タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

都合により、甲府戦マッチレポートと仙台戦プレビューは簡易版になります。

[試合記録]
2014 Jリーグ ディビジョン1 第1節
2014年3月1日(土) 14:00キックオフ
国立競技場 入場者数:13809人

ヴァンフォーレ甲府0-4鹿島アントラーズ

[試合展開]
 鹿島は11分に最初のCKからダヴィのヘッドで先制。26分にもCKのこぼれ球を遠藤が押し込んで2-0として前半を終える。後半にも開始直後と終了間際に、昌子とダヴィがFKからヘッドで決めて、4-0で試合終了。最高の結果で、鹿島が4年ぶりの開幕戦勝利を挙げた。

[得点経過]
・11分 <鹿島>ダヴィ
・26分 <鹿島>遠藤康
・47分 <鹿島>昌子源
・90+3分 <鹿島>ダヴィ

[ハイライト動画]


[警告・退場]
44分 <鹿島>遠藤康(警告)

[出場記録・寸評]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準 6 完封はしたが、キック精度は不安定だった。
DF
24伊東幸敏 6 自分のサイドは崩されなかったが、逆サイドからのクロスの対応に課題。
→DF23植田直通(78分) 6 盛田対策として投入。自分の仕事を確実に果たした。
5青木剛 6 さすがの安定感。カバーリングが秀逸だった。
15昌子源 6.5 記念すべきリーグ戦初ゴール。守備でもクリスティアーノに仕事をさせず。
16山本脩斗 6 安定した守備を見せた。攻撃面での貢献度を上げたい。
MF
20柴崎岳 6 ミスの少ない堅実なプレー。判断の質が高かった。
40小笠原満男 7 2アシストだけでなく、居てほしい所に居る、そのポジショニングはさすが。
25遠藤康 6.5 1得点1アシスト。流れの中からチャンスを創り出したかった。
→MF35野沢拓也(81分) - プレー機会少なく、評価なし。
19豊川雄太 6.5 しなやかなドリブルで敵を翻弄。守備でも自分のマーカーは離さなかった。
FW
28土居聖真 6 スペースに上手く走りこんでいた。ゴールに絡む結果が欲しい。
→MF10本山雅志(87分) - プレー機会少なく、評価なし。
11ダヴィ 7 チャンスを確実に決めて2得点。マークを引きつけて、土居や豊川も活かした。
MOM
監督
トニーニョ・セレーゾ 7 若手を躍動させた試合前のマネジメントは見事。交代策も堅実だった。

鹿島 フォーメーション

<甲府>
GK

22岡大生 5
DF
26青山直晃 4
4山本英臣 5
6佐々木翔 5
MF
2福田健介 5
→DF19盛田剛平(74分) 5
8新井涼平 5
→MF23稲垣祥(89分) -
5マルキーニョス・パラナ 5.5
27阿部翔平 5.5
FW
18下田北斗 5
→FW15河本明人(54分) 5
11ジウシーニョ 5
10クリスティアーノ 5.5
監督
城福浩 5

甲府 フォーメーション

<主審>
飯田淳平 6
円滑なゲーム運びを演出。選手とのコミュニケーションも良かった。

[フォトレポート]

IMG_2542

IMG_2545

IMG_2548

IMG_2560

IMG_2572

今季の行く末を占う一戦。最後の国立を勝利で締めろ。

 いよいよ2014年のJリーグが開幕する。鹿島にとって、大迫が抜けた今季の見通しは決して明るくない。2年前のような残留争いに巻き込まれる可能性も十分考えられる。それを考えた時、開幕戦はなんとしても勝点3を取って、勢いをつけたい所である。

 しかし、対戦相手は甲府。昨年はリーグ戦1分1敗と苦手にしているチームである。そう簡単に勝たせてはくれないだろう。ただ今回は、甲府には柏とパトリックという、前回アウエーの対戦でゴールを許した強烈な「個」の力を持つ選手はいない。また、大雪の影響で甲府は静岡県内でのキャンプを急遽実施するなど、コンディションが決して良いとは言えない状況である。そうしたことを考えると、鹿島が勝つことは決して難しいことではなく、むしろ勝点3を取らなければならない試合である。

