タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています


明治安田生命J1リーグ 第25節

鹿島アントラーズ 1大宮アルディージャ
(得点)
33分 [鹿島]金崎夢生(←金森健志)

両チームのスタメンは以下の通り。鹿島は右SBに伊東、ボランチにレオ・シルバ、2列目に土居、そしてトップには金森が起用された。一方の大宮は、CBに山越が入った以外は前節と同じスタメンだ。
myboard

大宮の狙いと鹿島の対応

 監督交代後の大宮はポゼッションに特徴を持つチームだ。ビルドアップ時はCBに加えて左SBの和田かアンカーのカウエ、時にGKの加藤順の3枚で鹿島の2トップに対して数的有利を作ってボールを前進させてくる。さらに、そこにインサイドハーフの2枚や1トップの江坂が降りてボールを受けて、サイドに展開。そこからのクロスでゴールが大宮の狙いだった。立ち上がりに訪れた奥井のクロスに江坂がヘディングで合わせたシーンは、まさにその狙っていた形が表現されていた。

 立ち上がり、この大宮の攻撃を中々捕まえられなかった鹿島は、ロングボールを相手SBの裏に蹴り込んでそこに2トップを走らせるやり方で陣地の回復を図っていった。大宮の両CBがアジリティに難を抱えているのもあったし、何よりこの日起用された金森を活かす意味でもこの方策は大きかった。決定的なシーンやフィニッシュまでには至らないものの、この繰り返しによってピッチには確実に変化が生まれていった。

15分過ぎからの変化

 鹿島がロングボールを蹴り込んでいくことによって、大宮のラインはそれを警戒してか自然と下がっていった。これによって、鹿島はプレッシャーの少なくなった最終ラインから中盤でボールを握ることに成功。試合を落ち着かせながらも徐々に主導権も握っていった。また、守備も降りていったインサイドハーフに対してボランチがマンマーク気味に付いていくことで対応。これによって、相手のプレーを制限させ、また万が一そこで外されてもCBともう片方のボランチの3枚の高い個々の守備力で守り切れるという判断だったのだろう。

 鹿島の先制点はこの流れの中で生まれた。もっとも、前半の鹿島は2列目の組み合わせや大宮の守備ブロックもあって、どうしても外外からのクロスに頼る攻撃が多かったのだが、先制点のシーンは金崎が中央付近でボールを持ったところから始まった。ドリブルする金崎に合わせて、金森が裏へと走り込んで相手のDFラインを押し下げる。そして、サイドに流れた金森へ金崎がパス。最後はサイドで持ち込んだ金森のクロスに走り込んだ金崎が合わせて鹿島が先制する。この押し込んだ時間帯での先制点は、結果的には非常に大きかった。



次の手

後半になると両チームが動く。鹿島は左足の違和感を訴えた遠藤に代わって安部。一方、大宮は前半の終わり頃から布陣を4-2-2-2に変えていた。
myboard

だが、ここで大宮にアクシデント。マルセロ・トスカーノが負傷交代となり、大前がピッチに入る。ここで大宮は大前を活かすために布陣を4-2-3-1に再度変更した。
myboard

 ただ、布陣が変わったとはいえ、大宮の後半からの狙いは変わらない。前半、ある程度ボールが握れて、しかも前線のアタッカーが鹿島守備陣に対して戦えていることに手ごたえを感じた大宮は、前線の枚数を明確な形で増やし、クロスに飛び込める人数を増やしたのだった。

 一方、鹿島はアクシデントとはいえ入った安部が変化をもたらした。前述したようにどうしても前半は外外の攻撃が多くなっていた鹿島だが、中央でも受けて前を向いて仕掛けられる安部が入ったことで、中央からの攻撃も増え、前半よりチャンスの数は増えていったのである。

マンマークの功罪

大宮は58分に動く。カウエに代えて清水を投入。清水が左SHに入り、茨田がボランチに下がった。
myboard

 これは先程のターゲット役を増やす意図に沿って行われた交代であるが、後半の半ばからはボールポゼッションを完全に大宮が掌握していった。これは鹿島の運動量が落ち、まず前線で相手のパスコースが制限できずに、また下がることでゴールまでの距離も遠くなって、カウンターが成立しにくくなってしまったこと。また、マンツーマンで守っていた鹿島だったが、前に出ていくことが出来ずに大宮のボランチにチェックに行けなくなってしまったこと。この二つが大きく響き、終盤鹿島は守勢の時間が続き、苦しい戦いを強いられるようになってしまったのだった。

