タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています


 前節は湘南にATで失点して今季リーグ戦2敗目を喫した鹿島。アウェイ連戦となる今節、連敗は許されない。そんな鹿島が対戦するのはFC東京だ。

 FC東京は今季からG大阪を3冠に導いた実績を持つ長谷川健太監督が指揮を執っている。そのFC東京は開幕直後こそ苦しんだものの、第4節の湘南戦で今季リーグ戦初勝利を挙げると、そこから前節まで3連勝中で順位を4位にまで上げており、波に乗っている状態で今節を迎えることになる。

 FC東京のやっているサッカーは長谷川監督が率いていたG大阪と同じようなスタイルに変化しつつある。守備では前線から相手に枚数を合わせてプレスをかけていき、攻撃ではシンプルに前線に預けて、そこからポストプレーによる崩しや、サイド攻撃を主流としたスタイルだ。攻撃ではセカンドボールを拾い、守備では時に前線に入り、時に最終ラインにまで戻る、という風に2列目の運動量がかなり求められるスタイルだが、FC東京では東とG大阪では長谷川監督の下でプレーしていた新加入の大森がその役割をこなしている。また、前線からハメにいく分、後ろにはスペースが生まれるのだが、そこはチャン・ヒョンスと森重というリーグでも屈指のCBコンビが個の力を活かしてカバーしている。

 FC東京で気をつけなければならないのは前線のディエゴ・オリヴェイラだ。柏から加入したブラジル人ストライカーは、ポストプレーの質が高く、過去鹿島との対戦でも苦しめられたように、起点を作り出し、相手を押し込む上で大きな働きをしている。また、クロスに対するポジション取りも上手く、現在は3試合連続ゴール中、特に前節の長崎戦ではハットトリックと、絶好調と言っていい状態だ。鹿島にとっては、この男を封じられないと非常に厳しくなってくるだろう。植田と昌子のCBコンビの働きが大きなカギを握る。

 鹿島はリーグ戦6試合で3得点と、依然として得点力不足に苦しんでいる。その要因として挙げられるのが、崩しの部分でFWが加わりすぎるため、フィニッシュの場面でFWがいて欲しい場所にいないということだ。今節は出来る限り同サイドのFW、SH、SB、それにボランチを加えた4枚で局面を打開したいところ。前線の選手の起点を作る動きに呼応して、2列目やSBの選手がそれを追い越して、攻撃に勢いを与えることが出来れば、それがチャンス、ゴールに繋がってくるはずだ。

明治安田生命J1リーグ 第7節
FC東京FC東京
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
4月11日(土) 19:00キックオフ

味の素スタジアム

試合情報(FC東京公式サイト)
スタジアムの天気
DAZN 放送予定(18:50~)

[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(12位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
24伊東幸敏

5植田直通
3昌子源
16山本脩斗

MF

6永木亮太
20三竿健斗
22西大伍
14金森健志
FW

8土居聖真
10金崎夢生

SUB
GK21曽ヶ端準
DF2内田篤人
DF39犬飼智也
MF11レアンドロ
MF40小笠原満男
FW9鈴木優磨
FW19山口一真
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF町田浩樹(膝を痛めて出場微妙)
DF安西幸輝(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
MFレオ・シルバ(ケガで欠場濃厚)

MF遠藤康(左大腿二頭筋損傷で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(右腹斜筋を痛めて欠場濃厚)
FW安部裕葵(第二腰椎横突起骨折で欠場濃厚)


前節から4人入れ替えの予想。CBには昌子が復帰、西は2列目に入り金森とのコンビになりそうだ。レアンドロの先発起用の可能性も。

<FC東京>
(4位)は累積警告
GK
33林彰洋
DF
2室屋成
48チャン・ヒョンス
5丸山祐市
25小川諒也
MF
8高萩洋次郎
18橋本拳人
39大森晃太郎
38東慶悟

FW

11永井謙佑
9ディエゴ・オリヴェイラ
SUB
GK1大久保択生
DF4吉本一謙
DF29岡崎慎
MF7米本拓司
MF15久保建英
FW17富樫敬真
FW20前田遼一
監督

長谷川健太


欠場予想選手
DF森重真人(左足首を痛めて欠場濃厚)

前節から1人変更。前節で負傷交代した森重に代わって丸山がCBに入る。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 アウェイでの上海申花戦は2点のビハインドを追いついて、ACLラウンド16進出を決めた鹿島。中3日でアウェイ連戦となる今節、公式戦3試合ぶりの勝利を目指して湘南と対戦する。