 カギとなるのは攻撃面であろう。おそらく堅い試合展開になり、鹿島がボールを保持する時間が長くなることが予想される。その時にポゼッションの質が高くなければ相手を崩すことは出来ない。ミスを減らし、スイッチを入れるパスが出た後は、動き出しのスピードを変え、相手の守備のスキを突きたい所である。


2014 Jリーグ ディビジョン1 第1節
ヴァンフォーレ甲府鹿島アントラーズ
3月1日(土) 14:00キックオフ
国立競技場

試合情報
スタジアムの天気
スカパー!放送予定
スカパー!オンデマンド配信リンク
NHK水戸 放送予定
NHK甲府 放送予定
※スカパー!、スカパー!オンデマンドは今節無料放送。

[対戦相手情報]
ヴァンフォーレ甲府
2013シーズンJ1リーグ 15位
昨シーズンは外国人選手の総入れ替えや夏場の低迷を経験しながらも、城福監督の大胆な戦術変更が当たり、残留に成功した。しかし、その残留の立役者であった柏とパトリックが退団。 今季も厳しい陣容ではあるが、昨季終盤見せた堅守をベースに、新加入のクリスティアーノらによるパス交換からの崩しを武器とした攻撃で、クラブ史上初の2年連続残留を狙う。
対戦データ

[予想スタメン]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5青木剛
15昌子源 

16山本脩斗

MF
40小笠原満男
20柴崎岳
25遠藤康
28土居聖真
19豊川雄太
FW
11ダヴィ
SUB
GK1佐藤昭大
DF4山村和也
MF8ルイス・アルベルト
MF10本山雅志

MF13中村充孝

MF35野沢拓也
FW18赤﨑秀平
監督
トニーニョ・セレーゾ
鹿島 予想フォーメーション

欠場予想選手
なし

 ベストメンバーで戦う試合はこれが初めてになる。左SBにはケガ明けの山本が入り、CBは好調の昌子が山村からポジションを奪うか。2列目の左サイドは豊川か中村のどちらかが入りそうだが、ずっと主力組に入っていた豊川が有力。

【KEY MAN】
MF柴崎岳
…コンディションは決して良いとは言えないが、やはりこの男が入るとパス回しがスムーズになる。主導権を握った時に、スイッチを入れるパスのタイミングを見極め、相手の守備に風穴を開けたい。

<甲府> ※()は2013シーズンの記録
GK
22岡大生(1試合0失点)
DF
26青山直晃(29試合2得点)
4山本英臣(29試合0得点)
6佐々木翔(33試合3得点)
MF
5マルキーニョス・パラナ(21試合0得点)
8新井涼平(3試合0得点)
2福田健介(32試合2得点)
27阿部翔平(32試合0得点 ※名古屋から新加入)
11ジウシーニョ(16試合0得点)
18下田北斗(※専修大から新加入)
FW
10クリスティアーノ(40試合16得点/J2 ※栃木から新加入)
SUB
GK1荻晃太(17試合19失点)
DF16松橋優(19試合0得点)
DF17津田琢磨(3試合0得点)

DF19盛田剛平(10試合0得点)

MF29水野晃樹(19試合0得点)
FW15河本明人(24試合1得点)
FW24松本大輝(※法政大から新加入)
監督
城福浩
甲府 予想フォーメーション

欠場予想選手
DF土屋征夫(右膝外側半月板損傷で欠場濃厚

 GKには昨季終盤に台頭した岡が入る。1.5列目には左足のキックと運動量が武器の大卒ルーキー下田が入りそう。もしくは下田をボランチに下げ、守備の貢献度の高い河本を入れるかのどちらかだろう。ベンチでは、FWでもプレーできる長身の盛田、FKとロングスローが武器の水野、キャンプで好調の松本らがスタンバイ。

【要注意選手】
FWクリスティアーノ
…昨季、栃木で大暴れしたブラジル人トリオの一人が甲府に加わった。オーストリアの名門、ザルツブルクで10番を背負った逸材である。馬力あるドリブル、シュートと味方を活かすことの出来るパスを使いこなす万能型アタッカー。上手くいかなくなるとプレーが雑になるのと、ボールを触りたがって下がりすぎるのが弱点。

注:一部予測あり。公式発表されてない試合はバックの色を黄色で表示しています。
注:土曜開催は黒字、日曜・祝日開催は赤字平日開催は青字で表記、ホームゲームは下線を入れてあります。