 だが、ここで鹿島は崩れなかった。疲労もあった中だったがブロックは崩さず、相手のクロスもCBを中心にことごとく跳ね返していった。

この後、両チーム動いて、最終的には以下のような布陣になった。
myboard
※[訂正]鹿島の左SHは安部→永木

 終盤、大宮は岩上を投入してロングボールが増えていくが鹿島も落ち着いて対応。逆にカウンターからいくつかチャンスを作り出すも、決め切ることが出来ず1-0のまま試合は進んでいく。ただ、最後はロングスローで放り込んできた大宮の攻撃を最後まで跳ね返し続けてゲームセット。鹿島がウノゼロでリーグ戦3連勝を飾った。

おわりに

 カウンターから2点目を入れて仕留めることが出来ず、また運動量が落ちた中で次の手がやや後手に回ってしまったのは反省材料だろう。ただ、結果として無失点で終わらせたこと、何よりチームとしてゲームプランを統一した意思を持って完遂できたことは大きく評価できるポイントだろう。また、抜擢された金森が結果を残し、ここに来てポジション争いを加速させてくれたのも、チームにとってはプラス材料なのは間違いない。

 次節はアウェイで新潟戦。しっかり勝って、下からの追い上げを許さないようにしたいところだ。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">




 代表ウィークを挟んで再開されるリーグ戦も残り10試合。鹿島はホームに大宮を迎え撃つ。

 今季の大宮は開幕から降格圏に低迷し、現在16位。監督交代も経験し、残り10試合まさに崖っぷちの状態で戦うことになる。そんな大宮は監督交代後は基本布陣を4-1-4-1に変更。新たに2人のブラジル人選手も獲得し、巻き返しを図っている。基本的にはボールを持つチームであり、ビルドアップ時は2CBにアンカーや時にはインサイドハーフの2人が降りてサポートに入り、ボールを繋げている。そこからはサイド攻撃が中心となり、主に右サイドからのクロスに江坂や新外国人のマルセロ・トスカーノが合わせる形が、一つのパターンとなっている。一方、守備では4-1-4-1のブロックを作って引いて守る場面もあるが、基本的には前線からのプレスが軸となる。1トップの江坂がパスコースを制限し、そこをインサイドハーフの2人が狙うといった形だ。

 こうした特徴を持つ大宮に対して、まず鹿島が気をつけなければいけないのはインサイドハーフにフリーでボールを持たせないことだ。大宮はサイドをインサイドハーフ、アンカー、SBの3人で崩す形が多いが、クロスやフィニッシュに繋がるパスのほとんどはインサイドハーフの大山と茨田のパスセンスに自信のある2人から供給されている。ここを鹿島のボランチが潰せないと、後手後手の対応を強いられるだけに、まずは抑えておくべきポイントであろう。

 一方、攻撃ではボールに食いつく大宮守備陣が空けたスペースを狙いたいところ。前述の通りにインターセプトを狙ってくるインサイドハーフの裏はもちろんだが、大宮はアンカーのカウエもかなりボールに食いつく場面が多く、ただでさえアンカー脇のスペースが空きがちなのに、さらにバイタルエリアのスペースがカバーしきれない程に空いてしまう場面も見られている。大宮の守備陣はセットした状態や単純なクロスに対しては強さを見せるが、1つ剥がされた時にはそこからズルズルといってしまう場面が前節も目立っていた。今の鹿島が狙っている中央突破をうまく出し抜けば狙いやすい相手なだけに、積極的に狙っていきたいところだ。

 ルヴァン杯では2試合で5失点と守備が崩されたが、この試合からは代表組も戻ってくる。大宮はビルドアップの関わりからフィニッシュまで1人何役もこなす江坂という強力なアタッカーを擁している。彼をCB2人で抑え込んで、仕事をさせないこともこの試合の勝利への絶対条件となるだろう。
  
明治安田生命J1リーグ 第25節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ大宮アルディージャ大宮アルディージャ
9月9日(土) 18:30キックオフ
県立カシマサッカースタジアム

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:20~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位) ※は累積警告
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
4レオ・シルバ
20三竿健斗
25遠藤康
8土居聖真
FW
14金森健志
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF15三竿雄斗
MF6永木亮太
MF13中村充孝
MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF西大伍(別メニュー調整中で欠場濃厚)
DF小田逸稀(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MFレアンドロ(出場停止)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)

代表組のCBコンビが復帰。右SBは引き続き伊東が務め、ボランチにはレオ・シルバが入る見込みだ。レアンドロが出場停止の前線は土居と遠藤が2列目に入り、金崎のパートナーは金森になるようだ。

<大宮>(16位) ※は累積警告
GK
1加藤順大
DF
19奥井諒
2菊地光将
3河本裕之
22和田拓也
MF
37カウエ
16マテウス■■
15大山啓輔■■
40茨田陽生
33マルセロ・トスカーノ
FW

