タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています


練習試合

鹿島アントラーズ 00 順天堂大学
※45分×2本

鹿島 1本目のメンバー
myboard

 鹿島と順天堂大、お互いに4-4-2のシステムのため、マッチアップ的にはミラーゲームとなったこの試合、立ち上がりからペースを握ったのは順天堂大の方だった。ユニバーシアードで主力の数人を欠くものの、持ち味のポゼッションとプレッシングからのショートカウンターを出していった順天堂大に対し、鹿島は公式戦と同じくプレッシングがハマらない現状がこの試合でも露呈された。

 鹿島は守備の際、4-4-2のブロックを作るのだが、まず1列目の金森と鈴木が相手CBのパスコースを制限できないところから全てが始まっている。相手はこちらに対して基本的に数的同数、時々GKをビルドアップに参加させるぐらいだったのだが、この日は頻繁に中央への縦パスを入れられるシーンが目立った。SHも中に絞りきれておらず、ボランチが引っ張り出されて、そこで空いたスペースを使われるケースが、何度もピッチの上では起こっていた。

 だが、鹿島にとって幸いだったのはボランチにレオ・シルバがいたことだ。元々リーグでもトップクラスの彼は、大学生相手に無双状態。ことごとく中盤でボールを奪っていき、前線にボールを繋げていた。後程も書くが、彼のいない後半になるとボール奪取の場所が前半より明らかに低くなったことがその存在を物語っていた。

 一方、攻撃に目を移すとここでも光っていたのはレオ・シルバ。順天堂大があまり前から行くチームではない分、DFラインでは比較的余裕を持ってボールを持つことが出来ていたが、そこから縦パスを入れるとコンパクトな布陣を敷く順天堂大が人数をかけて奪いにきて、そこで引っかかりチャンスに繋げられないことが多かった。2列目の遠藤や安部が降りてリズムを作ることも多かったが、それでもDFラインから一番ボールを引き出して繋ぎ、また自ら奪ったボールをカウンターに繋げていたのは紛れもなく彼だった。

 ここで問題なのはレオ・シルバが担うタスク、プレーエリアがあまりにも多すぎる、広すぎることだ。実際、この現象は彼が出場した公式戦でも起こっており、レオ・シルバがケアしきれないところからピンチになっており、また彼のスタミナの消費を余計に早め、さらに彼がいない時に彼の代わりとなる人材がいないという弊害を引き起こしている。もっとも、彼自身の意識の問題もあるし、リーグ戦では三竿健の成長によって解消しつつはあるが、それでもこの試合レオ・シルバの相方だった久保田が局面に顔を出さず、プレーに関わる時間が短かったのは残念だった。

 試合は、ポゼッションの順天堂大、カウンターの鹿島の構図で進んでいく。鹿島はシンプルに裏のスペースに蹴り込み、前線の2人を走らせる単調な攻撃が目立っていたが、時間の経過と共に中央で繋いで崩そうとする攻撃も徐々に増えていった。ただ、順天堂大のコンパクトな守備に苦しんだのもあり、起点は基本的にサイドなことが多く、決定機もあまり作れないまま1本目を終えた。

2本目に入る前に鹿島は3人交代
myboard

 後半に入ると前線でタメを作れる鈴木と中盤で絶大な存在感を放っていたレオ・シルバの不在がモロに響くようになる。ボールを奪う位置が下がり、それに合わせて全体のラインも下がり、なかなか押し上げられない状況が続く。それでも、2本目からビルドアップに手を入れ、数的有利を作りながらボールを前進させられるようになったのと、交代で入った選手の積極的な仕掛けにより、チャンスを作り出せるようになっていった。

 ただ、ここでアクシデント。2本目から入った小田が脚を痛めて交代を余儀なくされる。また、遠藤らも下がり、最終的には以下のような布陣になった。
myboard

 2本目の中盤から終盤にかけては完全に順天堂大のペースで、鹿島は単調な攻撃しか繰り出せなくなっていった。ユース選手が3人入ったというエクスキューズもあるが、それよりも大きかったのがボランチから後ろの選手のほとんどが前半から回されていたのもあって、ガス欠になってしまったこと。ピッチから声が減り、動き出し・動き直しの回数も減っていった。だが、順天堂大の精度の低さにも助けられ、失点することなく試合終了。スコアレスドローに終わった。

