島J13073000
※用語
試.:出場試合数
得:得点数
J:リーグ戦
NC:ヤマザキナビスコカップ
EC:天皇杯

<寸評>
 実力派の大型FWだ。長身を活かした高さとフィジカルで前線で起点になれるだけでなく、一瞬のスキを見逃さずに高いシュート精度でゴールを陥れる。昨季所属した徳島ではチームはJ2に降格してしまったが、そんな中で攻撃陣の中で気を吐き続け、J1では自己最多となる7得点と結果を残した。鹿島ではチャンスの数も増えるだけにより多くの得点が期待できるだろう。ジネイが契約合意に至らず、新外国人獲得の報道もない今、FWの軸としての働きが求められる。

<ゴール動画>
2014① J1第5節 VSサンフレッチェ広島


2014② J1第15節 VS名古屋グランパス


2014③④ J1第17節 VS大宮アルディージャ


2014⑤ J1第18節 VSヴァンフォーレ甲府


2014⑥⑦ J1第21節 VSアルビレックス新潟



DF17鈴木隆雅(←栃木SC)

<プロフィール>
生年月日:1994/02/28
身長・体重:180cm、68kg
プレーポジション:LSB
経歴:鹿島ユース-鹿島-千葉-栃木

<出場記録>
チームDiv.J試J得NC試NC得EC試EC得
2012鹿島J1000010
2013鹿島J10000--
2013千葉J220--10
2014栃木J2100--00
※用語
試.:出場試合数
得:得点数
J:リーグ戦
NC:ヤマザキナビスコカップ
EC:天皇杯

<寸評>
 1年半ぶりに復帰したユース出身のレフティだ。左足から繰り出されるクロスと身体能力の高さが武器だが、戦術理解度と守備面に難があり、鹿島では出場機会を得られず、武者修行に出ていた。しかし、昨季所属した栃木でも先発のチャンスを掴むが、守備面での貢献度の低さを見られて後半戦はベンチに入ることも出来なくなっていた。鹿島に復帰した現在も厳しい状況にあるが、左利きの左SBは貴重なだけに課題を克服してまずはJ1リーグ戦デビューを果たしたい。

MF26久保田和音(←大阪桐蔭高校)

<プロフィール>
生年月日:1997/01/01
身長・体重:170cm、62kg
プレーポジション:DMF、OMF
全国大会出場歴:2014年度インターハイ(1試合1得点)
代表歴:U-17日本代表(2014年8月)、U-18日本代表(2015年1月)

 <寸評>
 武器は長短のパスを活かしたゲームメイクと運動量という技巧派ボランチである。全国レベルの実績は少ないが、今月U-18代表にも選ばれた通り、素質は光るものがあり、高2の10月の国体を視察した時にスカウトの目に留まって加入に至った。鹿島では柴崎の後継者としての期待値が高い。一方で、今季の新加入選手で唯一の170cm台ということからも分かる通り、小柄でフィジカル面には不安がある。1年目はまずは身体作りに重点が置かれることになるだろう。また、そうしたフィジカル面での不安を軽減するために本職ではない2列目での起用も考えられる。

MF30大橋尚志(←鹿島アントラーズユース)

<プロフィール>
生年月日:1996/12/01
身長・体重:184cm、73kg
プレーポジション:ボランチ

<出場記録>

PL試PL得CY試CY得JYT試JYT得
20131430020
20141814040
※用語
試:出場試合数
得:得点数
PL:U-18高円宮杯プレミアリーグEAST
CY:U-18クラブユース選手権
JYT:Jユースカップ決勝トーナメント

<寸評>
 初のジュニアユースつくばからの出身選手となる大型ボランチだ。武器はその体格を活かしたフィジカルと圧倒的なスタミナだ。特にスタミナは測定で過去のルーキーと比べてもトップの数字を叩き出しているという。また、正確なパス技術も身につけており、トップチームの関係が強化されているユース出身ということからも1年目からの試合出場の可能性も少なくないだろう。ただ、ポジショニングと判断の質は課題であり、特に潰しにいくところといかないところの判断はより研ぎ澄ましたいところだ。

FW34鈴木優磨(←鹿島アントラーズユース)

<プロフィール>
生年月日:1996/04/26
身長・体重:180cm、68kg
プレーポジション:SH、CF、OMF

<出場記録>
PL試PL得CY試CY得JYT試JYT得
201211----
20131863124
20141784132
※用語
試:出場試合数
得:得点数
PL:U-18高円宮杯プレミアリーグEAST
CY:U-18クラブユース選手権
JYT:Jユースカップ決勝トーナメント

<寸評>
 ゴールや勝利への気持ちを前面に押し出して戦う熱いアタッカーである。ユースでは主に右SHで起用され、決して技術的に優れているわけではないが、フィジカルの強さと思い切りの良さでゴールを奪ってきた。そのフィジカルがプロで通用するかは未知数だが、その性格は間違いなくプロ向きだ。今季は1トップの時は右SH、2トップの時はCFの一角がメインポジションになるのではないだろうか。2列目はともかく、CFの層は厚いとは言えないだけに、1年目からの試合出場に期待がかかる。

※大橋、鈴木優 参考映像
・2014Jユースカップ 準々決勝 VS神戸U-18 ○1-0(得点者:鈴木優) ※大橋、鈴木優、共にフル出場 


・2014Jユースカップ 準決勝 VS清水ユース ○3-1(得点者:武田、寺門、平戸) ※大橋フル出場、鈴木優は出場停止


・2014Jユースカップ 決勝 VSG大阪ユース ○1-1(PK 4-3)(得点者:寺門) ※大橋、鈴木優、共にフル出場

↑このページのトップヘ