前節もチーム力の上昇と調子の良さを見せつける形で5連勝を飾った鹿島。この勢いのまま今節もいきたいところだが、今節から9月にかけてはカップ戦も挟んで連戦が続き、リーグ戦も1stステージで全て敗れた相手と難敵が揃っている。その最初の相手は過去4年間勝てていない等々力での川崎F戦だ。

 等々力での川崎F戦での敗れ方には共通するものがある。それは相手の攻撃力を恐れるがあまり、引きすぎてしまい失点し、そのビハインドを取り返すために前がかりになった所をカウンターで突かれるというものだ。現在の川崎Fも脅威の突破力を誇ったレナトこそ退団したものの、質の高いアタッカーは揃っており、遅攻もカウンターもレベルの高いものを備えている。その川崎Fに対抗するため、鹿島は身に付けつつある前線からのプレスがカギになってくる。DFラインを高く保ち、各々がそれぞれのポジションを素早くセットした所から始まるプレスが機能すれば、得意のショートカウンターに繋げることも可能だろう。また、中村憲と大島という川崎Fの攻撃の起点となる2ボランチの配球を制限できれば、失点のリスクもグッと減ってくるはずだ。

 また、攻撃面では相手のギャップを突いたポジショニングも意識したいところだ。川崎Fは守備面の組織が整備されているとは言えず、誰がチェックに行くのか、またチェックに行った後に誰がカバーしに行くのか、というチャレンジ&カバーの意識が希薄な部分がある。鹿島としては、恐れずに縦パスを前線に入れて、前線の流動的なポジショニングからチャンスを作り出したいところだ。

 大切なことは攻守において自らアクションを「仕掛ける」こと。それには当然リスクも伴ってくるが、今の鹿島はどんな状況になっても勝利を引き寄せる力が確実に備わりつつある。そうしたチャレンジの先に、鬼門突破が見えてくるはずだ。

2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第9節
川崎フロンターレ川崎フロンターレ鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
8月29日(土) 19:00キックオフ
等々力陸上競技場

試合情報(川崎F公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!放送予定(18:50~ スカチャン0[CS800])
スカパー!オンデマンド配信リンク(18:50~)

[対戦相手情報]
川崎フロンターレ
2015シーズン(年間):6位 勝点41 25試合12勝5分8敗 42得点35失点
2015シーズン(2nd):10位 勝点11 8試合3勝2分3敗 10得点9失点
鹿島との対戦データ
技術を基にした攻撃力で相手を圧倒するスタイルを標榜する風間体制になって4季目になる今季だが、毎年目標に掲げるタイトルには今一歩足りないのが現状である。攻撃では相手に引かれると手詰まりになりがちなことが響き、また守備も安定しているとは言い難いからだ。チームは8月に入ってから未だ勝利なし。前節は湘南の神奈川ダービーで先制したものの、逆転負けを喫してしまった。特にチャンスを作りながらも、ここ3試合で1得点と攻撃陣が湿りがちなのが気がかりだ。この敗戦で、チームは年間順位でも2ndステージの順位でも後退を強いられている。ただ、ここに来て小林、登里とケガ人が復帰。ケガを抱えていた大久保の状態も上がってきており、元々中村憲、大島、谷口らリーグトップクラスの陣容がベストに近い状態に戻りつつある。さらに、今節は鹿島にとって川崎FがJ1復帰後に1度しか勝ったことのない鬼門等々力。2009年以来の6連勝を目指す鹿島にとっては、越えなくてはならない大きな壁である。

・メンバーリスト
ポジ番号選手名試合-得点
GK1松井謙弥0-0
21西部洋平9-14
24安藤駿介0-0
30新井章太16-21
DF2實藤友紀1-0
4井川祐輔19-0
8小宮山尊信13-0
17武岡優斗22-1
18エウシーニョ25-5
20車屋紳太郎23-0
23登里享平0-0
25山越亨太郎0-0
28板倉滉0-0
MF5谷口彰悟25-2
6山本真希5-0
7橋本晃司2-0
10アルトゥール・マイア2-0
14中村憲剛24-1
16大島僚太19-0
19森谷賢太郎17-1
22中野嘉大1-0
26三好康児3-0
35田坂祐介5-1
FW9杉本健勇17-5
11小林悠10-2
13大久保嘉人24-15
15船山貴之20-0
33長谷川竜也(特別指定)0-0
監督風間八宏4年目
※試合-得点は2015シーズンのリーグ戦の成績。GKの得点の欄は失点。

