タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています。「DEAR Magazine」、「ぐるたび」にも寄稿しています。


 前節、苦しみながらも今季リーグ戦初勝利を挙げた鹿島。依然としてチャンスをなかなか作り出せず、終了間際にPKを与えてあわや失点というピンチまで招いたが、レオ・シルバのゴールとクォン・スンテのPKストップでなんとか勝ち切ったという試合だった。この勝点3から再び上昇気流に乗っていきたい一戦、今節はホームに現在首位の横浜FMを迎える。

 横浜FMは開幕2連勝、特に攻撃陣が2試合連続3ゴールと好調だ。チームの攻撃を引っ張るのは両サイドのアタッカーである齋藤とマルティノスだ。彼らの突破力でサイドをこじ開け、そこからのクロスなどの展開に富樫やバブンスキーといった中央の選手たちが合わせて、フィニッシュに結び付けていく形から6ゴールのうち4ゴールが生まれていることを考えても、この形が一番メインであり、一番警戒すべき形であろう。特に今季から主将であり10番を背負う齋藤は好調を維持しており、格の違うプレーを見せている。そこに左SBやゲームメーカーであるボランチの天野が絡む左サイドからの攻撃は破壊力抜群である。

 鹿島としてはチームが未だ発展途上であることを考えると、やはりこの横浜FMの攻撃に対して耐える時間が必要になってくるだろう。攻撃陣も個々のコンディションは上がってきているだけに、やはり守備陣が耐えて、ワンチャンスをモノにしてもらう展開が理想的だろう。そこで注目したいのは両SBの働きだ。昨季の対戦でも、横浜FMのサイドアタッカーには大いに苦戦を強いられただけに、SBの彼らが対人の部分で抑えることが出来れば、勝利は大きくこちらに傾いてくるだろう。特に、齋藤と対面する右SBで先発が予想される伊東のプレーには注目したいところだ。

 横浜FMは強力なサイドアタッカーを前線に攻め残りさせる場面が目立つし、ボランチはかなりポジションを動かして、ボールに関与してくる。そこを考えればサイドやバイタルエリアには自然とスペースが生まれてくる。前線からのプレスでビルドアップを封じるのはもちろんだが、たとえ攻められていてもボールを奪えれば、そうしたスペースを使ってカウンターを狙えるはず。攻守の切り替えで相手を上回りたいところだ。今の横浜FMは間違いなく強敵だが、叩ければ「鹿島強し」を改めて印象付けることができる試合になる。トリコロールをここで止め、一気にチームのギアを上げるきっかけにしたい一戦だ。

2017明治安田生命J1リーグ 第3節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ横浜F・マリノス横浜F・マリノス

3月10日(金) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(9位) ※は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
24伊東幸敏
5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
4レオ・シルバ
25遠藤康
8土居聖真
FW
7ペドロ・ジュニオール
33金崎夢生
SUB
GK21曽ヶ端準
DF23小田逸稀
DF28町田浩樹
MF6永木亮太
MF11レアンドロ
MF13中村充孝
FW9鈴木優磨
監督
石井正忠

欠場予想選手
DF三竿雄斗(別メニュー調整中で出場微妙)
DF西大伍(別メニュー調整中で出場微妙)

甲府戦と同じスタメンと予想。SBは三竿雄と西が2日前の紅白戦を回避したこともあり、出場が微妙な状況。右に伊東、左に山本、ベンチにはルーキーの小田が入ると予想した。

<横浜FM>(1位) ※は累積警告
GK
21飯倉大樹
DF
27松原健
22中澤佑二
34ミロシュ・デゲネク
13金井貢史
MF
14天野純
5喜田拓也
20マルティノス
33ダビド・バブンスキー
10齋藤学
FW

