中断明け初戦で甲府を3-0で下し、首位との勝点差を1に詰めた鹿島は今節ホームで仙台と対戦する。

 現在13位の仙台はここ5試合勝ちがない。ただ、前節は柏を相手に先制されながらも、ATに同点に追いつき引き分けに持ち込んでいる。鹿島との前回対戦では、スタメンを全員昨季からのメンバーで組んだ鹿島が前線からのプレスで圧倒し4-1と快勝している。

 仙台が今季から導入している3-4-2-1に対して、鹿島はどうしても1stDFが数的不利を強いられてしまう。そのため、2列目のスライドしてのサポートが不可欠になってくるが、そうしたことや連戦、ケガ人を鑑みて今節の鹿島は前回対戦と同じく日本人だけのスタメンで臨むことになりそうだ。攻撃機会を増やすためには、自分たちがボールを握る時間を長くすることが大切なだけに、前線からのプレッシャーでボールを出来るだけ良い形で奪うことが今節もカギになりそうだ。逆に、ここが上手くハマらないと、仙台はフィニッシュまで繋げてくる攻撃の質を持っているだけに厳しい展開となりそうだ。

 前節は守備陣が相手の外国人選手に1対1で苦しむシーンが見られたが、今節も相手には石原やクリスランといった前線で起点になれる選手がいる。仙台はビルドアップに詰まると、そうした選手たちに躊躇なくロングボールを蹴りこんでくるだけに、ここで後手に回るのは避けたいところ。特に、前節ミスが多く大岩監督から名指しで批判を受けた昌子の対応は大きなポイントになるだろう。

 仙台も甲府と同じく守備では5-4-1のブロックを作ってスペースを消して対応してくる。鹿島としては、我慢強くボールを運びながら隙を伺いたいところだが、前節のように相手が5-3-2に変えて前線からプレスをかけるパターンも当然考えられるだろう。そうした時に臨機応変に対応策が打てるか。そのあたりもカギになってくる。レベルの高い相手はHTまで待ってはくれない。その答えが出せた時に、チームはもうワンランク上に昇ることが出来るはずだ。
 
明治安田生命J1リーグ 第20節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズベガルタ仙台ベガルタ仙台
8月5日(土) 18:30キックオフ

県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(2位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
22西大伍
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
25遠藤康
13中村充孝
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK29川俣慎一郎
DF16山本脩斗
MF4レオ・シルバ
MF11レアンドロ
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF永木亮太(別メニュー調整中で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)

甲府戦から3人変更。西が左SBに回り、伊東が右SBに入る。ボランチに小笠原、右SHに遠藤が入りそうだ。

<仙台>(13位) ※は累積警告
GK
1シュミット・ダニエル
DF
27大岩一貴
13平岡康裕■■
50増嶋竜也
MF
18三田啓貴

17富田晋伍
29古林将太
22中野嘉大
11石原直樹
7奥埜博亮
FW

20クリスラン
SUB
GK35イ・ユノ
DF4蜂須賀孝治
MF10梁勇基
MF26藤村慶太
MF28佐々木匠
MF34椎橋慧也
FW30西村拓真

監督
渡邉晋


欠場予想選手
GK関憲太郎(別メニュー調整中で欠場濃厚)
DF永戸勝也(右足関節脱臼骨折および複合靭帯損傷で欠場濃厚)
DFヴィニシウス(登録が間に合わず欠場)
MF金久保順(右膝大腿骨内顆軟骨損傷で欠場濃厚)


前節から4人変更の見込み。CBに前節契約上の関係で欠場した増嶋が入り、右WBに今夏に名古屋から加入した古林が入る。前線はクリスランと奥埜が前節から変わって入りそうだが、石原以外は流動的で西村らにもチャンスはありそうだ。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">