タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています


 大岩監督就任後リーグ戦3連勝中の鹿島は、今節アウェイに乗り込んで首位の柏と対戦する。

 柏は現在10試合負けなしと好調。その要因はハイプレスとポゼッションの両立にある。出来るだけ自分たちがボールを握る時間を長くして、守備の時間を減らす。この狙いが見事にハマっているからこそ、今の順位があるのだ。

 柏はビルドアップ時にボランチ2枚とCB2枚の関係をあまり崩さない。ボールを奪われた際のポジショニングを考えてのことであり、それでも繋げない時はボランチの手塚が降りて3枚で組み立てる。鹿島としてはまず出しどころとなるCBを前線の2枚がしっかりとケアしたい。ここでケアできれば、クリスティアーノを裏に走らせるロングボールにも、前線から降りてボールを受けに来る中川寛の動きにも、ある程度予測がついて対応がしやすいだけに、ここでの対応は勝敗の大きなカギとなるはずだ。

 攻撃面ではいかに数的有利が作れるかが重要になってくる。今節は、柏の最終ラインの裏やSBを狙うために金崎の起用が予想される。彼のフィジカルを活かすためにも、ロングボールを届けられる優位性を確保しておきたいところ。また、柏はプレッシングをかける際にボランチとCBのスペースが空いてくる傾向がある。そこをペドロ・ジュニオールや土居が使えれば、大きなチャンスに繋げられるだけに、そこにボールを出せるだけの優位性も確保したい。鹿島としては、ロングボールを出すためにCBプラスボランチ1枚の3枚、スペースを使うためにボランチプラスSB1枚の3枚で数的有利を作り出すことを、今週意識して練習してきたという。この狙いがハマるかハマらないかで決定機の多い少ないは大きく変わってくるだろう。

 前節、先制点のきっかけになったセットプレーも大きなチャンスになるだろう。また、ベンチには柏なら大津やディエゴ・オリヴェイラ、鹿島なら土居や遠藤といった強力なカードが控えているだけにそこにも注目だ。昨季は2試合とも完敗だった柏戦、優勝争いの主役になるためには落とせない一戦だ。


明治安田生命J1リーグ 第17節
柏レイソル柏レイソル鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

7月2日(日) 18:30キックオフ
日立柏サッカー場


試合情報(柏公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(3位) ※は累積警告
GK
1クォン・スンテ
DF
22西大伍
20三竿健斗
3昌子源
16山本脩斗
MF
6永木亮太
4レオ・シルバ
11レアンドロ
13中村充孝
FW
7ペドロ・ジュニオール
33金崎夢生
SUB
GK21曽ヶ端準
DF24伊東幸敏
MF8土居聖真
MF25遠藤康
MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF植田直通(別メニュー調整中で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

前節から3人変更。植田の欠場が濃厚なCBには三竿健をコンバート。ボランチは久々に永木とレオ・シルバのコンビとなり、前線には金崎の先発復帰が予想される。

<柏>(1位) ※は累積警告
GK
23中村航輔
DF
13小池龍太
4中谷進之介
5中山雄太
22輪湖直樹■■
MF
17手塚康平
7大谷秀和
14伊東純也
19中川寛斗
8武富孝介
FW

9クリスティアーノ
SUB
GK1桐畑和繁
DF2鎌田次郎
DF3ユン・ソギョン
MF27栗澤僚一
MF37細貝萌
FW10大津祐樹
FW11ディエゴ・オリヴェイラ
監督
下平隆宏

欠場予想選手
なし

前節と同じスタメン予想。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ







style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 リーグ戦連勝、天皇杯も勝利した鹿島は公式戦ホーム3連戦となる今節、ホームに新潟を迎え撃つ。

 新潟は現在最下位、監督交代後初戦の札幌戦こそ勝利したものの、以降は3連敗と苦戦が続いている。ブロックを作って守備を固め、そこからシンプルなカウンターでゴールを狙うスタイルは一定の効果は出ているものの、思うようにゴールを奪うことが出来ず、逆に自分たちのミスを突かれて失点というなんともやるせない形での試合が続いているのが現状だ。

 新潟の攻めのポイントは二つ。左サイドに入るホニのスピード、そして右サイドに入る矢野の高さだ。カウンターになれば、DFラインの裏のスペースに蹴り込んでホニを走らせ、ビルドアップで詰まれば矢野に放り込んで起点を作る。この二つが新潟の攻めの生命線となっているだけに、鹿島としては中途半端な位置でボールを奪われてカウンターに晒されることは避けたいし、また前線からのプレッシャーをしっかりかけ、フリーの状態でボールを蹴られることは避けたいところだ。

 新潟は4-4-2の守備ブロックを作って対応してくるが、左サイドのホニのところはかなりポジショニングがあいまいになる部分があり、そこからボールを運ばれるケースが目立っていた。鹿島としては右サイドに入るのがパス出しに優れた西なだけに、彼の位置からボールを動かして、相手の守備を崩していきたいところ。札幌戦の1、2点目のような形を作り出していくことが理想だ。