17富樫敬真
SUB
GK31杉本大地
DF15新井一耀

MF8中町公祐
MF18遠藤渓太
MF25前田直輝
FW7ウーゴ・ヴィエイラ
FW16伊藤翔
監督
エリク・モンバエルツ

欠場予想選手
なし

前節から、左SBにケガから復帰した金井が入ると予想。ただ、前節スタメンだった新井が継続して起用される可能性もある。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 シーズン序盤にして、早くも鹿島は正念場を迎えている。ゼロックス杯、ACLと連勝スタートで滑り出しは良かったはずだが、リーグ開幕戦とアウェイのムアントン・ユナイテッド戦で連敗。全タイトル制覇を目指すチームにとって、これ以上の躓きは許されない状況だ。

 チームは今、昨季の2ndステージと同じような負のスパイラルに陥っている。攻撃で上手く形が作れずに、得点がコンスタントに計算できない。守備はその分「絶対に失点してはいけない」という焦りから、リスキーな選択をしてピンチを作ってしまう。それをみた攻撃陣が余計に焦って拙攻を重ねてしまう。それぞれに実績のある選手が加わり、個々の責任感も強いことからそのスパイラルはさらに強まりつつあるのが現状だ。

 このスパイラルを抜け出す一番の特効薬は勝利だ。それは昨季の経験から誰もが分かっている。ただ、今節の相手は甲府。鹿島のこうした上手くいかない部分を執拗に狙ってくるだろうし、それに長けているチームだ。今季は吉田達磨監督が就任し、その色が強まりつつある。ボールを奪えば、まず2トップが相手SBの裏を狙う。そこにWBや3センターが絡んできて、チャンスとなればゴール前にかなりの人数が絡んでくる。また、守備でも5バックでブロックを作るのはもちろん、ボールを奪われれば3センターが積極的にボールを奪いに行き、そこで奪えなくてもサイドに追い出す形が徹底されている。5-3-2で守る際のバイタルエリアをケアする人数の不足、という弱点を補うためのスタイルだ。

 そんな甲府に対して、鹿島はおそらくボールを持つ時間が長くなるだろう。その時に単純なロングボールやサイドからの崩しに固執していると、簡単に攻めあぐねることになってしまうだろう。カギとなるのは2列目の選手たちの動きだ。外に張ったポジショニングも意識しつつ、時に中に入ってボールを受けて、サイドのスペースを作ったり、そこからゴールに向かっての仕掛けの部分を、いかに発揮できるか。先ほども述べたように、5-3-2で守る際にはどうしてもバイタルエリアが手薄になりやすい。3センターの守備をかいくぐれば、ゴール前でチャンスを作る機会も増えてくるだろう。相手を食いつかせるためのミドルシュートも効果的だろう。また、当然ボールを奪われた際のSBの裏のスペースのケアにも気をつけたい。

 2列目での出場が予想される土居や遠藤はもちろん、ACLでPKを失敗してリベンジに燃えているであろう鈴木にも注目したい一戦。連敗ストップで5連戦を締めくくりたい。

2017明治安田生命J1リーグ 第2節
ヴァンフォーレ甲府ヴァンフォーレ甲府鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

3月4日(土) 14:00キックオフ
山梨中銀スタジアム


試合情報(甲府公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(14:00~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(14位) ※は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
22西大伍

5植田直通
3昌子源
16山本脩斗
MF
40小笠原満男
6永木亮太
25遠藤康
13中村充孝
FW
8土居聖真
33金崎夢生
SUB
GK21曽ヶ端準
DF15三竿雄斗
DF28町田浩樹
MF11レアンドロ
MF20三竿健斗
FW9鈴木優磨
FW14金森健志
監督
石井正忠

欠場予想選手
なし

タイ遠征に帯同しなかった西、金崎、小笠原は今節に向けて調整してきた。他にもACLで出番のなかった山本や土居のスタメン復帰も濃厚。ここまでの連戦に全て先発出場しているL・シルバはお休みか。土居を2列目に回し、2トップの一角に鈴木を据える可能性も。

<甲府>(7位) ※は累積警告
GK
23岡大生
DF
16松橋優
8新井涼平
4山本英臣
5新里亮
28橋爪勇樹
MF
40小椋祥平
15兵働昭弘
14田中佑昌
FW