・直近5試合の結果
大会相手会場スコア得点者
明治安田生命J1
2nd第4節
清水等々力○3-2(川崎F)大久保2、武岡
(清水)P・ウタカ
明治安田生命J1
2nd第5節
松本松本○3-1(松本)阿部
(川崎F)田坂、谷口、大久保
明治安田生命J1
2nd第6節
山形等々力△0-0
明治安田生命J1
2nd第7節
神戸ノエスタ●0-2(神戸)レアンドロ、渡邉
明治安田生命J1
2nd第8節
湘南BMWス●1-2(湘南)藤田祥、アリソン
(川崎F)大久保

・鹿島との対戦成績
会場スコア得点者
2013年
第14節
等々力● 川崎F 4-2 鹿島(川崎F)レナト、大久保2、中村
(鹿島)大迫、梅鉢
2013年
第30節
カシマ○ 鹿島 4-1 川崎F(鹿島)土居、大迫、山村、遠藤
(川崎F)O.G.
2014年
第13節
等々力● 川崎F 4-1 鹿島(川崎F)小林2、大久保2
(鹿島)柴崎
2014年
第32節
カシマ○ 鹿島 2-1 川崎F(鹿島)遠藤、赤﨑
(川崎F)レナト
2015年
1st第17節
カシマ● 鹿島 2-3 川崎F(鹿島)金崎、赤﨑
(川崎F)エウシーニョ、レナト、大久保

[前回対戦時のハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(年間:5位、2nd:1位) ※()は2015年リーグ戦の記録、は累積警告
GK
21曽ヶ端準(15試合15失点)
DF
22西大伍(22試合0得点6アシスト)
14ファン・ソッコ(18試合0得点0アシスト)
3昌子源(22試合3得点1アシスト)
16山本脩斗(19試合2得点1アシスト)
MF
40小笠原満男(20試合1得点1アシスト)
20柴崎岳(21試合5得点9アシスト)
25遠藤康(23試合5得点3アシスト)
7カイオ(23試合6得点3アシスト)
FW
8土居聖真(23試合6得点3アシスト)
33金崎夢生(19試合5得点1アシスト)
SUB
GK1佐藤昭大(10試合17失点)
DF4山村和也(8試合0得点0アシスト)
DF23植田直通(12試合1得点0アシスト)
MF10本山雅志(6試合0得点0アシスト)
MF13中村充孝(12試合1得点0アシスト)
MF32杉本太郎(1試合0得点0アシスト)
FW18赤﨑秀平(15試合5得点0アシスト)
監督
石井正忠

欠場予想選手
FWジネイ(右膝前十字靭帯と右膝半月板の損傷で欠場濃厚)

前節からの変更予想は、植田がU-22代表合宿に参加したことを考慮して、CBにファン・ソッコが入り、またボランチに小笠原が復帰しそうだ。その他は前節の好調ぶりそのままに変更はなさそう。SUBでは紅白戦で主力組にも入った杉本のベンチ入りを予想。

【KEY MAN】
MFカイオ
…前節、2ndステージ初ゴールと調子を上げてきたブラジル人アタッカー。前節は守備での貢献度も高かっただけに、相手の守備のギャップで受けてからのドリブルだけでなく、前線からのプレスでショートカウンターに繋げる動きにも期待したい。

