前節ホームで引き分けたものの、依然として首位に立つ鹿島。運命の最終節は、アウェイで磐田と戦う。

 磐田は現在5位。チームの目標を大きく上回る結果をここまで残しており、前節もメンバーを入れ替えながら、鳥栖に2-0で快勝。鹿島との前回対戦でも3-0で磐田が勝利している。そんな磐田の躍進の原動力となっているのが、リーグ最少の30失点という守備である。運動量豊富なボランチを軸に激しいプレッシャーをかけ、中盤でボールを奪おうとするのが磐田のスタイル。CBも積極的にインターセプトを狙って、最終ラインは高い位置を保っている。そして最後尾に控えるのはリーグ屈指のGKであるカミンスキー。昨季は50失点していたことを考えれば、磐田の守備の充実ぶりはチームの成績に大きな意味を持つものだろう。

 磐田は攻撃では速攻と遅攻を使い分けている。速攻は先程述べた高い位置からの守備をショートカウンターに繋げる形、一方遅攻では中村俊を軸としたビルドアップからのものである。低い位置から組み立てに参加する中村俊が空けたスペースにはボランチが走りこんで、前線の人数不足を補っている。そして、フィニッシュパターンで多いのがクロスからのもの。ゴール前で強さを発揮する川又以外にもアダイウトンや逆サイドの選手、ボランチを飛び込ませることで、チャンスを作り出しているのだ。

 鹿島としては磐田の攻守においてキーマンとなっているボランチの働きを封じることが勝利のカギとなるだろう。攻撃ではいかにボランチのプレッシャーを外して、相手CBとの勝負に持ち込めるか、守備では積極的にポジションを変えて動く磐田のボランチをケアできるか、ここの成否が勝敗を大きく左右してくることだろう。特に意識したいのが、ボールを奪った後、奪われた後のトラジションのシーンである。鹿島は前節の柏戦ではボールを奪われた後にその周りにいる選手が素早くプレッシャーをかけることでカウンターのピンチを未然に防ぎ、逆にチャンスに繋げることができていた。鹿島としてはそうしたプレーを継続したい一方で、磐田も同じようなプレーを狙ってくるチームなだけに、ボールを奪った後のプレーは今節余計に意識したいところだ。

 前節はゴールを奪えなかったが、チャンスは決して少なくなかった。あとはそれをゴールが入るまで続けるだけだ。チームの士気の高さは少しも衰えてないだけに、やるべきことをやりきれば確実にこちらに風は来る。

明治安田生命J1リーグ 第34節
ジュビロ磐田ジュビロ磐田鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
12月2日(土) 14:00キックオフ
ヤマハスタジアム


試合情報(磐田公式サイト)
スタジアムの天気
NHK総合 放送予定(13:50~)
DAZN 放送予定(13:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位)
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF

4レオ・シルバ
20三竿健斗
25遠藤康
11レアンドロ
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF24伊東幸敏
MF6永木亮太
MF40小笠原満男
FW7ペドロ・ジュニオール
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
MF田中稔也(右第5中足骨骨折で欠場濃厚)

前節と同じスタメンで臨む模様。安部の札幌戦以来となるベンチ入りを予想。

<磐田>(5位)
GK
21カミンスキー
DF
41高橋祥平
3大井健太郎
35森下俊
MF
8ムサエフ
40川辺駿
24小川大貴
13宮崎智彦
10中村俊輔
15アダイウトン

FW

20川又堅碁
SUB
GK36三浦龍輝
DF33藤田義明
MF7上田康太
MF11松浦拓弥
MF14松本昌也
MF30上原力也
FW37中野誠也
監督
名波浩


欠場予想選手
DF櫻内渚(累積警告で出場停止)
MF荒木大吾(右腓骨骨折・右足関節靱帯損傷で欠場濃厚)
FW小川航基(左膝前十字靭帯損傷・外側半月板損傷で欠場濃厚)

前節から2人変更して、3バックに変更しそうだ。3バックの一角に森下、ボランチに川辺、右WBに小川大が入る。特別指定で筑波大学在籍中のストライカー、中野のベンチ入りも予想される。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ




LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">