 湘南は今季J1に復帰。開幕戦こそ勝利を飾ったものの、ここまでリーグ戦は連敗中、水曜日に行われたルヴァン杯でも神戸に0-3の敗戦を喫し、決してチーム状態は芳しくない。リーグ戦の前節はC大阪と対戦。一度は岡本のゴールで追いついたものの、終盤に失点して1-2と敗れている。

 湘南と言えばやはり「湘南スタイル」とも言われる、ハイプレスからのショートカウンターという形が武器になっている。長年チームを率いる曺貴裁監督の下で熟成された形は今季も健在であり、今節も鹿島からこのスタイルで高い位置からボールを奪おうと狙っていることだろう。鹿島にとっては、ここで引っかかっているようだと非常に苦しくなるだけに、ビルドアップの質は高めていきたいところだ。今節は、西と犬飼という繋ぎに長けた2人の選手の先発が予想されるだけに、彼らのプレーにも注目したい。鹿島の4バックに対して、湘南は前線の3枚がプレスに来るため、どこかで数的優位を作り出せるはずだ。

 ただ、湘南は決してハイプレス、ショートカウンターだけのチームではない。この試合でも、自分たちのペースに持ち込むために、ボールを持ったら3バックから丁寧に繋いで、サイドから崩して来る形も取ってくるだろう。鹿島にとって、ある程度予想のつくハイプレスよりもこちらのほうが厄介かもしれない。湘南の3バックに対して、鹿島の2トップで出来る限り追わせるのか、中盤のサポートを借りて数的同数に持ち込むのか、札幌戦ではチームとしての意思統一が揃えられなかったことが前半の劣勢を招いた一因だけに、ここの判断をチームで共有できないと二の舞を演じてしまうこともあり得るだろう。

 鹿島としては、終盤まではハイテンポで試合運びをするのは避けたいところだ。相手の土俵で試合をすることになってしまうし、アウェイの上海申花戦から中3日であまりメンバーを入れ替えていないことを考えれば、必然的にスタミナ切れを先に起こすのは鹿島の方になってしまうからだ。こちらがボール保持する時間をなるべく長くして、試合の主導権を握るのがカギになるだろう。ACLで鈴木とレアンドロに初ゴールが生まれているだけに、彼らへのプレッシャーも軽減されているはず。ゴール前までボールを繋ぎ、彼らにボールを託したい。

明治安田生命J1リーグ 第6節
湘南ベルマーレ湘南ベルマーレ
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
4月7日(土) 19:00キックオフ

Shonan BMW スタジアム平塚

試合情報(湘南公式サイト)
スタジアムの天気
NHK-BS1 放送予定(19:00~)
DAZN 放送予定(18:50~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(7位)は累積警告
GK
1クォン・スンテ

DF
22西大伍

5植田直通
39犬飼智也
16山本脩斗

MF

40小笠原満男
20三竿健斗
8土居聖真
11レアンドロ
FW

10金崎夢生

9鈴木優磨
SUB
GK21曽ヶ端準
DF23小田逸稀
MF4レオ・シルバ
MF6永木亮太
MF13中村充孝
FW14金森健志
FW30安部裕葵
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF内田篤人(別メニュー調整中で欠場濃厚)
DF昌子源(もも裏の張りで欠場濃厚)
DF伊東幸敏(発熱で出場微妙)
DF町田浩樹(膝を痛めて出場微妙)
DF安西幸輝(右膝内側側副靱帯損傷で欠場濃厚)
MF遠藤康(左大腿二頭筋損傷で欠場濃厚)
FWペドロ・ジュニオール(右腹斜筋を痛めて欠場濃厚)


離脱者が多く、メンバーを入れ替えて臨む。右SBに西、CBに犬飼を起用。ボランチは三竿健が復帰し、小笠原とコンビを組む。2列目は土居とレアンドロ、前線は金崎と鈴木のコンビになりそうだ。

<湘南>
(14位)は累積警告
GK
1秋元陽太
DF
13山根視来
4アンドレ・バイア
8大野和成
MF
10秋野央樹
6石川俊輝
36岡本拓也
23高山薫
18松田天馬
2菊地俊介

FW

9イ・ジョンヒョプ
SUB
GK31後藤雅明
DF29杉岡大暉
DF30島村毅
MF7梅崎司
MF16齊藤未月
FW15野田隆之介
FW17端戸仁
監督

曺貴裁


欠場予想選手
なし

リーグ戦の前節から1人変更の予想。前線にイ・ジョンヒョプが入る。その他、左WBに杉岡、シャドーに梅崎を起用して、菊地をボランチで起用する可能性も。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ




LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">


 土曜日に行われた札幌戦では、攻守共に消化不良の内容でスコアレスドローに終わった鹿島。そこから中2日と厳しい日程の中で、今節は上海に乗り込んでACLを戦う。

 上海申花はここまでACLで3分1敗でグループ3位。2位の水原三星と勝点差が4離れており、今節の結果次第ではグループステージ敗退の可能性もあるだけに、何としても勝点3の欲しい試合となる。上海申花も鹿島と同じく、土曜日にリーグ戦を戦っており、その試合では2度相手に先行を許しながらも、マルティンスのハットトリックとグアリンのゴールで4-2と逆転勝ちを飾っている。

 上海申花で気をつけなければならないのは、やはりグアリン、モレノ、マルティンスという3人の協力助っ人だ。ボランチの位置からの攻撃参加とパワフルなミドルシュートが武器のグアリン、前回対戦で鹿島からゴールも奪っている高さのあるモレノ、そしてスピードを活かして一瞬のスキからゴールを陥れるマルティンス。この3人を最大限に活かしたサッカーを上海申花は今節もやってくるだろう。特に、前回対戦でもゴールに結びつけたサイドからのクロスには気をつけたい。まともに競り合うと分の悪さは否めないだけに、クロスを上げさせない守備も大切になってくる。

 一方、守備では相手にもスキが見られる。前線の守備意識は決して高くないし、また上海申花にとってはホームということもあり、前回より寄せは激しくなるだろうが、その分そこを外せばスペースが出来てくる。サイドからのクロスだけでなく、ペナルティエリアの角あたりからいかに繋ぎを入れて打開していけるか、このところ遠ざかっているゴールへの道筋はそうした部分から開けてくるのではないだろうか。

 鹿島は今節、引き分け以上でラウンド16進出が決定、さらに勝てば他会場の結果次第ではあるがグループ1位が確定する可能性もある。先に負担を残さないためにも、何としてもここで決めておきたいのが今節になる。出来る限り自分たちが主導権を握る時間を増やし、チャンスを作り出し、ゴール、そして勝利に結びつけたい。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ グループH 第5節
上海申花上海申花鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
4月3日(火) 21:00キックオフ
※日本時間
上海虹口足球場

試合情報(鹿島公式サイト)
スタジアムの天気
スカパー!(日テレNEWS24) 放送予定(20:45~)


[鹿島の前節ハイライト]


[対戦相手の前節ハイライト]


[予想フォーメーション]
myboard

[予想スタメン]
<鹿島>(1位)は累積警告
GK
21曽ヶ端準

DF
24伊東幸敏
5植田直通

39犬飼智也
16山本脩斗

MF

40小笠原満男
6永木亮太
30安部裕葵
8土居聖真
FW

7ペドロ・ジュニオール
9鈴木優磨

SUB
GK1クォン・スンテ
DF22西大伍
DF23小田逸稀
MF4レオ・シルバ
MF10金崎夢生
MF11レアンドロ
FW14金森健志
監督
大岩剛

欠場予想選手
DF内田篤人(別メニュー調整中で欠場濃厚)
DF昌子源(別メニュー調整中で出場微妙)
DF安西幸輝(右膝内側側副靭帯損傷で欠場濃厚)
MF遠藤康(左大腿二頭筋損傷で欠場濃厚)
MF田中稔也(登録外で欠場)

札幌戦から4人入れ替えの予想。GKに曽ヶ端、CBには犬飼、ボランチに小笠原、前線にペドロ・ジュニオールが入る。


<上海申花>
(3位)は累積警告
GK
27李帥
DF
16李運秋
6栗鵬
32艾迪
23柏佳駿

MF
26秦昇
13グアリン
8張璐
10モレノ
7毛剣卿
FW

17マルティンス
SUB
GK22邱盛炯
DF30陶金
MF20王贇

MF24栄昊
MF36劉若釩
MF39叢震
FW18高迪
監督
呉金貴

欠場予想選手
MFオスカル・ロメロ(登録外で欠場)


土曜日に行われたリーグ戦のメンバーを基に予想。流動的なのは右SBと左SHで、右SBは栄昊、左SHには若い劉若釩の起用も考えられる。


にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ




LINEはじめました!更新されるたびにお届けします!
友だち追加



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2945558394145007"
data-ad-slot="3719589573"
data-ad-format="auto">

↑このページのトップヘ