<川崎F>(年間:6位、2nd:10位) ※()は2015年リーグ戦の記録
GK
30新井章太(16試合21失点)
DF
17武岡優斗(22試合1得点)
5谷口彰悟(25試合2得点)
20車屋紳太郎(23試合0得点)
8小宮山尊信(13試合0得点)
MF
14中村憲剛(24試合1得点)
16大島僚太(19試合0得点)
18エウシーニョ(25試合5得点)
10アルトゥール・マイア(2試合0得点)
FW
9杉本健勇(17試合5得点)
13大久保嘉人(24試合15得点)
SUB
GK21西部洋平(9試合14失点)
DF2實藤友紀(1試合0得点)
DF23登里享平(0試合0得点)
MF6山本真希(5試合0得点)
MF19森谷賢太郎(17試合1得点)
MF22中野嘉大(1試合0得点)

FW11小林悠(10試合2得点)
監督
風間八宏

欠場予想選手
DF井川祐輔(コンディション不良で出場微妙)
MF田坂祐介(コンディション不良で欠場濃厚)

布陣は4バックだと4-2-2-2と4-2-3-1、3バックでも3-4-3と様々な布陣を使い分けるが、今節は鹿島に合わせて前節と同じ4-2-2-2と予想した。右SBに前節ミスをした武岡に代わってエウシーニョ、CBにコンディション不良の井川に代わって車屋、2列目にこの夏に加入したA・マイアが入る可能性がある。また、1トップの場合は1トップに大久保、トップ下に中村憲が入り、ボランチには山本が入ると予想。また、SUBにはケガから復帰した登里や小林、前節Jデビューを果たしたドリブラーの中野らが入ると予想。上記のメンバー以外ではFWの船山が入る可能性もある。

[要注意選手]
FW大久保嘉人
…前節の得点でJ1で3季連続15ゴールを達成した川崎Fのエース。質の高い動き出しや、スキあらば繰り出される精度の高いシュート、カウンター時の馬力あるドリブルとあらゆる面がハイレベルの点取り屋だ。鹿島は川崎F戦でこの男にゴールを許した時は全て敗れているだけに、この男を封じることが勝利への絶対条件となる。

<明治安田生命J1 2nd第9節 対戦カード>
日付時間対戦カード会場
8/29(土)18:00清水-FC東京アイスタ
18:30横浜FM-浦和日産ス
19:00仙台-新潟ユアスタ
川崎F-鹿島等々力
神戸-鳥栖神戸ユ
広島-名古屋Eスタ
8/30(日)19:00柏-甲府
G大阪-湘南万博
9/23(水・祝)14:00松本-山形松本

<年間 順位>
順位チーム試合勝点得点失点得失
1浦和レッズ2555502525
2サンフレッチェ広島2552492425
3FC東京254934259
4ガンバ大阪2542372512
5鹿島アントラーズ2541423210
6川崎フロンターレ254142357
7横浜F・マリノス253732266
8柏レイソル253634313
9名古屋グランパス253630282
10湘南ベルマーレ25363132-1
11ヴィッセル神戸25292830-2
12サガン鳥栖25293244-12
13ヴァンフォーレ甲府25281729-12
14ベガルタ仙台252738371
15アルビレックス新潟25223147-16
16松本山雅FC25212343-20
17清水エスパルス25193047-17
18モンテディオ山形25181737-20

<2ndステージ 順位>
順位チーム試合勝点得点失点得失
1鹿島アントラーズ8191578
2サンフレッチェ広島81820812
3柏レイソル8181266
4浦和レッズ8141183
5湘南ベルマーレ8141183
6FC東京8141073
7名古屋グランパス81412102
8ガンバ大阪81213121
9横浜F・マリノス8111192
10川崎フロンターレ8111091
11ヴィッセル神戸81011110
12サガン鳥栖891012-2
13ヴァンフォーレ甲府8857-2
14アルビレックス新潟881114-3
15清水エスパルス86815-7
16松本山雅FC86617-11
17ベガルタ仙台841117-6
18モンテディオ山形84313-10

<ゴールランキング>
順位選手名チームゴール
1宇佐美貴史G大阪16
2大久保嘉人川崎F15
3豊田陽平鳥栖14
4大前元紀清水11
ドウグラス広島
6武藤雄樹浦和10
クリスティアーノ
武藤嘉紀FC東京
佐藤寿人広島
10レナト川崎F9
ピーター・ウタカ清水
パトリックG大阪