タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

チームの勝利のために全てを尽くせ。それが己のためともなる
 
 前節名古屋にあまり良いところもなく敗れ、連敗を喫した鹿島。今節は川崎Fと川崎FがJ1に復帰して以降、公式戦でわずか一度しか勝てておらず、しかも完封はゼロという鬼門、等々力に乗り込んで対戦する。

 川崎Fで注意しなければならないのは何といっても破壊力抜群の攻撃陣だ。中村や大島を中心としたパスワーク、レナトや大久保の個人技、さらには高速カウンターやセットプレーとバリエーション豊富なアタックを止めない限り、鹿島に勝利は訪れないだろう。ポイントとしてはとにかく1対1で負けないこと、不用意なボールロストを避けること、パスの出所である2ボランチを抑えることという風に守備の基本を忠実にこなすことだろう。ここをサボらなければ、守備陣が崩壊することはないだろう。打ち合いになれば不利なのは目に見えている。今節は守備陣の踏ん張りが勝利への最低条件だ。

 攻撃では相手のミスを徹底的に突きたい。鹿島が勝利した昨年のリーグ戦ホームの川崎F戦では相手のミスや隙を見逃さずに4得点を挙げ、勝利に結びつけた。今季も川崎Fの守備陣には相手に隙を与えることや、ミスでチャンスを献上することが1試合に何度かある。そこを見逃さずに効率よく得点を重ねていきたい。また、川崎Fのボランチの2人は低い守備力を高いポゼッション力でカバーしている。言い換えれば、オフザボールの時にはかなり守備力が低く、バイタルエリアが空いてくるということである。小笠原と柴崎の2人が相手のボランチを抑え、主導権を握ることが出来れば、チャンスは増えてくるはずである。

 この連敗中に目立ったのは自分がやるべき役割をこなさず、チームのために動いていないシーンである。勝つためには、自分の役割を全員が最悪でも最低限こなしつつ、チームのためのプラスアルファの動きが必要不可欠である。それが出来ていれば、チームの勝利につながるし、自身の成長やスタメン定着にもつながってくるはずである。さらに言えば、代表候補の柴崎や昌子はそれがアピールにもなる。勝利は何よりのプラス。それを何よりも愚直に目指して戦ってほしい。

2014 Jリーグ ディビジョン1 第13節
川崎フロンターレ川崎フロンターレ鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
5月10日(土) 15:00キックオフ
等々力陸上競技場

試合情報
スタジアムの天気
スカパー!放送予定
スカパー!オンデマンド配信リンク
対戦データ

[対戦相手情報]
川崎フロンターレ
現在 8位(暫定) 5勝3分3敗20得点11失点
風間体制3季目となる今季はリーグ戦とACLとの両立、悲願のタイトル奪取を目標にスタートしたが、ここまでまずまずの戦いぶりを見せている。攻撃陣はケガ人が多かったものの、ここに来てベストメンバーが揃ってきた。2トップの大久保、小林に2列目のレナト、森谷、さらにボランチの中村、大島が繰り出す攻撃はJ屈指の破壊力を誇る。守備陣も西部、ジェシ、田中、谷口ら個々の能力は高く、まずまずの安定感を見せている。現在は過酷な連戦の真っ只中で疲労は否めず、水曜日はACLでFCソウルにまさかの逆転負け。そのショックを引きずらずに今節に臨めるか。

[対戦相手の前節ハイライト]
ACLラウンド16 第1戦 VSFCソウル ×2-3(川崎F得点者:小林、レナト(PK) ソウル得点者:エスクデロ、キム・チウ、ユン・イルロク)


[予想スタメン]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
23植田直通

15昌子源
16山本脩斗
MF
20柴崎岳
40小笠原満男
25遠藤康
28土居聖真
19豊川雄太
FW
18赤﨑秀平
SUB
GK1佐藤昭大
DF17前野貴徳
MF5青木剛
MF8ルイス・アルベルト
MF10本山雅志
MF13中村充孝
FW11ダヴィ
監督
トニーニョ・セレーゾ
鹿島 予想フォーメーション

欠場予想選手
MF宮内龍汰(左足甲外側の第5中足骨骨折で欠場濃厚)

右SBにはレナト対策も考えると伊東がスタメンになるだろう。右SHは遠藤が復帰するだろうが、ハムストリングを痛めており、万が一の場合は野沢が入るだろう。左SHは豊川、1トップは赤﨑のスタメンを予想。ベンチには状態の良い前野、本山、中村が入るのではと読んだ。

【KEY MAN】
MF柴崎岳
…ここのところ疲労が目立つが、やはりこの男が勝利のカギを握っていることは間違いない。小笠原とのコンビで中村と大島との主導権争いに勝ち、中盤を制圧したい。ブラジルへの切符をかけた最後のアピールチャンスだ。

