タケゴラ

鹿島アントラーズのことを書いています

[試合記録]
2014 Jリーグ ディビジョン1 第2節
2014年3月8日(土) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム 入場者数:15033人

鹿島アントラーズ-0ベガルタ仙台

[試合展開]
序盤は両チーム互角の展開だったが、31分に右サイドのパス交換を起点に最後はダヴィのアシストから遠藤が決めて先制。後半は仙台が攻め込む時間が多かったが、昌子を中心に集中した守備で守り抜くと、90分にカウンターからダヴィのクロスを遠藤が決めて勝負あり。鹿島が狙い通りの展開で開幕2連勝を飾った。

[得点経過]
・31分 <鹿島>遠藤康
・90分 <鹿島>遠藤康

[ハイライト動画]


[警告・退場]
90+1分 <鹿島>ダヴィ(警告)

[出場記録・寸評]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準 6.5 ウイルソンの決定機を止めたあのプレーは大きかった。
DF
24伊東幸敏 6 サイドにしっかりと蓋をした。先制点は彼が入れた縦パスから。
→DF23植田直通(84分) - プレー機会少なく、評価なし。
5青木剛 6 DFラインを上手く統率。前節ゼロだったオフサイドも取った。
15昌子源 7 ピンチの芽をことごとく摘んだ。覚醒の感あり。 MOM
16山本脩斗 6 スピード勝負で太田に負けず。ミスもほとんどない。
MF
20柴崎岳 6.5 攻守に運動量が多く、球際の強さも光った。
40小笠原満男 6 前節ほどの活躍ではなかったが、やはり鹿島に小笠原満男は欠かせない。
25遠藤康 7 チャンスを逃さず2得点。中盤で起点になった。
19豊川雄太 5.5 菅井のケアに追われ、攻撃面での見せ場は少なかった。
→MF13中村充孝(68分) 5.5 技術の高さは見せるが、守備の貢献度は豊川より低かった。
FW
28土居聖真 5.5 守備面での貢献度は高い。ただもっとチャンスに絡みたい。
→MF35野沢拓也(80分) 5.5 プレー機会は少なかったが、2点目は彼のフリーランがあってこそ。
11ダヴィ 6.5 決定機逸はあったが、2アシスト。今季のダヴィは違う。

監督
トニーニョ・セレーゾ 6.5 狙い通りの展開で開幕2連勝。試合前の準備が上手くハマっている。

鹿島 フォーメーション

<仙台>
GK

21関憲太郎 5.5
DF
25菅井直樹 5.5
3渡辺広大 5.5
5石川直樹 5
23二見宏志 5
MF
11太田吉彰 5
→MF8マグリンチィ(71分) 6
2鎌田次郎 5.5
17富田晋伍 5.5
→FW24赤嶺真吾(84分) -
19武藤雄樹 6
10リャン・ヨンギ 5
FW
18ウイルソン 5.5
監督
グラハム・アーノルド 5

仙台 フォーメーション

<主審>
東城穣 6
円滑にゲームを進めた。代表戦のアクシデントの影響も感じさせず。

都合により簡易版になります。仙台戦のマッチレポートは後日アップします。

2014 Jリーグ ディビジョン1 第3節
サガン鳥栖鹿島アントラーズ
3月15日(土) 15:00キックオフ
ベストアメニティスタジアム
 

試合情報
スタジアムの天気
スカパー!放送予定
スカパー!オンデマンド配信リンク
対戦データ

[対戦相手情報]
サガン鳥栖
現在 1位タイ
昨季は序盤は守備が崩壊し残留争いに巻き込まれたが、林と菊地の加入で守備の再建に成功しJ13年目を迎えることが出来た。そんな今季は主力のほとんどが残留。さらに、谷口、安田など各ポジションに実力者を加え、戦力の充実度は史上最高。最高のスタートを切った今季は、悲願のACL出場権獲得を狙う。

[予想スタメン]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5青木剛
15昌子源 

16山本脩斗

MF
40小笠原満男
20柴崎岳
25遠藤康
28土居聖真
19豊川雄太
FW
11ダヴィ
SUB
GK1佐藤昭大
DF4山村和也
DF23植田直通
MF8ルイス・アルベルト
MF10本山雅志
MF35野沢拓也
FW18赤﨑秀平
監督
トニーニョ・セレーゾ
鹿島 予想フォーメーション

欠場予想選手
MFジャイール(登録が間に合わず欠場)

スタメンは前節と同じ。ただ、昌子が足の裏を痛め、週の半ばまで練習を回避したとのこと。万が一の場合は山村が代わりに入りそう。そのため、ベンチ入りは山村と予想。外れるのは梅鉢か。また、杉本が遠征に帯同しているとの情報があり、ベンチ入りの可能性がありそう。新加入のジャイールは登録が間に合わず欠場が確定。

【KEY MAN】
MF遠藤康
…鳥栖の左サイドの攻撃を抑え、ハイプレスから2ボランチを助けるなど、今節やるべきことは多い。現在絶好調なこの男がチームを4年ぶりの単独首位に導けるか。

