タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています


 サマーブレイク前最後の試合、鹿島は中3日で山形に乗り込んで天皇杯3回戦を戦う。

 対戦相手の山形は現在J2で3連敗中。前節の山口戦も立ち上がりこそペースを握っていた部分もあったが、徐々にペースダウンすると前半に失点。巻き返しを期した後半もミスから追加点を奪われそのまま敗戦。アウェイでの戦いから中2日で今節を迎えるが、なんとか浮上のきっかけを掴みたいところだろう。

 山形の基本布陣は3-4-2-1。攻撃ではハイプレスからのショートカウンターが基本であり、そうでなければ前線の選手に当てたり、DFラインの裏を突いたロングボールといった前線の選手の質的優位を活かした攻撃を狙ってくる。一方、守備の形は5-2-3が基本。プレスがハマらない時は5-4-1に変えてくるが、鹿島としてはこの中盤2枚のボランチが埋めきれないスペースが狙い目だ。このスペースは山形のCBが前に出るか、シャドーがプレスバックしてケアしているのだが、どうしても埋めきれない部分が出てくるし、CBが出てきた場合はその裏のスペースが空いてくる。鹿島はこのスペースに縦パスを打ち込んで、守備を崩しにかかりたいところだ。

 山形はこの天皇杯に合わせてリーグ戦のメンバーを何人か入れ替えてきており、ターンオーバーを図りながらの試合となりそうだ。鹿島は、この3連戦で疲労の濃い選手は休ませながらも、ベンチには入っている選手と主力選手でメンバーを構成し、2回戦のような大幅な入れ替えはなさそうだ。ただ、ACLのなくなった今季はもう今以上の連戦はない。こうしたメンバーを大きく入れ替える機会はこの天皇杯くらいだろう。アピールのチャンスを増やすためには、自分たちの力で勝って次のステージに進む他はない。

天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズモンテディオ山形モンテディオ山形

7月12日(水) 19:00キックオフ
NDソフトスタジアム山形


試合情報(山形公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(スカチャン1) 放送予定(18:55~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]

myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF
24伊東幸敏
17ブエノ
3昌子源
22西大伍
MF
40小笠原満男
6永木亮太
11レアンドロ
13中村充孝
FW
8土居聖真
9鈴木優磨
SUB
GK29川俣慎一郎
DF15三竿雄斗
DF23小田逸稀
MF20三竿健斗
MF25遠藤康
FW14金森健志
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

FC東京戦から6人入れ替えてきそうだ。レオ・シルバ、ペドロ・ジュニオール、山本、金崎は温存となりそうだ。植田もケガから復帰しているが、今節は大事を取って欠場となりそうだ。

<山形>は累積警告
GK
23富居大樹
DF
4宇佐美宏和
3栗山直樹
13石川竜也
MF
20茂木力也
17中村駿
24荒堀謙次
22イ・ジェスン
10鈴木雄斗
16佐藤優平
FW

9瀬沼優司
SUB
GK28摂津颯登
DF27高木利弥
DF30髙橋成樹
MF8風間宏希
MF25汰木康也
MF29ク・ボンヒョク
FW11阪野豊史

監督
木山隆之

欠場予想選手
DF山田拓巳(右恥骨筋肉離れで欠場濃厚)
MF松岡亮輔(左膝軟骨損傷で欠場濃厚)
FW永藤歩(2回戦退場で出場停止)
FW中山仁斗(右足関節捻挫で欠場濃厚)

前節の山口戦から9人入れ替えてくると予想。中でもここまでリーグ戦チームトップの6ゴールをあげている瀬沼は山口戦を回避しており、コンディションは万全だ。石川と本田は出場すれば古巣対戦となる。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 5連勝で前半戦を首位で折り返すことに成功した鹿島。サマーブレイク前最後のリーグ戦となる今節は、アウェイ3連戦の締めくくりとしてFC東京と対戦する。

 好調な鹿島とは対照的にFC東京は現在3連敗中。さらに森重と大久保嘉をケガで欠くという苦しい台所事情と、チームは正念場に立たされている。今季の大型補強もあって各ポジションに実力者が揃うチーム構成になっているが、その力を活かしきれてるとは言えない現状だ。

 FC東京の攻撃の中心はボランチの高萩とFWのウタカだ。彼らがボールを持って前を向くと崩しの形は一気に増えてくるだけに、彼らをまずフリーにさせないことが大前提となってくる。彼らを制限することが出来れば、攻撃の形は最終ラインから逆サイドの裏へのロングスペースによる陣地回復が基本となってくる。永井のスピードは脅威だが、高さはないだけに鹿島としては対応しやすい形なだけに、まずはこうさせるように仕向けていくのが鹿島の狙いになってくるだろう。

 FC東京の標榜するスタイルは前線からのプレスからのショートカウンターだ。昨季の2ndステージの戦いでは見事にそれをやられ、完敗を喫しているが、今のFC東京でそのスタイルが体現されてるのは前後半の立ち上がり20分くらいまでと限られた時間になっている。その後は引いて4-4-2のブロックを作ってくるのだが、中盤で横の圧縮が出来ずボランチの脇のスペースを簡単に使われたり、またサイドに追い出しても奪いどころを絞れずにズルズルとフィニッシュに持ち込まれるシーンが、前節のC大阪戦でも多く見受けられていただけに、鹿島から見れば狙いどころにしたいポイントである。

 中2日の連戦が続く鹿島にとっては、出来る限り体力を消費しない戦いを遂行したいため、立ち上がりはロングボールを使いながらプレスを回避して、FC東京がペースが落ちてきたところで上手くスペースを突きながら繋いで攻めるというような、ペース配分を意識した戦いが必要になってくるはずだ。
 