9ウイルソン
13河本明人
SUB
GK1河田晃兵
DF41土屋征夫
MF18道渕諒平
MF24曽根田穣
MF30保坂一成
FW10ドゥドゥ
FW29ガブリエル
監督
吉田達磨

欠場予想選手
なし

開幕戦とスタメンは変わらない見込みだが、練習で松橋や橋爪が別メニュー調整との情報があり、万が一の場合は大卒ルーキーの道渕や曽根田に出番がありそうだ。昨季のエースであるドゥドゥは今週から全体練習に合流。ベンチ入りの可能性もありそうだ。




にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ






style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 開幕戦だったFC東京戦は0-1で敗れた。課題が残る内容ではあったが、鹿島にとって下を向いている時間はない。中2日で鹿島はアウェイの地でACLを戦うことになる。

 開幕戦で浮き彫りになった課題は、攻撃面での成熟度だ。それぞれの能力は高いが、連係が噛み合っていないため、ミスが多かったり攻撃が単発で終わってしまい、厚みと迫力が出ないのが現状だ。特に新戦力のP・ジュニオールの融合が上手くいっていないのは明らかで、2トップを組んでいる金崎との息の合ったプレーもまだ見せられていない。とはいえ、3月はまだまだ連戦は続くため、なかなか連係を深める時間は取れないだろう。昨季までのメンバーを軸に戦っていくのも一つの手だが、FC東京戦でもP・ジュニオールのスピードあるドリブルは、独力でもカウンターの場面で十分すぎるほど脅威になっていた。ここは試合を重ねるごとに連係が深まるまで我慢が必要な時間だろう。幸い、全く点が取れてないわけではない。セットプレーなどからチャンスは作れているだけに、チャンスが少なくても確実にモノにしていく決定力を見せていきたいところだ。

 この試合での一番の敵は、今の日本列島とは全く違う気候であるタイの地で、かつ中2日で戦う必要があるということだろう。疲労も溜まりつつあるこの時期に、暑さのあるピッチで試合をするのは鹿島にとってマイナスではあるが、そうした状況に備えて鹿島は昨季と今季に計2回タイを訪れ、実戦を経験している。免疫が全くない訳ではないのはプラスに働くだろうし、今回は何人かの主力は帯同しておらず、ターンオーバーも図られている。影響を最小限に抑える準備は出来ているのである。

 対戦相手であるムアントン・ユナイテッドは昨季のタイリーグの王者であり、タイ代表の選手を何人も抱えているタレント集団だ。また、外国籍選手のレベルも高く、清水や甲府などでプレーした青山直晃もプレーしている。そうした選手たちには注意が必要だが、他の国と違って鹿島やJリーグのチームが苦手とするパワーを前面に押し出したサッカーはしてこない。過去のタイ遠征でもそうだが、むしろフィジカル面では日本人の方が上回る部分も多いため、セットプレーから何度もチャンスを作り出し、得点に繋げてきた。ピッチコンディションが良くないことも予想される。セットプレーは勝利へのカギの一つとして、重要度がより高まりそうな試合になるだろう。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ グループE 第2節
ムアントン・ユナイテッドimage鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ

2月28日(火) 21:30キックオフ ※日本時間
スパチャラサイ国立スタジアム


試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
日テレNEWS24 放送予定(21:15~)


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>
GK
1クォン・スンテ

DF
24伊東幸敏

5植田直通
3昌子源
15三竿雄斗
MF
6永木亮太
4レオ・シルバ
11レアンドロ
13中村充孝
FW
7ペドロ・ジュニオール
9鈴木優磨
SUB
GK21曽ヶ端準
DF16山本脩斗
DF28町田浩樹
MF8土居聖真
MF20三竿健斗
MF25遠藤康
FW18赤﨑秀平
監督
石井正忠

欠場予想選手
DFブエノ(登録メンバー外で欠場)

今回の遠征には西、金崎、小笠原らは帯同していない。SBは伊東がFC東京戦を足を痛めて欠場したこともあり、山本を右SBで起用する可能性も。前線の組み合わせは流動的だ。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