7江坂任
SUB
GK21塩田仁史
DF4山越康平
MF17横谷繁
MF23金澤慎
MF47岩上祐三
FW10大前元紀
FW14清水慎太郎
監督
伊藤彰


欠場予想選手
MF瀬川祐輔(左ハムストリングス肉離れで欠場濃厚)


前節と同じメンバー予想だが、右SBに渡部や、SHに清水が入る可能性もある。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 アウェイでの第1戦を1-3で落とした鹿島。第2戦は最低でも2点差での勝利が勝ち抜けの絶対条件となった。

 こうなれば攻めに出るしかないのが常道だ。ただ、第1戦もそうだったがこのところの鹿島はそもそも決定機自体をあまり多く作れている訳ではない。それは効果的なボールポゼッションが出来ていないところに原因があるのが大きいだろう。第1戦では中盤でのパスミスが多く、不用意にボールを取られてはカウンターを仕掛けられ、なかなか攻撃を完結させることが出来なかった。それでも、前線で起点となれる金崎の先発復帰が濃厚なのは間違いなくプラス材料だろう。疲労は気になるものの、第1戦では途中出場だったが明らかに流れを変えた。また、右サイドで仕掛けてクロスまで持っていける伊東の存在も貴重だ。今の鹿島は中央の崩しがメインだが、守りを固める相手に対してはサイドからの攻撃も大事になってくる。好調な彼をいかに活かすかもこの試合の大きなポイントになるだろう。

 一方、こうした中でもアウェイゴールを奪われることは避けなければならない。しかし、第1戦で2人の退場者を出したこともあって、この試合は本職のCBを全員欠く非常事態に陥ってしまった。この状況で、多少前がかりになっても攻めなければいけないため、必然的にカウンターのピンチを受ける機会も多くなってしまうだろう。第1戦では野沢のシンプルなポストプレーで起点を作られ、西村らの推進力でボールを運ばれる速攻からピンチを作られているだけに、仙台の前線の3人を抑えることがまずは大切になってくる。ボール奪取力は高いが、バイタルエリアを空けてしまいそこを使われてしまうことの多かったレオ・シルバをいかにコントロールしながら守備に組み込むか。彼のパフォーマンスをチームの中で最大限に発揮させられれば、失点のリスクはグッと減ってくる。

 欠場選手の多いこの状況では文字通り総力戦となるだろう。全員の力でベスト4への切符を掴み取りたい。
 
JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ 準々決勝 第2戦
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズベガルタ仙台ベガルタ仙台
9月3日(日) 18:00キックオフ

県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!放送予定(17:50~ スカチャン1)
スカパー!オンデマンド 配信予定(17:50~)


[第1戦ハイライト]



[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF
24伊東幸敏

20三竿健斗(U-21)
16山本脩斗
22西大伍
MF
40小笠原満男
4レオ・シルバ
25遠藤康
13中村充孝
FW

8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK1クォン・スンテ
DF15三竿雄斗
MF6永木亮太
MF27梅鉢貴秀
FW9鈴木優磨(U-21)

FW14金森健志
FW30安部裕葵(U-21)
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF昌子源(日本代表で欠場)
DF植田直通(日本代表で欠場)
DFブエノ(出場停止)
DF小田逸稀(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
DF町田浩樹(右膝前十字靭帯損傷で欠場濃厚)
MFレアンドロ(出場停止)
FWペドロ・ジュニオール(左第5中足骨骨折で欠場濃厚)

第1戦から4人変更。CBは三竿健と山本のコンビになりそうだ。また、永木と安部が復帰。ベンチ入りの可能性もあるだろう。

<仙台>は累積警告
GK
1シュミット・ダニエル
DF
13平岡康裕
27大岩一貴
50増嶋竜也
MF
18三田啓貴

17富田晋伍
29古林将太
23中野嘉大
7奥埜博亮
30西村拓真(U-21)
FW

8野沢拓也
SUB
GK21関憲太郎
DF4蜂須賀孝治
DF6ヴィニシウス
MF25菅井直樹
MF28佐々木匠(U-21)
MF34椎橋慧也(U-21)
FW11石原直樹

監督
渡邉晋


欠場予想選手
DF永戸勝也(右足関節脱臼骨折および複合靭帯損傷で欠場濃厚)
MF梁勇基(北朝鮮代表で欠場)
MF金久保順(右膝大腿骨内顆軟骨損傷で欠場濃厚)
MF野津田岳人(他クラブで今大会出場のため欠場)
FWクリスラン(内転筋を痛めて出場微妙)

第1戦と同じスタメンの予想だが、1トップに石原、右WBに蜂須賀が入る可能性も。また、ボランチの富田が別メニューとの情報があり、万が一の場合は藤村に出番が回ってきそうだ。



にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