明治安田生命J1リーグ 第18節
FC東京FC東京鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

7月8日(土) 19:00キックオフ
味の素スタジアム


試合情報(FC東京公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:50~)
TOKYO MX1放送予定(19:00~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
20三竿健斗
3昌子源
16山本脩斗
MF
4レオ・シルバ
6永木亮太
25遠藤康
11レアンドロ
FW
7ペドロ・ジュニオール
33金崎夢生
SUB
GK29川俣慎一郎
DF24伊東幸敏
MF8土居聖真
MF13中村充孝

MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
DF植田直通(別メニュー調整中で出場微妙)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

G大阪戦から中盤2枚を変えてきそうだ。ボランチに小笠原に代わって永木、2列目に中村に代わってレアンドロが入る。

<FC東京>(9位) ※は累積警告
GK
33林彰洋
DF
2室屋成
4吉本一謙
5丸山祐市
6太田宏介
MF
8高萩洋次郎
7米本拓司
37橋本拳人
38東慶悟■■
FW

9ピーター・ウタカ
15永井謙佑
SUB
GK1大久保択生
DF22徳永悠平
MF10梶山陽平
MF22中島翔哉
MF27田邉草民
FW20前田遼一
FW44阿部拓馬

監督
篠田善之

欠場予想選手
DF森重真人(左くるぶしの腱脱臼で欠場濃厚)
MF平岡翼(右膝前十字靭帯損傷、内側半月板損傷で欠場濃厚)
FW大久保嘉人(右距骨骨挫傷、右脛腓靭帯損傷で欠場濃厚)

森重が離脱したCBは吉本と丸山のコンビが濃厚。また、米本が今季リーグ戦初先発の可能性が高く、橋本が右SHに回りそうだ。右SBは徳永が入る可能性もある。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 前節、打ち合いの末に柏に競り勝った鹿島。勝てば5月以来の首位浮上となる今節、ACLの関係で延期となっていたアウェイG大阪戦を戦う。

 G大阪も現在4位と好調で、勝てば首位浮上の可能性もあるがお互いに中2、3日の連戦。メンバーの変更を余儀なくされるだろう。G大阪はここ数節ダイヤモンドの中盤を採用していたが、今節は今野か遠藤を休ませて藤本を起用してくる可能性が高いため、フラットな4-4-2で鹿島に向かってきそうだ。

 G大阪は守備の相手をはっきりさせて、中盤でボールを奪ってから前線の選手を活かすサッカーをしてくる。G大阪の狙いは相手の守備を動かすこと、特にCBを動かすことを狙ってくる。鹿島としては守備の柱である昌子がPA内から引きずり出されたところからの失点が多いだけに警戒したいところだ。攻撃の形をある程度制限できれば対応しやすいだけに、前線からのプレッシャーがカギを握りそうだ。

 逆に攻撃では、井手口、倉田、今野といったG大阪の中盤におけるプレッシャーをいかにかいくぐれるかが大きなポイントだ。G大阪は先にあげた選手たちの運動量が守備の根幹を担っている部分が大きい。逆に彼らを動かして、中盤にスペースを作れば、決して引いて守ることを得意とするチームではないだけに、チャンスは十分作れるだろう。サイドを使いながら相手を揺さぶり、勝負どころで中央に縦パスを打ち込んで、好調のペドロ・ジュニオールを中心とした攻撃陣の力を活かしたい。

 中2日の連戦ということもあり、コンディション的に厳しいのは間違いないだろう。だが、中盤の運動量がベースのG大阪の方がその影響を受ける可能性は十分ある。G大阪が前から来る立ち上がりを凌ぎ、ペースが落ちてきたところを確実に仕留められれば、勝点3はぐっと近づいてくる。


明治安田生命J1リーグ 第13節
ガンバ大阪ガンバ大阪鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

7月5日(水) 19:00キックオフ
市立吹田サッカースタジアム


試合情報(G大阪公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(3位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
17ブエノ
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
6永木亮太
25遠藤康
13中村充孝
FW
8土居聖真
7ペドロ・ジュニオール
SUB
GK29川俣慎一郎
DF24伊東幸敏
MF4レオ・シルバ
MF20三竿健斗
MF33金崎夢生
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
監督
大岩剛

欠場予想選手
GKクォン・スンテ(左母指MP関節脱臼で欠場濃厚)
DF植田直通(別メニュー調整中で出場微妙)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)

前節から5人変更と予想。クォン・スンテが負傷離脱したGKには曽ヶ端、CBにはブエノ、外国人枠の関係でレアンドロが外れそうな2列目には遠藤が起用されそうだ。

<G大阪>(4位) ※は累積警告
GK
1東口順昭
DF
35初瀬亮
2三浦弦太
3ファビオ
4藤春廣輝
MF
8井手口陽介
7遠藤保仁
25藤本淳吾
10倉田秋
FW

20長沢駿
9アデミウソン
SUB
GK18藤ヶ谷陽介
DF6金正也
DF22オ・ジェソク
MF15今野泰幸
MF39泉澤仁
FW13呉屋大翔
FW37髙木彰人
監督
長谷川健太

欠場予想選手
DF米倉恒貴(右大腿二頭筋肉離れで欠場濃厚)
FW赤﨑秀平(契約上の理由で欠場)

前節から2人入れ替えてくると予想。右SBに初瀬、今野か遠藤に代わって藤本が起用され、ボランチ2枚の4-4-2の布陣となりそうだ。鹿島からレンタル移籍中の赤﨑は契約の関係で今節は出場できない。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ








style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