 引き分けは妥当な結果とも言えるし、お互いに決められるチャンスはあった試合でもあった。それでも、鹿島にとってはトップチームが公式戦で露呈しているのと同じような課題がこの試合でも起こり、相手が今の鹿島にとって相性的に組みづらい相手であったこと、個人戦術などの面で劣ることが否めないサブ組の選手が中心だったこともあって、余計に目立つ内容となってしまったのは今後のチームビルディングにおいて見過ごせない問題だろう。

 ただ、試合に絡んでいる面々はもちろん、久々の実戦となったクォン・スンテがまずまずのプレーを見せていたこと、なかなか出番が訪れない三竿雄がフィットの兆しを見せ戦力として計算できそうなのは、今後の連戦や代表組不在、出場停止者やケガ人が出たときを考えれば明るい材料と考えていいのではないだろうか。

おまけに写真を少し載せておきます

試合前の円陣
IMG_20170821_195745_438

調整を終え、試合を観戦する清水戦スタメン組の選手たち
IMG_20170821_195846_094
IMG_20170821_195911_689

久々の実戦となったクォン・スンテ
IMG_20170821_200006_297

積極的に動いてボールを引き出した遠藤康
IMG_20170821_195805_871

苦戦の続く金森健志
IMG_20170821_195946_761

前線で鈴木優磨のタメは欠かせない
IMG_20170821_195825_167

すっかりジョーカーとしての地位を確立した安部裕葵
IMG_20170821_195930_247

別格の存在感を見せたレオ・シルバ
IMG_20170821_200028_970

ここにきて復調の兆しを見せる三竿雄斗。巻き返しなるか
IMG_20170821_200046_831


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">




 前節、川崎Fに大岩監督就任後初黒星を喫した鹿島。連敗は許されない今節は、ホームに清水を迎える。

 清水は現在13位。前節は柏に1-4と大敗しているが、ケガ人が多く台所事情の厳しい中で前々節はC大阪に2点差をひっくり返す逆転勝利を挙げ、C大阪を首位から引きずり降ろしている。そんな清水のスタイルはコンパクトな4-4-2の守備からの速攻だ。中央をしっかり固めて守り、ボールを奪えば前線の選手にすぐさま当てて、そこからサイドに展開してフィニッシュに繋げていく。前線にはターゲット役となる長谷川やミッチェル・デュークを擁しており、彼らのフィジカルの強さを活かした攻撃で、鹿島のDFラインが下げられてしまうと厳しい展開になってしまうだろう。パスの供給源となるボランチへのケアは怠らないようにしたいところだ。

 守備では4-4-2のコンパクトと書いたが、いける状況になれば前線の金子を中心に積極的にプレスにいくのが清水のもう一つのスタイルだ。ただ、このプレスはあまり練度がなく、後ろの中盤とDFラインがついてこないことも多く、またそれによって陣形が広がりコンパクトさが失われてしまうのが今の清水の弱点であり、鹿島の狙いどころとしたいところだ。1列目の守備を剥がせれば、鹿島の攻撃陣が活きるスペースはあるだけに、いかに後方で数的有利を作ってボールを前進させられるかが大きなカギになってくるだろう。

 清水に持ち味を出させないためには、鹿島が先制点を奪うことが何よりの解決法だ。前節の敗戦で露呈した課題を修正できるか否かが、その解決法に繋がってくるのは間違いない。
  
明治安田生命J1リーグ 第23節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ清水エスパルス清水エスパルス
8月19日(土) 18:30キックオフ

県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
13中村充孝
11レアンドロ
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF17ブエノ
DF24伊東幸敏
MF4レオ・シルバ
MF25遠藤康
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF永木亮太(別メニュー調整中で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)

前節から2人変更。レオ・シルバに代わって小笠原がボランチに入り、前線に土居が復帰しそうだ。

<清水>(13位) ※は累積警告
GK
13六反勇治
DF
5鎌田翔雅
4カヌ
45角田誠
25松原后■■
MF
20竹内涼
7六平光成
22枝村匠馬
19ミッチェル・デューク
FW

18長谷川悠
30金子翔太
SUB
GK21高木和徹
DF26二見宏志
MF2清水航平
MF10白崎凌兵
MF24増田誓志
FW11村田和哉
FW23北川航也
監督
小林伸二


