前節、苦しみながらも今季リーグ戦初勝利を挙げた鹿島。依然としてチャンスをなかなか作り出せず、終了間際にPKを与えてあわや失点というピンチまで招いたが、レオ・シルバのゴールとクォン・スンテのPKストップでなんとか勝ち切ったという試合だった。この勝点3から再び上昇気流に乗っていきたい一戦、今節はホームに現在首位の横浜FMを迎える。

 横浜FMは開幕2連勝、特に攻撃陣が2試合連続3ゴールと好調だ。チームの攻撃を引っ張るのは両サイドのアタッカーである齋藤とマルティノスだ。彼らの突破力でサイドをこじ開け、そこからのクロスなどの展開に富樫やバブンスキーといった中央の選手たちが合わせて、フィニッシュに結び付けていく形から6ゴールのうち4ゴールが生まれていることを考えても、この形が一番メインであり、一番警戒すべき形であろう。特に今季から主将であり10番を背負う齋藤は好調を維持しており、格の違うプレーを見せている。そこに左SBやゲームメーカーであるボランチの天野が絡む左サイドからの攻撃は破壊力抜群である。

 鹿島としてはチームが未だ発展途上であることを考えると、やはりこの横浜FMの攻撃に対して耐える時間が必要になってくるだろう。攻撃陣も個々のコンディションは上がってきているだけに、やはり守備陣が耐えて、ワンチャンスをモノにしてもらう展開が理想的だろう。そこで注目したいのは両SBの働きだ。昨季の対戦でも、横浜FMのサイドアタッカーには大いに苦戦を強いられただけに、SBの彼らが対人の部分で抑えることが出来れば、勝利は大きくこちらに傾いてくるだろう。特に、齋藤と対面する右SBで先発が予想される伊東のプレーには注目したいところだ。

 横浜FMは強力なサイドアタッカーを前線に攻め残りさせる場面が目立つし、ボランチはかなりポジションを動かして、ボールに関与してくる。そこを考えればサイドやバイタルエリアには自然とスペースが生まれてくる。前線からのプレスでビルドアップを封じるのはもちろんだが、たとえ攻められていてもボールを奪えれば、そうしたスペースを使ってカウンターを狙えるはず。攻守の切り替えで相手を上回りたいところだ。今の横浜FMは間違いなく強敵だが、叩ければ「鹿島強し」を改めて印象付けることができる試合になる。トリコロールをここで止め、一気にチームのギアを上げるきっかけにしたい一戦だ。

2017明治安田生命J1リーグ 第3節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ横浜F・マリノス横浜F・マリノス

3月10日(金) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(9位) ※は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
4レオ・シルバ
25遠藤康
8土居聖真
FW
7ペドロ・ジュニオール
33金崎夢生
SUB
GK21曽ヶ端準
DF23小田逸稀
DF28町田浩樹
MF6永木亮太
MF11レアンドロ
MF13中村充孝
FW9鈴木優磨
監督
石井正忠

欠場予想選手
DF三竿雄斗(別メニュー調整中で出場微妙)
DF西大伍(別メニュー調整中で出場微妙)

甲府戦と同じスタメンと予想。SBは三竿雄と西が2日前の紅白戦を回避したこともあり、出場が微妙な状況。右に伊東、左に山本、ベンチにはルーキーの小田が入ると予想した。

<横浜FM>(1位) ※は累積警告
GK
21飯倉大樹
DF
27松原健
22中澤佑二
34ミロシュ・デゲネク
13金井貢史
MF
14天野純
5喜田拓也
20マルティノス
33ダビド・バブンスキー
10齋藤学
FW

17富樫敬真
SUB
GK31杉本大地
DF15新井一耀

MF8中町公祐
MF18遠藤渓太
MF25前田直輝
FW7ウーゴ・ヴィエイラ
FW16伊藤翔
監督
エリク・モンバエルツ

欠場予想選手
なし

前節から、左SBにケガから復帰した金井が入ると予想。ただ、前節スタメンだった新井が継続して起用される可能性もある。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">