2月
22日(土) 14:00キックオフ 練習試合 VS東京V(カシマ)

3月
1日(土) 14:00キックオフ J1第1節 VS甲府(国立)
8日(土) 19:00キックオフ J1第2節 VS仙台(カシマ)
15日(土) 15:00キックオフ J1第3節 VS鳥栖(ベアスタ)
19日(水) 19:00キックオフ ナビスコ予選第1節 VSFC東京(味スタ)
23日(日) 15:00キックオフ J1第4節 VSC大阪(カシマ)
29日(土) 14:00キックオフ J1第5節 VS横浜FM(日産ス)

4月
2日(水) 19:00キックオフ ナビスコ予選第2節 VS鳥栖(カシマ)
6日(日) 16:00キックオフ J1第6節 VSG大阪(万博)
12日(土) 15:00キックオフ J1第7節 VS新潟(カシマ)
16日(水) 19:00キックオフ ナビスコ予選第3節 VS仙台(ユアスタ)
19日(土) 15:00キックオフ J1第8節 VS神戸(カシマ)
26日(土) 19:00キックオフ J1第9節 VS広島(Eスタ)
29日(火・祝) 15:00キックオフ J1第10節 VS清水(カシマ)

5月
3日(土・祝) 13:00キックオフ J1第11節 VS柏(柏)
6日(火・祝) 15:00キックオフ J1第12節 VS名古屋(カシマ)
10日(土) 15:00キックオフ J1第13節 VS川崎(等々力) ※川崎のACLの日程次第で5月11日(日)に変更の可能性あり。
17日(土) 19:00キックオフ J1第14節 VS徳島(カシマ)
21日(水) 19:00キックオフ ナビスコ予選第4節 VSG大阪(万博)
28日(水) 19:00キックオフ ナビスコ予選第6節 VS神戸(カシマ)

6月
1日(日) 15:00キックオフ ナビスコ予選第7節 VS清水(カシマ)

7月
12日(土)or13日(日) 天皇杯2回戦
19日(土) 18:30キックオフ J1第15節 VSFC東京(味スタ)
23日(水) 19:00キックオフ J1第16節 VS大宮(カシマ)
27日(日) 18:00キックオフ J1第17節 VS浦和(埼玉)

8月
2日(土) 18:30キックオフ J1第18節 VS広島(カシマ)
9日(土) 19:00キックオフ J1第19節 VS名古屋(豊田ス)
16日(土) 18:30キックオフ J1第20節 VS甲府(カシマ)
20日(水) 天皇杯3回戦
23日(土) 18:00キックオフ J1第21節 VS清水(アイスタ)
30日(土) 19:00キックオフ J1第22節 VSFC東京(カシマ)

9月
3日(水) ナビスコ準々決勝第1戦
6日(土)or7日(日) 天皇杯4回戦 ※ナビスコカップ次第では9月10日(水)に変更の可能性あり
7日(日) ナビスコ準々決勝第2戦

13日(土) J1第23節 VS大宮(熊谷陸)
20日(土) J1第24節 VS横浜FM(カシマ)
23日(火・祝) J1第25節 VS仙台(ユアスタ)
27日(土) J1第26節 VS徳島(鳴門大塚)

10月
5日(日) J1第27節 VSG大阪(カシマ)
9日(木) ナビスコ準決勝第1戦
11日(土)or12日(日) 天皇杯準々決勝 ※ナビスコカップ次第では10月15日(水)に変更の可能性あり
12日(日) ナビスコ準決勝第2戦
18日(土) J1第28節 VS柏(カシマ)
22日(水) J1第29節 VS神戸(ノエスタ)
26日(日) J1第30節 VS浦和(カシマ)

11月
2日(日) J1第31節 VS新潟(デンカS)
8日(土) ナビスコ決勝
22日(土) J1第32節 VS川崎(カシマ)
26日(水) 天皇杯準決勝
29日(土) J1第33節 VSC大阪(ヤンマー)

12月
6日(土) J1第34節 VS鳥栖(カシマ)
13日(土) 天皇杯決勝(日産ス) ※相手がCWC出場チームの場合は12月23日(火・祝)

↑このページのトップヘ