<川崎F> ※()は2014シーズンの記録
GK
21西部洋平(10試合7失点)
DF
3田中裕介(11試合0得点)
5ジェシ(10試合1得点)
7中澤聡太(7試合0得点)
15谷口彰悟(8試合0得点)
MF
14中村憲剛(10試合1得点)
16大島僚太(9試合0得点)
19森谷賢太郎(8試合1得点)
10レナト(10試合1得点)
FW
13大久保嘉人(11試合6得点)
11小林悠(9試合4得点)
SUB
GK1杉山力裕(1試合4失点)
DF2實藤友紀(0試合0得点)
DF8小宮山尊信(0試合0得点)
DF17武岡優斗(1試合0得点)
MF6山本真希(8試合1得点)
MF34パウリーニョ(7試合0得点)
FW9森島康仁(3試合1得点)
監督
風間八宏
川崎F 予想フォーメーション

欠場予想選手
DF井川祐輔(左ハムストリング共同腱損傷で欠場濃厚

リーグ戦甲府戦で井川が負傷。代役には中澤が入る。その他のスタメンは固定されており、試合中の選手交代もあまり行わない。古巣対戦となる西部は先発出場が濃厚。

【要注意選手】
MF中村憲剛
…大久保と共に逆転でのブラジル行きを目指す川崎Fの司令塔。広い視野から繰り出される一撃必殺のスルーパスには要警戒だ。

スコア以上の差で鹿島連敗

 鹿島はこの試合、ボランチに梅鉢を起用、2列目にカイオ、柴崎、ジャイールを置くという風に大幅にメンバーを変えてきた。ところがこれが裏目に出てしまう。12分という早い段階で梅鉢がカードを貰ってしまうことで、梅鉢から積極性が消え、バイタルエリアに漂うだけになってしまった。これにより名古屋にパスを回されるようになり、主導権を明け渡してしまった。すると、35分にカイオが倒れている間に柴崎のサイドチェンジを奪った名古屋の攻撃から最後は小川が決めて、先制点を奪われてしまう。主審がゲームを止めるべきだったというのもあるが、柴崎のプレーから最後のクリアしきれなかったところまで、全てが中途半端だった。

 この状況を見たセレーゾが動く。梅鉢に代えて土居を投入。すると、その直後に微妙な判定ながらPKを獲得し、これをダヴィが決めて同点に追いつくことに成功する。良い時間に追いついた流れを後半に持ち込みたかったが、54分にカウンターから失点。再びリードを許す展開となった。その後、野沢を投入し、最後は豊川も投入、植田も上げてパワープレーに出たが、最後まで得点は奪えなかった。主導権は握っているのだが、前線の動きが乏しかったのと、シュート意識の低さが表れた結果となってしまった。

 この試合は最初から最後までちぐはぐなまま終わってしまった。ベストメンバーではないがやることがはっきりしていた名古屋の方がよっぽどいいサッカーをしていたのは事実である。まだ連戦は川崎F戦を残している。今回は不発だったトニーニョ・セレーゾ監督のマネジメント能力が再び問われる。

[試合記録]
2014 Jリーグ ディビジョン1 第12節
2014年5月6日(火・祝) 15:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:15122人

鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ
-2名古屋グランパス名古屋グランパス

[試合展開]
序盤から名古屋ペースで試合は進むと、35分にクロスを曽ヶ端がパンチングしてこぼれたボールを小川がヘディングでゴール。名古屋は先制に成功するが、前半終了間際に矢野がダヴィを倒してPKを献上。これをダヴィがきっちり決めて、鹿島が同点に追いつく。しかし、54分に名古屋は鹿島のCKからカウンターを仕掛け、松田のクロスに飛び込んだ玉田のヘッドで勝ち越しに成功。鹿島はその後人数をかけて攻めに出るが、最後まで名古屋の守備を崩せずに敗戦。ホームで痛い連敗を喫した。

[得点経過]
・35分 <名古屋>小川佳純(今季2点目)
・43分 <鹿島>ダヴィ(今季5点目 ※PK)
・54分 <名古屋>玉田圭司(今季2点目 アシスト:松田力)

[ハイライト動画]


[警告・退場]
12分 <鹿島>梅鉢貴秀(警告 累積2枚目)
42分 <名古屋>矢野貴章(警告 累積1枚目)
56分 <名古屋>小川佳純(警告 累積1枚目)
88分 <名古屋>玉田圭司(警告 累積2枚目)
90+1分 <名古屋>松田力(警告 累積1枚目)