<鳥栖> ※()は2014シーズンの記録
GK
33林彰洋(2試合0失点)
DF
15丹羽竜平(2試合0得点)
36菊地直哉(2試合0得点)
20ヨ・ソンヘ(2試合0得点)
13安田理大(2試合0得点 ※磐田から新加入)
MF
14藤田直之(2試合0得点)
29谷口博之(2試合1得点 ※柏から新加入)
25早坂良太(2試合0得点)
22池田圭(2試合1得点)
10キム・ミヌ(2試合1得点)
FW
11豊田陽平(2試合3得点)
SUB
GK1赤星拓(0試合0失点)
DF2キム・ミンヒョク(1試合0得点 ※崇実大から新加入)
DF35金井貢史(0試合0得点)

MF6岡本知剛(1試合0得点 ※広島から新加入)

MF8水沼宏太(1試合0得点)
MF28高橋義希(2試合0得点)
FW9播戸竜二(1試合0得点)
監督
ユン・ジョンファン
鳥栖 予想フォーメーション

欠場予想選手
なし

メンバーはこの所の2試合と変わらないと予想。サブには前節はチェ・ソングンが入ったが、今節はホームということもありFWの播戸が入りそう。

【要注意選手】
MFキム・ミヌ
…昨季のカシマでの対戦では2ゴールを挙げ、鹿島の優勝を遠ざけた男。驚異的なスタミナとフィジカルが武器。また得点感覚も研ぎ澄まされており、対面する伊東は最大限の警戒が必要。

都合により簡易版になります。

2014 Jリーグ ディビジョン1 第2節
鹿島アントラーズベガルタ仙台
3月8日(土) 19:00キックオフ
県立カシマサッカースタジアム


試合情報
スタジアムの天気
スカパー!放送予定
スカパー!オンデマンド配信リンク
NHK BS1 放送予定
対戦データ

[対戦相手情報]
ベガルタ仙台
現在 13位
6年間クラブを率いた手倉森誠監督が退任。後任として、オーストラリア代表監督の経歴もあるグラハム・アーノルド監督が就任。堅守速攻のベースはそのままに上位進出を狙う。攻撃陣はウイルソン、リャン・ヨンギが依然中心だが、今季から左SBにルーキーの二見が加入。彼のロングスローは大きな武器である。守備陣では守護神の林が広島に移籍。その穴をどう埋めるかが課題である。

[予想スタメン]
<鹿島>
GK
21曽ヶ端準
DF
24伊東幸敏
5青木剛
15昌子源 

16山本脩斗

MF
40小笠原満男
20柴崎岳
25遠藤康
28土居聖真
19豊川雄太
FW
11ダヴィ
SUB
GK1佐藤昭大
DF23植田直通
MF8ルイス・アルベルト
MF10本山雅志
MF27梅鉢貴秀

MF35野沢拓也
FW18赤﨑秀平
監督
トニーニョ・セレーゾ
鹿島 予想フォーメーション

欠場予想選手
MF杉本太郎(J3 U-22選抜に参加

 スタメン、ベンチ入り共に前節と変わらないと予想。山村は木曜まで別メニューだったとのこと。ベンチ入りの可能性がありそうなのはその山村と中村か。

【KEY MAN】
DF昌子源
…ウイルソン封じのカギはこの男。裏を取られないようにするのはもちろん、フィジカル勝負でも負けないようにしたい。また、セットプレーからの2試合連続ゴールにも期待。

<仙台> ※()は2014シーズンの記録
GK
21関憲太郎(1試合2失点)
DF
25菅井直樹(1試合0得点)
2鎌田次郎(1試合0得点)
5石川直樹(1試合0得点)
23二見宏志(1試合0得点 ※阪南大から新加入)
MF
27武井択也(1試合0得点 ※G大阪から新加入)
17富田晋伍(1試合1得点)
11太田吉彰(1試合0得点)
10リャン・ヨンギ(1試合0得点)
19武藤雄樹(1試合0得点)
FW
18ウイルソン(1試合0得点)
SUB
GK1桜井繁(0試合0失点)
DF3渡辺広大(0試合0得点)
DF33石川大徳(0試合0得点)

MF8マグリンチィ(1試合0得点 ※セントラルコースト(オーストラリア)から新加入)

MF20八反田康平(0試合0得点 ※清水から新加入)
FW13柳沢敦(0試合0得点)
FW24赤嶺真吾(1試合0得点)
監督
グラハム・アーノルド
仙台 予想フォーメーション

欠場予想選手
DF蜂須賀孝治(右膝前十字靭帯断裂のため欠場濃厚
DF角田誠(開幕戦で負傷し、欠場濃厚)
DF上本大海(右膝前十字靭帯再再建手術のため欠場濃厚


 今季は4-5-1のフォーメーション。開幕戦のメンバーから水曜に代表戦を戦ったマグリンチィに代わり武藤が先発に入りそう。また角田が欠場濃厚のため、開幕戦で途中出場した武井がそのまま入るか、鎌田をボランチに上げ、渡辺をCBに入れる布陣を練習で試している。月曜日に加入が発表された新外国人GKダニエル・ヴコヴィッチは登録が間に合わず、今節のメンバー外が確定。古巣対戦の柳沢はベンチスタートが濃厚。

【要注意選手】
DF菅井直樹
…超積極的な攻撃参加で「なんでそこにいるの」という位置でゴールを決めることも多い右SB。この男の上がりは要警戒だ。豊川が開幕戦で見せたようなケアが必要不可欠。

↑このページのトップヘ