 今節求められることは札幌戦とあまり変わらないだろう。その中で、よりその求められたことの質を高めていくことが今節の狙いであり、それがこの良い流れの継続に繋がっていくはずだ。


明治安田生命J1リーグ 第16節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズアルビレックス新潟アルビレックス新潟

6月25日(土) 18:30キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(4位) ※は累積警告
GK
1クォン・スンテ
DF
22西大伍
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
20三竿健斗
11レアンドロ
13中村充孝
FW
8土居聖真
7ペドロ・ジュニオール
SUB
GK21曽ヶ端準
DF24伊東幸敏
MF4レオ・シルバ
MF25遠藤康
MF27梅鉢貴秀
MF33金崎夢生
FW9鈴木優磨
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

札幌戦から1人変更、GKにクォン・スンテが入りそうだ。また、ケガから復帰して紅白戦にも出場しているレオ・シルバが古巣戦でベンチ入りすると予想。

<新潟>(18位) ※は累積警告
GK
21守田達弥
DF
34原輝綺
50富澤清太郎
4ソン・ジュフン
27堀米悠斗
MF
13加藤大
8小泉慶
19矢野貴章
10チアゴ・ガリャルド
7ホニ
FW

9山崎亮平
SUB
GK22川浪吾郎
DF33西村竜馬
MF15本間勲
MF17伊藤優汰
MF18成岡翔
MF30ロメロ・フランク
FW49鈴木武蔵
監督
呂比須ワグナー

欠場予想選手
GK大谷幸輝(右足関節インピンジメント症候群で欠場濃厚)
DF大野和成(陳旧性右内側側副靭帯損傷で欠場濃厚)
FW河田篤秀(右足関節前方インピンジメント症候群で欠場濃厚)

リーグ戦の大宮戦から2人変更してきそうだ。GKには守田が入り、ボランチに加藤が入ることが予想される。天皇杯では予想スタメンのうち加藤のみが先発出場している。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ







style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 大岩体制となって2連勝となった札幌戦から中3日。鹿島は連覇を目指す天皇杯の初戦となる2回戦でJFLのFCマルヤス岡崎と対戦する。

 マルヤスは今回の天皇杯に愛知県代表として出場。1回戦は、延長戦の末にアルテリーヴォ和歌山を3-2で下して駒を進めてきた。しかし、JFLでは苦戦が続き現在は13位。地域リーグへの降格圏と勝点差はほとんどなく、前節はホームで三重に0-1で敗れている。ただ、元Jリーガーが多く所属しているように、決してレベルの低いチームとは言えず、システムも鹿島と同じ4-2-2-2を採用しており、向こうの出方とこちらのやりようでは上手くハメられてしまうことも否定できないだろう。

 鹿島としては連戦ということもあり、メンバーの多くを入れ替えてくることが予想される。大岩監督になってポジションを掴みつつある者もいれば、逆に失いつつある者もいるということ。後者にとっては今節は紛れもないチャンスであり、ここを活かせれば7月の連戦で間違いなく出番がやってくるだろう。そうしたことを考えれば、今節に懸けるモチベーションも相当なものになるはずだ。

 連戦や相手のこと、メンバー構成を考えれば、準備できることは決して多くはない。そんな中で、大岩監督がどこまでチームとしてのベースを仕込めているか、そして選手がそのベースの下でどこまで動けるのか、またどこまで自分で考えて工夫して動けるか、そうした個人戦術の面がこの試合の大きなポイントになるだろう。

天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズimageFCマルヤス岡崎

6月21日(水) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(スカチャン1) 放送予定(21:00~) ※録画


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF
24伊東幸敏
17ブエノ
5植田直通
15三竿雄斗
MF
26久保田和音
6永木亮太
25遠藤康
30安部裕葵
FW
14金森健志
9鈴木優磨
SUB
GK1クォン・スンテ
DF22西大伍
MF4レオ・シルバ
MF13中村充孝
MF27梅鉢貴秀
MF33金崎夢生
MF36田中稔也
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

札幌戦から9人メンバーを入れ替えてくる模様。ここまで主力として戦ってきた多くの選手に休養が与えられそうだ。また、ケガから急ピッチで復帰してきたレオ・シルバもベンチ入りすると予想。

<マルヤス>は累積警告
GK
21藤井賢心
DF
15田中寛己
23福ヶ迫知秀
30川里光太郎
7安藤駿冶
MF
4熊澤圭祐
28佐野裕哉
27澤藤広和
16地主園秀美
FW

19松本祐樹
35寺尾憲祐
SUB
GK1木下裕貴
DF24西村佳祐

DF36松井宏太
MF14平野雄也
MF26大庭裕平
FW22レオジーニョ
FW32杉本恵太
監督
大江基允

欠場予想選手
なし

JFLから中3日で臨む。そのJFLと同じスタメンを予想したが、連戦を考え何人か変更してくる可能性はあるだろう。スタメン予想のうち元7人はJリーグ経験者、サブに入ると予想した杉本恵太は地元鹿島高校出身だ。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