[出場記録・寸評]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準 5 好守もあったが2失点。1失点目は防げた。
DF
22西大伍 5.5 攻撃に厚みを加えたが、2失点目は簡単にクロスを上げられた。
23植田直通 一発で取りに行く守備はリスクが高すぎる。基本技術が未熟。 
15昌子源 1失点目はクリアしきれず。疲れからか、振り切られることが多い。 
16山本脩斗 6 自分のサイドはほとんど崩されず。スタミナ切れも見られなかった。

MF
27梅鉢貴秀 5 カードを貰ってから、持ち味のアグレッシブさが消えた。
→MF28土居聖真(41分) 6 キレのあるドリブルでチームを押し上げた。シュート意識を高めたい。
40小笠原満男 良い意味でも悪い意味でも目立たず。バランス取りに苦心した。 
33カイオ 5 全く戦えていない。仕事をするのはボールが来た時のみ。
→MF19豊川雄太(77分) 5.5 得意のドリブルを披露できず。最後の決定機を決めたかった。
7ジャイール 5
ほとんど消えていた。守備の貢献度も低い。
→MF35野沢拓也(57分) 5.5 ボールを受けようと動き回ったが、いい形でボールは入らず。
FW
20柴崎岳 5 ポジショニングはいいが、運動量が少なすぎる。2失点目は彼のマーク。
11ダヴィ 5
 PKで得点こそ挙げたがそれだけ。闘莉王に封じられた。

監督
トニーニョ・セレーゾ 5 先発のチョイスが裏目に。バランスが悪すぎた。
鹿島 フォーメーション

<名古屋>
GK

1楢崎正剛 6.5
DF
19矢野貴章 5.5
3牟田雄祐 6.5
4田中マルクス闘莉王 7 MOM
15本多勇喜 6.5
MF
38枝村匠馬 5.5
→MF14田鍋陵太(78分) 5.5
28田口泰士 6
7中村直志 6
10小川佳純 6
→MF8ダニルソン(76分) 6.5
FW
11玉田圭司 6.5
17松田力 6.5
→MF5へジス(90+4分) -
監督
西野朗 6
名古屋 フォーメーション

<主審>
吉田寿光 
4.5 PKの判定は微妙。他にも見落としたファウルがいくつもあった。

組織と個の両面で名古屋を切り崩せ
 
 前節、柏に痛い黒星を喫して2位に転落した鹿島は連戦4試合目を、ホームカシマスタジアムに調子の上がらない14位名古屋を迎えて戦う。

 名古屋は西野監督が就任してからパスを繋いで相手ゴールに迫る手法を採用してきたが、ケガ人続出と連敗で方針転換。ブロックを作ってそのまま高くプレスをかけ、ショートカウンターに繋げるやり方に代えてきている。鹿島としてはこのボールを奪われた時のショートカウンターに気をつけたい。松田が走り込んでスペースを作り、そのスペースを玉田や小川が使って、DFラインの裏を狙うやり方はマークの受け渡しと自分のゾーンをきっちり守ることを意識して防ぎたい。また、長身の選手が揃うセットプレーにも要注意である。例え、競り勝てなくてもしっかりと体をぶつけていくことで、相手から自由を奪いたい。

 名古屋の守備の課題は最終ラインと中盤との間のスペースが生まれやすいことである。ボランチが前からプレスをかけているのに、最終ラインの位置取りが低いため、そこで間が空き、フリーでボールを受けやすくなっているのだ。鹿島としては、そのスペースを特に土居が前を向いて受けることでチャンスに繋げていきたい。また、名古屋の左SBの本多は1対1に強いが、右SBの矢野は今季SBにコンバートされたこともあって、まだ守備が拙いところがあるので、鹿島の左サイドはそこも突いていきたい。

 連戦の中では、いつものように組織での連動した動きをパーフェクトにこなすのは難しい。かといって、前節の柏戦のように個だけの単発な攻守では勝つことは出来ない。今節の鹿島は「組織」と「個」という、相反する二つの武器を上手く使い分けながら、勝利を目指したい。

2014 Jリーグ ディビジョン1 第12節
鹿島アントラーズ鹿島アントラーズ名古屋グランパス名古屋グランパス
5月6日(火・休) 15:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム

試合情報
スタジアムの天気
スカパー!放送予定
スカパー!オンデマンド配信リンク
対戦データ

[対戦相手情報]
名古屋グランパス
現在 14位 4勝7敗14得点20失点
西野新監督を迎えた今季は世代交代を進めながらのタイトル獲得を目指しているが、ここまで厳しい戦いを強いられている。原因はケガ人の多さだ。紅白戦も出来ないほど多く、西野監督にとっては難しいマネジメントが求められている状況だ。そのためメンバーも毎節のように入れ替わっている。GKは楢崎で固定されているが、DFラインはCBの闘莉王と左SBの本多以外は固定できておらず、右SBはFWが本職の矢野が務め、もう一人のCBは特別指定選手の大武や2年目のハーフナーが務めている。中盤も負傷者を抱えているが、このところボランチに中村と田口、2列目に枝村と小川で固定されている。FWは野田、ケネディが離脱中。さらに永井が前節負傷交代しており、玉田とルーキー松田の2トップが予想されている。前節は一度追いついて、相手が10人になりながらも勝ち越されて敗戦。今節での連敗は避けたいところだ。

[対戦相手の前節ハイライト]
J1第11節 VSC大阪 ×1-2(名古屋得点者:闘莉王(PK) C大阪得点者:柿谷、フォルラン)


[予想スタメン]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
22西大伍
23植田直通

15昌子源
16山本脩斗
MF
20柴崎岳
40小笠原満男
25遠藤康
28土居聖真
19豊川雄太
FW
11ダヴィ
SUB
GK1佐藤昭大
MF6中田浩二
MF7ジャイール
MF8ルイス・アルベルト
MF10本山雅志
MF27梅鉢貴秀
FW18赤﨑秀平
監督
トニーニョ・セレーゾ
鹿島 予想フォーメーション

欠場予想選手
MF宮内龍汰(左足甲外側の第5中足骨骨折で欠場濃厚)

この二日間は調整に努め、ほとんど名古屋戦に向けての練習は行っていないため、スタメンが全く読めない。おそらく、曽ヶ端、昌子、山本、小笠原、遠藤、土居のスタメンはほぼ確実だろう。柴崎もコンディションが良ければスタメンは濃厚だろう。その他は候補に挙げた選手のうち誰が入ってもおかしくはない。

【KEY MAN】
DF山本脩斗
…今節出場すればJ1通算100試合出場となる。ここまで昌子と共に公式戦全試合フル出場のため、疲労は否めないがそれでも最低限のクオリティは保ち続けている。闘莉王らターゲットが多い名古屋だけに、セットプレーでも攻守両面で期待がかかる。

<名古屋> ※()は2014シーズンの記録
GK
11楢崎正剛(11試合20失点)
DF
14田鍋陵太(3試合0得点)
3牟田雄祐(1試合0得点)
4田中マルクス闘莉王(11試合3得点)
15本多勇喜(11試合0得点)
MF
7中村直志(7試合0得点)
28田口泰士(7試合0得点)
38枝村匠馬(11試合0得点)
10小川佳純(11試合1得点)
FW
11玉田圭司(9試合1得点)
17松田力(10試合1得点)
SUB
GK50高木義成(0試合0失点)
DF24ハーフナー・ニッキ(2試合0得点)
DF29佐藤和樹(1試合0得点)
MF8ダニルソン(9試合0得点)
MF20矢田旭(3試合0得点)
MF23青木亮太(3試合0得点)
FW19矢野貴章(5試合1得点)
監督
西野朗
名古屋 予想フォーメーション

欠場予想選手
DF大武峻(ケガで出場微妙)
DF刀根亮輔(第2腰椎横突起骨折で欠場濃厚
MF磯村亮太(ケガで出場微妙)
MF望月嶺臣(右内転筋肉離れで欠場濃厚
MF森勇人(右膝前十字靭帯断裂で欠場濃厚
FW野田隆之介(ケガで欠場濃厚)
FW玉田圭司(足に違和感があり先発できるか微妙 ※遠征には帯同
FWケネディ(左太もも裏の痛みのため欠場濃厚
FW永井謙佑(左足首を負傷し、欠場濃厚
FW小屋松知哉(左膝前十字靭帯断裂で欠場濃厚

ケガ人続出の名古屋は牟田が復帰したが、前節で永井が負傷。今節は欠場となりそうだ。前節からハーフナーに代わって復帰した牟田かダニルソンがCBに入りそう。また、永井のところには前節永井に代わって途中出場した松田が入る。
→フォーメーションは玉田トップ下の4-5-1か、玉田が下がり気味の4-4-2。田鍋もケガから復帰。矢野に代わって右SBで先発か。田鍋も中盤からコンバートされたため、守備には不安あり。また玉田の先発が微妙。万が一の場合は矢野と松田の2トップか、松田を1トップに置き、トップ下に小川、左SHに矢田かダニルソンが入りそう。

【要注意選手】
FW玉田圭司
…今季リーグ戦はいまだ1ゴールながら、前線の軸としてチームをけん引するベテラン。あまり前線に張ることはせず、1列下がってCBとボランチの間のスペースを使って仕事をする厄介な存在だ。鹿島としてはこの男をフリーにしたくはない。

↑このページのトップヘ