欠場予想選手
DF飯田貴敬(左踵骨単純性骨嚢腫で欠場濃厚)
MF河井陽介(左アキレス腱断裂で欠場濃厚)
FWチアゴ・アウベス(左足関節捻挫で欠場濃厚)
FW鄭大世(左ふくらはぎ肉離れで欠場濃厚)


前節から1人変更。CBに角田が入りそうだ。今夏加入した清水と古巣対戦となる増田はベンチスタートが濃厚。また、白崎がケガから復帰し今節からベンチ入りする可能性がある。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 サマーブレイク明けから3連勝でついに首位に立った鹿島。アウェイ連戦となる今節は、中3日で川崎Fと対戦する。

 現在4位の川崎Fは前節の新潟戦でサマーブレイク明け後初勝利。鹿島との勝点差が7ということを考えても、川崎Fにとって今節はなんとしても勝たなければならない一戦だろう。そんな川崎Fの最大の武器は何と言ってもポゼッションの質の高さだ。風間前監督が礎を築いたそのレベルはリーグ屈指。どの局面においても必ず数的有利を作り、中盤では大島、中村、阿部といった面々が崩しの起点となり変化をつけ、最前線には小林というリーグ屈指のゴールゲッターを擁している。また、登里や長谷川、車屋といった、仕掛けで膠着した展開を打開する選手も揃っている。鹿島としてはある程度ボールを持たれるのは仕方ないとして割り切る必要があるだろう。とはいっても、決して引いて守り続けることはしないはず。ただもちろん、中途半端に取りにいっては相手に外されて簡単にボールを運ばれてしまうだけに、まずは1stDFの段階で中央への縦パスを封じて、サイドに追い出したいところ。それが出来ないと、前回対戦のような厳しい戦いを強いられるだろう。

 相手の攻撃を凌げれば、こちらにもチャンスは巡ってくる。流動的なポジションチェンジで崩しにかかる川崎Fはボールを奪われた際、その動かしたポジショニングを修正するまでにどうしても隙が出来てくる。その隙が鹿島にとって最大の狙い目だ。その狙い目は鹿島が大岩監督就任後に得意とする中央からのダイレクトプレーやダイアゴナルな動きを中心とした崩しに合致してくる。サイドからの崩しでも相手のCBを引っ張り出すことが出来れば、中央のマークのズレを突くことが出来るはずだ。

 今の鹿島は攻撃陣の計算が立つだけに、守備がどこまで粘れるかにかかっている部分が大きい。失点しないことはもちろんだが、なるべく押し込まれる時間を減らし、高い位置でボールを奪うこと。それが出来れば、鹿島の勝利はグッと近づいてくる。
  
明治安田生命J1リーグ 第22節
川崎フロンターレ川崎フロンターレ
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
8月13日(日) 19:00キックオフ

等々力陸上競技場


試合情報(川崎F公式サイト)
スタジアムの天気
NHK-BS1 放送予定(19:00~)
DAZN 放送予定(18:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
4レオ・シルバ
20三竿健斗
11レアンドロ■■
13中村充孝
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK29川俣慎一郎
DF17ブエノ
DF24伊東幸敏
25遠藤康
MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で出場微妙)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MF永木亮太(別メニュー調整中で出場微妙)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)

前節と同じスタメン予想だが、右SHに遠藤が入る可能性もある。

<川崎F>(4位) ※は累積警告
GK
1チョン・ソンリョン
DF
18エウシーニョ
5谷口彰悟
23エドゥアルド
7車屋紳太郎
MF
21エドゥアルド・ネット
10大島僚太
11小林悠
14中村憲剛
2登里享平

FW

8阿部浩之
SUB
GK30新井章太
DF3奈良竜樹
MF6田坂祐介
MF16長谷川竜也
MF19森谷賢太郎
MF41家長昭博
FW9森本貴幸

監督
鬼木達

欠場予想選手
DF武岡優斗(左膝蓋骨軟骨損傷で欠場濃厚)
DF舞行龍ジェームズ(右膝外側半月板損傷で出場微妙)


前節から変わって、登里が左SHに入りそうだ。阿部と小林のポジションは流動的。小林は金曜日の練習は別メニュー調整だったようだが、この試合には出場してきそうだ。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